nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評:熱風2013年5月号 特集「グローバル企業とタックスヘイヴン」-税の恨みはどこまでも追いかけてくる-

      2013/07/05

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、今月の特集は「特集 グローバル企業とタックスヘイヴン」です。地方自治体といえども破綻する時代となった現代では、各国とも税収を増やして財源を確保することが緊急課題となっているなか、多くのグローバル企業の「租税回避」が国際的な問題になっています。その拠点となっているのが法人税や所得税などの税率がゼロか極めて低い、ケイマン諸島、バミューダ諸島、スイスなどの「タックスヘイブン(租税回避地)」です。

先日、ユニクロの柳井正会長がオランダにある自身の資産管理会社にファーストリテイリングの株を移したことによる、”合法的な節税対策”がニュースになりましたが、こうした事をグローバル企業は当たり前のように行なっているのです。

関連記事

531万株を海外へ売却 ユニクロ柳井社長の「狙い」(現代ビジネス)

「グローバル企業とタックスヘイヴン」特集のラインナップは、以下のとおりです。

  • ボーダーレス化する時代に求められる新たな「税」の形 (大元隆志)
  • タックスヘイヴン、あるいはフリードマンの亡霊--グローバル時代の自由とは (中山智香子)
  • 国家を超えて帝国化する企業とともに 私たちは21世紀をどう生きるのか (松井 博)
  • 第三の産業革命が政治や社会のシステムを変えていく (佐々木俊尚)
  • 企業と税 (村瀬拓男)
  • 税をめぐる道徳と正義について (橘玲)
  • 税の恨みはどこまでも追いかけてくる (岩崎夏海)

今月号の特集では、「タックスヘイブン」をキーワードに、国家とは何か、税金とは何か、といった社会のシステムのあり方まで考える特集になっています。熱風は毎月特集と連載の内容が充実しているので、今回から個々の記事に書かれた内容を取り上げていきたいと思います。

本日は、岩崎夏海さん(@huckleberry2008)が書いた「税の恨みはどこまでも追いかけてくる」を取り上げます。

「グローバル企業とタックスヘイヴン」特集のまとめ

今回の「グローバル企業とタックスヘイヴン」特集の記事のラインナップの中で、著者の記事だけが少しトーンが違います。他の記事は、「グローバル企業とタックスヘイヴン」というテーマに基づいたレポートのような記事なのですが、著者の記事は「グローバル企業とタックスヘイヴン」というテーマについて書かれたエッセイのような記事になっていて、より著者個人の見解が前面に出た記事になっています。

狙ったわけではないと思うのですが、図らずも読んでいると今回のテーマ「グローバル企業とタックスヘイヴン」のまとめの記事になっていると感じました。(この記事を特集の最後に掲載したのは、編集側の意図でしょうか。)

「いかに世間の恨みを買わないか」

記事で最も印象に残ったのは、「いかに世間の恨みを買わないか」という見出しが付けられた箇所の文章です。

記事はここに至るまで、税金について2つの見解を語っています。

一つ目は「税についての法律は変わらないけれど税の取り方の理念は変わらない」という点であり、その理念とは「公平に漏れ無く徴収すること」であるということです。二つ目は、「世間の税の公平さの考え方は、時代によって変化する」です。(この辺りは「企業と税」や「税をめぐる道徳と正義について」という記事に詳しく書かれているので、併せて読んでみてください)

その上で、著者はタックスヘイヴンについては、たとえ合法であっても「あまねく公平の漏れなく徴収する」という課税方法の理念からは逸脱していて、「法の目をかいくぐった」行為に過ぎないと主張します。併せて著者は「タックスヘイヴンが不公平だ」という思いが法律の変化を早め、すぐにまた法律が追いつき、以前のような高い税金を支払わなければいけなくなると書いています。

過度の「節税」は長い目で見ると必ず痛い目にあう

著者の主張で興味深かったのは、タイトルにも使われている「税の恨みはどこまでも追いかけてくる」という考え方です。長い目で見ると、合法的な節税だとしても、税金を安く済ませることは、やっぱり世間から恨めしく思われ、そして一旦恨みを買うと、それはどこまでも追いかけてくるというわけです。

僕自身、この主張にはとても共感を覚えます。「タックスヘイヴン、あるいはフリードマンの亡霊-グローバル時代の自由とは-」という記事でも書きましたが、税金は自由という権利を得るための「義務」です。義務を果たすのは確かに面倒です。しかし、面倒な義務を果たすからこそ、自由という権利を行使することができるのです。

グローバル企業がタックスヘイヴンを利用して税金を安く済ませていることは、ルールは守っているのかもしれませんが、本来果たすべき「義務」を果たしていると言えるのでしょうか。節税することで、自分たちにとって都合の良い自由だけを得ようとしてはないのでしょうか。それは、短期的には成功するかもしれませんが、長い目で見ると必ず痛い目にあうことでしょう。

したがって、著者は税金において最も重要なのは、それをいかに安く済ませるかではなく、「いかに世間の恨みをかわないか」とまで語っています。

リストラなしの「年輪経営」」や「レスポンシブル・カンパニー」という本にも書かれていましたが、結局、成功し続けようと思ったら人の目を欺くような方法に力を注ぐのではなく、人に役に立つための方法に力を注ぐ「正攻法」を取るべきではないか。改めてそんなことを考えました。

熱風のすすめ

最後になりますが、今月の熱風で取り上げられた「グローバル企業とタックスヘイヴン」というテーマは、単なる国を越えた節税という点だけでなく、「国家」「自由と義務」「資本主義」「ネットワーク」といった現代社会における様々な問題点を内包したテーマだと思いました。

熱風は無料で手に入れることができます。無料とは思えない情報量と、独自の切り口で書かれた記事は、読み応え満点です。ぜひ一度手にとって見てください。

関連記事

関連商品

 -