金は天下の回りもの。書評「30歳からはじめる お金の育て方入門 -貯めながら殖やす新しい習慣- 」(渋澤 健、中野 晴啓、藤野 英人)

生活していくには、お金がいる。特に、結婚して、子供が出来てからは、お金のことをよく考えるようになりました。自分がしたい生活を実現させるには、どのくらいお金が必要なのか。どのくらいお金を貯めなきゃならないのか。考えれば考える程、どうすればいいのかわからなくなってしまいました。

そんな時に読んだのが、本書「30歳からはじめる お金の育て方入門 -貯めながら殖やす新しい習慣- 」です。本書は、僕のようにお金に対する「なんとなく持っている不安」に対して、3人の投資家が答えた1冊です。お金について、投資について、よくわかっていない人(僕)が、取っ掛かりとして読むには、よい1冊だと思います。

金は天下の回りもの

「金は天下の回りもの」ということわざがあります。

金は一箇所にとどまるものではなく、常に人から人へ回っているものだから、今はお金が無い人の所にもいつかは回ってくるという励ましの意味として使われることわざですが、実は「お金とは何か」、「投資とは何か」ということを、端的に現している言葉だと思います。

もしかしたら、「キャッシュフロー」という言葉も、本来はこんな意味合いで使う言葉なのかもしれません。お金は人から人へと回るものなのだとしたら、血液と同じように、どのように循環させるか。そう考えると、循環させる手段として、社会をよくしようと頑張っている会社に資金を提供する「投資」という行為は、間違ったお金の使い途ではないのだと、本書を読み終えて感じました。

最もすべき投資は「自己投資」

では、最もすべき投資は何か。本書で最も推奨されている投資は、意外かもしれませんが、「自己投資」です。本書では自己投資の事を、「自分のあるべき未来に向って、人生をデザインすること」と書いています。

お金儲けのスキルを高めるのも大切ですが、それより、商売について学び、スキルを高める。あるいは、よいパートナーを得る、友人を得るために、人的ネットワークを広げる。そのために、常に自己投資を怠らないということが、金銭的な資産を充実させる一番の近道だというのです。

「利他」と「利己」という言葉があります。他人の利益を与えることが、結果的に自分の利益となって還ってくるという意味の言葉です。利益となって還ってくるには時間がかかりますが、世の中すぐに儲かる話はありません。

お金儲けに近道なし。王道を進むべし。
その事を痛感させてくれる1冊です。

関連商品