nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

DFラインが相手ゴールに近い位置を保てるか。2015年Jリーグ第3節 モンテディオ山形対川崎フロンターレ プレビュー

   

2015年Jリーグ第3節、川崎フロンターレの対戦相手はモンテディオ山形。1-3で敗れたナビスコカップの名古屋グランパス戦から中3日で行われる試合。来週はJリーグの試合がないため、よい成績で中断を迎えるためにも、負けられない1戦です。

DFラインが相手ゴールに近い位置を保てるか

この試合のポイントは、DFラインが相手ゴールに近い位置を保てるか、です。

ナビスコカップの名古屋グランパス戦では、大島の代わりに井川を起用し、谷口をボランチに起用しました。しかし、スピードがない井川がDFラインに入ったことで、足の早い名古屋グランパスの攻撃を警戒してDFラインが下がってしまったことで、選手間の距離が広がってしまい、テンポよくパスを回すことが出来ませんでした。川崎フロンターレらしい攻撃を実現するには、選手間の距離を短く、一定の距離に保つ必要があります。そのためには、DFラインは背後のスペースを気にせず、相手ゴールに近い位置を保たなければなりません。

モンテディオ山形は、FWから積極的にボールを奪いにくる戦い方で、J1まで上り詰めました。また、ボールを奪ったら、DFラインとGKの間やタッチライン沿いにロングパスを蹴って攻撃してくるチームです。つまり、ナビスコカップで敗れた名古屋グランパスと同じ戦い方をしてくるはずです。モンテディオ山形には、名古屋グランパスの永井や川又ほどスピードや身体が強い選手はいませんが、ナビスコカップの敗戦で学んだことを活かすには、よい相手です。

DFラインを相手ゴールに近い位置を保ち、相手を押し込み続けることが出来るか。開幕戦のように、相手を押しこみ続けることが出来れば、自ずと川崎フロンターレが勝利する確率は高まるはずです。だから、この試合では、DFラインが相手ゴールに近い位置を保てるか、注目したいと思います。

車屋は日本代表に選ばれてもおかしくない

この試合では、日本代表のバックアップメンバーにも選ばれた、車屋のプレーにも注目です。車屋がボランチに起用される可能性があります。車屋がボランチに起用された場合、どんなプレーをするのか、注目です。

車屋の強みは、スピードとボールを扱う技術です。車屋は昨シーズンのサンフレッチェ広島戦で、スピードを武器とするサンフレッチェ広島の浅野に1m後ろから追い抜いて、ボールを奪ってしまったほどのスピードの持ち味です。また、ボールを扱う技術に長けていて、簡単にボールを奪われることはありません。

車屋をボランチに起用することで、相手の攻撃を受けた時、ボランチの位置でボールを奪ったり、相手の攻撃を遅らせたいという狙いがみえます。この狙いがうまくいけば、川崎フロンターレが意図している、DFラインを相手ゴールに近い位置に保ち、相手を押しこみ続ける戦いが出来るはずです。

左利きでスピードがあって、守備が上手く、ボールを扱う技術が高い選手は、日本にはあまりいません。バックアップメンバーに選ばれたことを驚いている人も多いようですが、僕は今回の日本代表に車屋が選ばれるんじゃないかと、密かに期待していました。それほど、持っている能力は高い選手です。だからこそ、この試合で車屋がどんなプレーをするのか、注目したいと思います。

関連商品

 - , ,