nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

システムで戦わないから、どんなシステムでも使いこなせる。2015年J1第1節 横浜F・マリノス対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年J1第1節、横浜F・マリノス対川崎フロンターレは、3-1で川崎フロンターレの勝利。開幕戦の勝利は3年ぶり。開幕戦に勝てないことが、序盤戦に苦戦する原因になっていたので、この勝利は単なる1勝ではなく、チームに勢いをつける1勝になったと思います。

実は使えるシステムが多い川崎フロンターレ

この試合の勝因のひとつは、チームが状況に応じて戦い方を変えられた事だと思います。試合開始時は、守備の時にDFラインに5人並んでしまったため、横浜F・マリノスのDFがボールをもった時、相手へのアプローチが遅くなっていたのですが、小林悠の得点が入って2-1になってから、DFラインの人数を4人に変更。エウシーニョを前に残し、車屋をDFラインに組み入れることで、マークの受け渡しがスムーズになりました。

風間監督は、常々「システムで戦うわけではない」「システムは関係ない」とコメントしているので、システムの事を考えてない監督と勘違いする人もいるのですが、実はシステムについて、凄く考えている監督です。

ただ、システムありきでチームの戦い方を定めてしまうと、完成度を高めるのは早いけれど、行き詰まるのも早いです。そのことを知っている風間監督は、個人個人の能力を高めることに注力し、個人個人の力を最大限発揮させるために、システムが使い分けられるチームを作り上げました。川崎フロンターレは、大久保、中村、小林、レナトといった個人の力でサッカーしているように思われがちですが、実は、Jリーグで最も多くのシステムを使い分けることが出来るチームです。4-4-2、3-4-3、3-5-2、4-1-2-3、4-2-3-1、など。昨年使ったフォーメーションだけでも、5パターンあります。

この試合では、試合の状況に応じて選手同士が話し合い、選手の判断でシステムを変更し、監督も選手の意図を分かっているので、選手の考えを尊重したそうです。風間監督が就任して、約4年。「どう勝つか」について、チーム内に考えが浸透している事の現れだと思います。

システムにとらわれず、ボールを受けに動く

「システムで戦うわけではない」。その事を象徴していると思ったのは、レナトの動きです。昨シーズンのレナトは、タッチライン際でプレーする事が多かったのですが、この試合ではサイドから中に入ってペナルティエリア中央でボールを受ける場面が、何度もみられました。レナトだけでなく、エウシーニョも、車屋も、武岡も、中央に入って、ペナルティエリア前でボールを受ける場面がみられましたし、横浜F・マリノスは、めまぐるしく動く川崎フロンターレの動きに混乱し、自らのシステムを崩してしまいました。

昨シーズンからの積み重ねが活かされた試合

開幕戦を観終わった後、昨シーズンのラスト2試合で様々な戦い方を試したことが、この開幕戦に活かされていると感じました。ラスト2試合で、試合の中でシステムを変更したり、戦い方を変えることを試していたことが、開幕戦がスムーズに戦えた要因なのだと思うと、風間監督の用意周到な準備に驚くとともに、チーム作りの奥深さを改めて学ばせてもらった気がします。

開幕戦を観る限り、川崎フロンターレがタイトルを狙えるチームであることは、十分証明できたと思います。あとは、開幕戦でみせた戦い方を、シーズンを通して進化し続けることが出来るか。そこが、タイトルを獲るために重要なポイントだと思います。次節は新しくなったメインスタンドが披露されるホーム開幕戦。本当に楽しみです。

関連商品

 - , ,