nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第15節 横浜F・マリノス対川崎フロンターレ レビュー「守備だけ強化したから失点が減ったのではない」

   

2016年Jリーグファーストステージ第15節、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスは2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

ボールを保持して試合をコントロール

この試合は、中央の守備が堅い横浜F・マリノスとの対戦ということで、「攻撃のクオリティが上がったのか」という点をポイントに挙げました。横浜F・マリノスは、川崎フロンターレがボールを持った時、積極的にボールを奪おうとするのではなく、自陣に下がって守る方法を選択しているようにみえました。川崎フロンターレが中央を攻撃してきたところを、パク・ジョンス、中澤、栗原の守備でボールを奪おうとしているように見えました。しかし、横浜F・マリノスのモンバエルツ監督のコメントを読んでいると、本当はもっと積極的に奪いにいきたかったようですが、ピッチに立っている選手たちが「奪いにいってもかわされる」と判断して、下がってしまったようです。したがって、川崎フロンターレは比較的に楽に、ボールを保持することが出来ました。

ただ、中央のエリアは横浜F・マリノスの選手が多くいる上に、パク・ジョンス、中澤、栗原が守る中央を強引に攻めると、横浜F・マリノスの狙いにハマってしまうことになります。川崎フロンターレはボールを保持する時間を長くし、相手を動かすことを優先した攻撃を選択します。ただボールを保持しているのではなく、横方向にパスを交換しながら、相手を外した選手に素早く縦方向のパスを通す、パスの強弱で横浜F・マリノスを揺さぶろうとしました。

正直、もっと縦方向にパスを出せたと思いますし、中央から攻撃出来たと思います。もっと90分通して、ボールを動かし続けることが出来れば、横浜F・マリノスが攻撃する時間を減らすことが出来たと思います。ただ、この試合に限って言えば、前半に先制点をあげたことと、この試合は15時キックオフで気温は27.8度と暑かったこともあり、ボールを保持し続けるという選択は悪くなかったと思います。

なぜ失点が少ないのか

この試合で3試合連続無失点。失点数の少なさは、リーグ3位タイ。川崎フロンターレらしくないとも言えますが、失点が少なくなったことが、リーグ戦1位につけている要因だと思います。川崎フロンターレは1試合の中で、相手陣内でサッカーをすることが多いチームです。攻撃する時間と回数を出来るだけ増やすことで、相手に攻撃される時間と回数を減らす。こうした考え方で、1試合通して戦おうと考えているチームです。

しかし、攻撃する時間と回数を出来るだけ増やそうとしても、相手に攻撃される時間は必ずあります。そして、攻撃する時間と回数を出来るだけ増やそうとしているため、守備に割く人数はどうしても少なくなります。したがって、相手からボールを奪い返した後、素早くボールを奪い返す。ボールを奪い返せなかった時、相手のカウンター攻撃を止める。この2点が出来れば失点は減るのですが、簡単ではありません。

まず、相手からボールを奪われた後、素早くボールを奪い返す守備は、風間監督が就任した後に継続して取り組んできました。重要なのは、ボールを奪われた後に動きを止めないこと、そして、相手の選択肢を素早く奪うことです。特に、相手の選択肢を奪うことが重要で、そのためには、動きを止めずに、味方や相手がどこにいるのか頭に入れつつ、身体をコントロールし、素早く相手の身体とボールの間に身体を入れる必要があります。今の川崎フロンターレは、大久保、中村、小林、登里と、相手の選択肢を奪う守備が出来る選手が、FWとMFに揃っています。だから、相手にボールを奪われても、素早くボールを奪い返すことが出来ているのです。

ただ、当然奪い返せない時もあります。その場合、相手のカウンター攻撃を止めなければなりません。相手と数的不利もしくは数敵同数の場合、相手の攻撃を止めるのは簡単ではありません。昨シーズンまでは、カウンター攻撃を受けた時に失点することが多かったです。しかし、今シーズンは違います。

まずは、エドゥアルド・ネットがボランチに入ったことで、DFの前でボールを奪えるようになりました。そして、エドゥアルド。スピードの速い選手ではありませんが、1対1で抜かれることはまずありませんし、ヘディングで競り負けることはありません。谷口もエドゥアルドと組むようになって、少しずつパフォーマンスがよくなってきました。そして、チョン・ソンリョン。どれだけDFが頑張っても、シュートを打たれる場面はあります。最後の最後にきちんと止めてくれるチョン・ソンリョンによって、昨シーズンまでなら入っていたシュートが入らなくなりました。今まで継続してきた取組と、今シーズンの補強が上手く噛み合ったことが、失点が減っている要因だと思います。

積み重ねてきたことが披露できるか

残り2試合で2連勝すれば、ファーストステージ優勝の可能性があります。しかし、Jリーグは大抵こういう状況になった時、追いかけるチームが勝つものです。しかも、次節のアビスパ福岡は守備が堅い難敵です。簡単に勝たせてくれるチームではありません。これまで積み重ねてきたことが、ファーストステージ残り2試合できちんと披露できるか。注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,