nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

マッチデープログラムに掲載されて欲しい情報

   

15年前、川崎フロンターレのマッチデープログラムは、紙でした。A4の青い紙に、白黒で両面に印刷されたチラシのようなものを、来場者に無料で配っていました。

マッチデープログラムには、試合のレポートや、来場したサポーターの声などが掲載されていたのですが、レポートやサポーターの声の記事や写真は、ボランティアが担当していました。

僕も、レポートを書いたことがあります。選手にもインタビューしました。J2降格がほぼ決まったジェフ市原(当時)戦で、中谷勇介がほとんど喋ってくれなかったことを、よく覚えています。

初めてマッチデープログラムが冊子になった後、出来がよくなかったので、「こんなのにして欲しい!」と言って、僕が持っていたマンチェスター・ユナイテッドのマッチデープログラムを渡したこともありました。

プレミアリーグを観に行くと、マッチデープログラムを売っているスタンドがそこら中にあります。

1冊500円程のマッチデープログラムを購入し、マッチデープログラムに掲載されている試合の見所、チームの地域への取り組み、おすすめのお店、そしてクラブの歴史など、様々な情報が掲載されています。

川崎フロンターレが発行するマッチデープログラムも、そんな内容になってほしいと思って渡したのを、よく覚えています。今では、凄く充実した内容になっていると思います。

そこで、僕なりにマッチデープログラムに掲載されて欲しい情報をまとめてみました。

マッチデープログラムに掲載されて欲しい情報

  1. 社長・監督・キャプテンからのメッセージ
  2. チームの最新情報
  3. 試合の注目ポイント
  4. 注目選手のインタビュー
  5. チームの歴史・記録
  6. 社会貢献活動
  7. アカデミーの活動
  8. スポンサー広告

社長・監督・キャプテンからのメッセージ

必ず掲載して欲しいのは、チームの社長、監督、キャプテンといったチームを代表する人物からのメッセージです。

現在のチームの取り組み、方針、考え方、試合への意気込みなど、チームの考え方をサポーターにきちんと伝えると、サポーターから「考えがよくわからない」「どんな方針なのか」という声が上る機会を減らすことが出来るはずです。

チームの最新情報

どんな選手が移籍してきたのか、誰が練習に合流したのか、世代別の代表に選ばれた、月間MVPに選ばれた、月間最優秀ゴールにノミネートされた、などなど、チームとして伝えられる情報はたくさんあります。

チームの最新情報を伝えれば、サポーターにチームの状況を理解してもらうことが出来ますし、知らない情報があれば、そこから試合への興味を高めてもらうことが出来るはずです。

試合の注目ポイント

マッチデープログラムで、試合の注目ポイントは外せません。予想スタメン、チームと相手チームの注目選手、相手チームの近況など、試合の注目ポイントがどれだけ充実しているかが、マッチデープログラムの質が決まります。

注目選手のインタビュー

注目選手のインタビューも、マッチデープログラムを読む上で、サポーターが楽しみにするポイントです。

特にあまりメディアに取り上げられない選手であればあるほど、マッチデープログラムは選手の事を知る貴重な機会になります。見開き2ページ、4ページあると嬉しいな。対談形式で伝えてもいいコンテンツです。写真も充実しているとなお嬉しいです。

チームの歴史・記録

マッチデープログラムの厚みを決めるのが、チームの歴史や記録を伝えるコンテンツ。対戦相手との過去の試合の記録、レポートや、試合が行われる時期に達成した過去の記録など、歴史があるチームほど、歴史や記録は分厚く、丁寧に伝えるべきだと思います。

特に、日本リーグ時代から続いているチームなどは、歴史・記録をもっと伝えて欲しいと思います。こうした過去の歴史・記録を繰り返し紹介することが、チームの歴史を語り継ぐことになるからです。

社会貢献活動

チームの社会貢献活動を報告するのに、マッチデープログラムは有効です。寄付、支援活動、イベントの報告など、普段取り上げられないけれど、チームとしてきちんと取り組むべき社会貢献活動の報告こそ、マッチデープログラムできちんとやるべきだと思います。

報告したから直ぐに何か効果が出るわけではありませんし、読み飛ばされる可能性が高いコンテンツでもありますが、チームのメッセージ発信力を問われるコンテンツです。

アカデミーの活動

ユース、ジュニアユース、スクールといったアカデミーの活動をきちんと伝えることも、マッチデープログラムの大切な役割です。サポーターの中には、アカデミーに参加している家族や関係者も含まれているはずです。

「自分が掲載されている」「友達が掲載されている」というのは、マッチデープログラムを買うきっかけ作りになるからです。

スポンサー広告

支援してくれるスポンサーの活動を伝えるのも、マッチデープログラムの重要な役割です。出来れば、スポンサー活動や、スポンサーが実施している社会貢献活動など、チームに関連する活動を紹介出来るといいと思います。

NumberやBrutusやソトコトといった雑誌のコンテンツのひとつとして、さりげなく商品を紹介していたりします。また、マッチデープログラム専用の広告を作って掲載することで、より読んでいる人に受け入れられやすくなります。

マッチデープログラムはサポーターとクラブの重要な接点

マッチデープログラムはサポーターとクラブの重要な接点だと思います。クラブが自分たちの考えや取り組みを発信出来て、サポーターはそれを受け止めてくれる数少ない媒体だからです。

書かれている約束がお互いきちんと果たされていれば、信頼感が築き上げられ、結果的にクラブのブランド価値を高めてくれるはずです。

そして、マッチデープログラムのために作ったコンテンツは、他の媒体でも使うことが出来ると思います。クラブはマッチデープログラムを充実させることを目的として、きちんとコンテンツを作りこんでいけば、Webや他の媒体での情報も、自然と充実してくると思います。だから、マッチデープログラムはクラブにとって重要なのです。

おすすめ商品

 -