書評:熱風2013年5月号 特集「グローバル企業とタックスヘイヴン」-タックスヘイヴン、あるいはフリードマンの亡霊--グローバル時代の自由とは-

2013/07/05

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は「特集 グローバル企業とタックスヘイヴン」です。地方自治体といえども破綻する時代となった現代では、各国とも税収を増やして財源を確保することが緊急課題となっているなか、多くのグローバル企業の「租税回避」が国際的な問題になっています。その拠点となっているのが法人税や所得税などの税率がゼロか極めて低い、ケイマン諸島、バミューダ諸島、スイスなどの「タックスヘイブン(租税回避地)」です。

先日、ユニクロの柳井正会長がオランダにある自身の資産管理会社にファーストリテイリングの株を移したことによる、”合法的な節税対策”がニュースになりましたが、こうした事をグローバル企業は当たり前のように行なっているのです。

関連記事

531万株を海外へ売却 ユニクロ柳井社長の「狙い」(現代ビジネス)

「特集 グローバル企業とタックスヘイヴン」特集のラインナップは、以下のとおりです。

  • ボーダーレス化する時代に求められる新たな「税」の形 (大元隆志)
  • タックスヘイヴン、あるいはフリードマンの亡霊--グローバル時代の自由とは (中山智香子)
  • 国家を超えて帝国化する企業とともに 私たちは21世紀をどう生きるのか (松井 博)
  • 第三の産業革命が政治や社会のシステムを変えていく (佐々木俊尚)
  • 企業と税 (村瀬拓男)
  • 税をめぐる道徳と正義について (橘 玲)
  • 税の恨みはどこまでも追いかけてくる (岩崎夏海)

今月号の特集では、「タックスヘイブン」をキーワードに、国家とは何か、税金とは何か、といった社会のシステムのあり方まで考える特集になっています。熱風は毎月特集と連載の内容が充実しているので、今回から個々の記事に書かれた内容を取り上げていきたいと思います。本日は中山智香子さんが書いた「-タックスヘイヴン、あるいはフリードマンの亡霊--グローバル時代の自由とは-」を取り上げます。

タックスヘイヴンが生まれた背景

そもそもタックスヘイヴンとは、あるお金が税金に取られないように「避難」させる場所の事を指します。だから、これまでタックスヘイヴンは、利用者の間でこっそり知られているだけでした。日本でもAIJやオリンパスの所得隠しの問題で取り上げられ話題になりましたが、それでも国税庁をして「すべてを掴みきれていのが実情だ」と語り、経済学者も「客観的な確認はできないが」と及び腰なのがタックスヘイヴンなのです。

記事によると、1998年4月にOECD(経済協力開発機構)は、「タックスヘイヴンなど有害な租税実践と総称されるものが、財政やサービスの場に影響を及ぼすことで世界の福祉を減少させ、納税者の信頼を損なう」と手厳しく批判しているそうですが、そもそもタックスヘイヴンは、産業を誘致したい国や地域の産業振興策として考えられたものが発端です。

そこに、イギリスが発端となって、”オフショア市場”と呼ばれる自国のメインの市場とは別の市場を旧植民地から戦後に海外領土や王室属領となった諸国に設置し、海外から持ち込まれた資金を管理していた背景も加わり、本来は課税の重複を回避するための措置のはずが、どこからも課税されない可能性、すなわちタックスヘイヴンを創りだしたというわけなのです。

タックスヘイヴンがもたらした公的サービスへの影響

タックスヘイヴンを行使した結果、先進諸国は税収不足に陥り、公的サービスの削減や消費税の削減といったことにつながりました。かつてミルトン・フリードマンは、市場を重視し個人の自由を主張して、政府の公的支出を批判したそうです。実際、現在アメリカ近郊のアトランタ近郊の一地区では行政サービスに不満を募らせた住民が独立行政区を立ちあげて、民間会社に運営を委託したりしているそうです。

しかし、こうした試みは失敗に終わると思います。なぜなら、人間が暮らすということは、クリエイティブなことや収益を目的としたサービスで解決できない問題もあるからです。人が暮らせば排泄もするし、ゴミも出すし、汚染も進みます。病人が出れば医療も必要です。こうした問題を解決するためには、公的なサービス、すなわち政治が必要だと思うのです。

権利と義務

アメリカでは、医療費が高額なため病院に通える人が限られていることが問題になっているそうです。グローバルカンパニーが自分たちの利益のみを優先し、税金を「削るべき経費」と捉え、複数の国をまたがる節税対策を行った結果、かえってグローバルカンパニーで働く従業員にとって住みにくい国になってしまったのであれば、本末転倒ではないかと思うのです。

たしかに現代は政府に出来る事が限られており、企業とすれば税金を払わない方が得だと思うところもあるのだと思います。しかし、自由という権利には義務もつきまといます。グローバルカンパニーが商売をするという権利を行使する代わりに、きちんと義務を果たしているのでしょうか。自社の商品が流通すれば、それで良いのでしょうか。

義務を果たすのは確かに面倒です。しかし、面倒な義務を果たすからこそ、自由という権利を行使することができるのです。行き過ぎた資本主義によって、権利と義務のバランスが崩れていないだろうか。そんなことを考えさせられた記事でした。

明日は、松井 博さんの記事「国家を超えて帝国化する企業とともに私たちは21世紀をどう生きるのか 」をご紹介します。

関連記事

関連商品