nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年シーズンの川崎フロンターレのキーマンは、”戦うテクニシャン”森谷賢太郎だ!

      2015/07/26

僕は2015年シーズンに川崎フロンターレがタイトルを獲るには、この人がキーマンになると思っています。僕が考えるキーマンは、森谷賢太郎です。森谷がどれだけの活躍が出来るかに、今年の川崎フロンターレの成績がかかっていると思っています。

「ワンツーの達人」森谷賢太郎

森谷の武器は、動きながらボールを扱う技術です。森谷はレナトのようなドリブルやスピードも、中村憲剛のようなパスもありません。森谷はボールを扱う技術に優れている選手ですが、動きが止まった状態でボールを扱う技術なら、森谷より上手い選手はたくさんいます。しかし、森谷ほど動きながらボールを扱う技術に長けた選手は、日本代表の選手と比較しても、あまりいません。

森谷の技術の凄さは、相手DFが密集していればいるほど、真価を発揮します。特に、壁パスやワンツーと言われる、少ないボールタッチでパス交換で相手を崩すプレーをする時、森谷ほど素早くパスを出し、パスを出した後にボールを受けることが出来る選手は、ほとんどいません。森谷と同じようにプレー出来るのは、香川真司や今年湘南ベルマーレに移籍した山田直輝くらいだと思います。僕は、勝手に森谷のことを「ワンツーの達人」と評しています。

横浜F・マリノスで出場機会が少なかった理由

横浜F・マリノスに在籍当時、森谷はなかなか出場機会に恵まれませんでした。出場機会に恵まれなかった理由は、森谷の技術の問題ではなく、チームのスタイルが森谷に合わなかったからです。

横浜F・マリノスの中心選手は、中村俊輔です。中村俊輔は、左足のキック精度の高さを活かした、中長距離のパスを得意とするプレーヤーです。森谷が、相手DFが密集しているエリアをパス交換で崩そうとしても、ボールを受けた中村俊輔が森谷にボールを返さず、ロングパスを出してしまっては、森谷の良さが活かされるわけがないのです。

そして、そのロングパスがチャンスになるのだから、当時の森谷は複雑な心境だったはずです。

中央でもサイドでもプレー出来る

香川や山田直輝にない森谷の強みは、中央でもサイドでもプレー出来る事です。少ないボールタッチでパス交換して相手を崩すのが得意な選手は、あまりサイドでプレーするのが得意ではありません。香川がよくやるのですが、ボールを欲しがって中央に入りすぎてしまい、チームのバランスを崩してしまうことがあります。しかし、森谷はチームのバランスを考えてサイドでプレーが出来るし、サイドでプレーするからといって、プレーの質が落ちることもありません。

森谷のように、少ないボールタッチでパス交換出来る選手が1人いると、パスが円滑に周ります。パスが円滑に回るようになると、攻撃にリズムが生まれ、他の選手のプレーもよくなります。2014年シーズン、森谷がスタメンに起用された第4節のFC東京戦からチームは勝ち始めました。自分だけでなく、周りの選手のプレーもよくなる。それが、森谷の本当の武器なのです。

求められる中心選手としての活躍

なぜ、森谷が2015年シーズンの川崎フロンターレのキーマンなのか。それは、森谷のような年齢の選手がチームの中心としてプレーしてくれなければ、タイトルは獲れないからです。タイトルを獲るチームには、20代中盤に、チームを引っ張る選手がいます。中村憲剛は今年35歳、大久保嘉人は32歳。この2人に引っ張ってもらってタイトルを獲ろうというのは、虫がよすぎます。

森谷は今年27歳。チームの中心として、チームを引っ張っていく年齢です。小林、大島、谷口、そして森谷。こういった選手がチームを引っ張っていかなければ、タイトルなんて獲れるわけがありません。

森谷がチームの中心として、チームを引っ張っていくには何が必要なのか。それは、ゴールです。2014年シーズンは、27試合で2ゴール。MFで出場している選手としては、少ない数字です。シーズンが進むにつれて、相手チームは、大久保、レナト、小林といった選手を、厳しくマークしてくるはずです。また、パスの出し手として、中村憲剛や大島へのマークも厳しくなるはずです。

そこで、キーマンとなるのが森谷です。森谷は、鋭く縦に変化するミドルシュートを得意としています。このミドルシュートも、日本人では他に蹴れる選手はいません。ただ、昨シーズンはミドルシュートによるゴールは1ゴール。ゴールを増やしていくには、ミドルシュートの精度を高めるとともに、もっとペナルティエリアの中に入って、シュートを撃つ必要があります。僕は、森谷はシーズン10ゴール獲れる力がある選手だと思っています。森谷が10ゴール獲れれば、川崎フロンターレの初タイトルも見えてくるはずですし、日本代表に選ばれる可能性も出てくるはずです。

僕は、森谷なら出来ると思いますし、信じています。負傷でまだ今シーズンの出場はありませんが、2015年シーズンは森谷賢太郎に注目です。

関連商品

 - , ,