nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

状況に応じたプレーが出来ないことが敗戦の要因。2015年Jリーグ第3節 モンテディオ山形対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年Jリーグ第3節、モンテディオ山形対川崎フロンターレは0-1でモンテディオ山形の勝利。川崎フロンターレ側から見ると、久々に全てが上手くいかないという試合でした。

川崎フロンターレが負ける典型的なパターンにはまってしまった試合だと思います。川崎フロンターレは、サガン鳥栖、アルビレックス新潟、ネルシーニョが在籍していた当時の柏レイソルなど、相手がFWから積極的にボールを奪いにくるチームを苦手にしてきました。モンテディオ山形も川崎フロンターレが苦手とするタイプのチームなのですが、まんまと相手の狙いにはまってしまいました。

悪条件なりのプレーが出来ない

狙いにはまってしまった要因は、いくつもあります。グラウンドがボコボコで固く、ボールコントロールが難しいグラウンド条件に、強風が吹き荒れていて、ボールの転がりが読みづらいという気候条件が、追い打ちをかけます。名古屋グランパス戦から中3日のアウェーゲームで、気温も低い山形だったため、身体のコンディションも万全だったとはいえなかったと思います。

しかし、本当に力があるチームは、悪条件が重なっても勝利を勝ち取ったり、引き分けで凌ぐことが出来ます。川崎フロンターレは、それすら出来ませんでした。ピッチコンディション、身体のコンディション、相手の戦い方を踏まえて、どうすれば上手くいくのか。横浜F・マリノス戦では出来ていたことが、出来ていない。これが名古屋グランパス戦とモンテディオ山形戦の敗因だと、僕は感じました。

大久保と中村に頼るな

こういう試合こそ、チームのリーダーを務めているプレーヤーに、試合をコントロールし、流れを自分たちに引き寄せるようなプレーが求められます。しかし、そんな役割を担っている大久保も中村も、この試合はよいプレーが出来ず、流れを変えることが出来ませんでした。

大久保と中村という2人は、チームが良い時は本当にいいプレーをする選手です。ところが、チームが悪い時に流れを変えるようなプレーが出来るかというと、あまりそういうプレーを見たことがありません。流れが悪いことにイライラして、他のチームメートと同じようにプレーして、リズムを変えることが出来ずに、試合に負けてしまう。意外とこんな試合が多いのです。

むしろ、大久保や中村より、谷口のプレーに可能性を感じました。相手が攻めてきている時間に身体をはって守備をするだけでなく、後半は普段はあまりみせないドリブルでの攻め上がりをみせ、相手の守備を崩そうとしていました。

今後、川崎フロンターレがタイトルを勝ち取ろうとするなら、モンテディオ山形戦のような試合に勝つ、もしくは引き分けることが求められます。1週間の中断の後、次の試合はモンテディオ山形同様に相手ボールを奪うことを得意としているアルビレックス新潟。モンテディオ山形戦の教訓を活かすには、最高の相手です。2週間の中断期間中に、チームがどのようにして立て直そうとするのか。注目したいと思います。

関連商品

 - , , ,