nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第15節 横浜F・マリノス対川崎フロンターレ プレビュー「攻撃のクオリティは上がったのか」

   

2016年Jリーグファーストステージ第15節、川崎フロンターレの対戦相手は横浜F・マリノスです。

改善している攻撃のクオリティ

このブログでは、2016年シーズンの川崎フロンターレはずっと「攻撃のクオリティが低い」と言い続けてきました。攻撃のクオリティが低いと感じていた要因は、中央から相手の守備を崩そうという場面がほとんどなく、相手の守備の逆や背後を取るような動きやパスがありませんでしたし、パスの出し手がパスを出したいタイミングと、パスの受け手の受けたいタイミングも微妙にずれていました。

しかし、第11節の柏レイソル戦以降、少しずつ攻撃のクオリティが上がってきていると感じています。攻撃のクオリティが上がった要因の1つは、DFからMF、MFからFWへの縦方向へのパスがスムーズにつながるようになったからです。まず、センターバックからMFへのパス出しのタイミングが遅かったことが攻撃のテンポを遅くしていたのですが、第12節のヴィッセル神戸戦から谷口がセンターバックで出場するようになり、MFへの縦パスがスムーズにつながるようになりました。エドゥアルドがチームに慣れてきたのも大きかったと思います。

そして大きいのは、エドゥアルド・ネットのスタメン定着です。ボールを受けるために動き続けることが出来るエドゥアルド・ネットがスタメンに定着したことで、センターバックとしてはパスを出す場所が1つ決まりました。そして、エドゥアルド・ネットが縦方向にテンポよくパスを出せるようになったため、中村が相手ゴール近くでボールを受けられるようになりました。

中村が相手ゴール近くでボールを受けられれば、パスで相手の守備を崩すことが出来ます。こうして、センターバックからボランチ、ボランチからFWとスムーズにパスがつながるようになったことで、相手の守備を中央から崩す事が出来るようになりました。ようやく、川崎フロンターレらしい攻撃が見られるようになってきました。

横浜F・マリノスの守備を崩せるか

この試合、横浜F・マリノスは、FWからDFの距離を短く保ち、川崎フロンターレのパスコースを消す守備をしてくると予想しています。時間帯によっては、川崎フロンターレのDFがボールを持った時、素早く距離を詰めて、ボールを奪いにくるような守備をしてくるはずです。中澤、栗原、パク・ジョンスが守る中央を崩すのは、簡単ではありません。

だからこそ、この試合は攻撃のクオリティが高くなっているのかどうかが試されています。サイドから崩すのはもちろん選択肢としてありますが、まずは中央から相手に逆を取って、出して受けて、崩す。横浜F・マリノス相手に中央を崩せてこそ、「攻撃のクオリティが上がった」と言えるのではないかと、僕は思います。久しぶりの川崎フロンターレの試合、楽しみです。

おすすめ

 - , , ,