熱風に連載されている川上量生さんの連載「鈴木さんにも分かるネットの未来」第6回:コンテンツは無料になるのか

2013/07/16

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、2012年11月からネット業界で仕事をしている人にとって、興味深い連載が始まっています。ドワンゴの会長であり、またスタジオジブリのプロデューサー見習いでもある川上量生さんの連載で、その名も「鈴木さんにもわかるネットの未来」です。

タイトルに書かれている「鈴木さん」とは、スタジオジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんの事です。ネットの世界に詳しくない鈴木敏夫さん向けの連載ということで、この記事ではネット業界の現状がとてもわかり易く解説しています。個人的には、梅田望夫さんが7年前に書いた「ウェブ進化論」の続きが書かれていると思って、いつも楽しみにしています。「ウェブ進化論」が好きな人は、この連載はオススメです。

熱風は無料の小冊子ですが、目を通している方も少ないと思いますので、ここでは連載の中から、印象に残った文章を読書メモとして紹介します。
第6回は、「コンテンツは無料になるのか」です。

複製コストがゼロだからコンテンツは無料になるのか

  • コンテンツの価格が無料になると主張する人の根拠は、デジタルではコンテンツの複製コストがゼロだから、というもの
  • インターネットの世界でコンテンツが無料になるという考えの根底として、そもそもコンテンツは無料であるべきでみんなで共有していくほうが世の中がよくなるというイデオロギーがネットの世界にはかなり昔から存在する
  • コンピュータの知識がある人間にとって、文章や音楽や映像のようなコンテンツも、所詮はコンピュータソフトウェアと同じデジタルデータにすぎない
  • コンテンツが無料であるべきという主張は、インターネット業界側の人間にとっては利益になる主張である

広告モデルはコンテンツビジネスにはあわない

  • ネット上での広告モデルは、コンテンツビジネスには合わない。
  • 1PVあたり、1クリックあたりにどれだけ安いコストでウェブページを作れたかどうかで儲かるかどうがか決まる。コンテンツの中身は関係ない
  • 「まとめサイト」は簡単にコンテンツがつくれて、しかも面白い。ネットでコンテンツを広告モデルでつくるということは、こうしたコンテンツと同じ土俵でコスト競争するということ
  • 広告モデルでは100万円をかけて何かのコンテンツを作った場合、100万円を回収するには100万円以上に利益が上がるように、利益率50%だったら200万円、利益率10%だったら1,000万円の商品を買ってもらわなければならない。そんなことだったら、最初から100万円をユーザーからもらうことを目指したほうが簡単ではないか
  • コンテンツをつくることで発生したPV数=広告収入のうち、コンテンツホルダーに還元される割合はおそらく半分を切るのではないか

コンテンツの価格は”相場”が決める

  • コンテンツはひとつひとつがユニークであり、基本的には同じものは存在しない独占商品
  • 独占商品の価格は、基本的には顧客からの売上が最大化されるよいうなぎりぎりの価格まで高くする
  • 顧客が価格が適正かどうかを判断する基準は、自分が知っている”相場”だけ。顧客の”思い込み”がコンテンツの価格を支えている
  • コンテンツの相場というものは、人間が社会的にそのコンテンツにどれだけ依存しているかによってバランスが決まる
  • 言い方は悪いが、コンテンツビジネスというのは、人間をある種の中毒みたいな状態にすることでお金を払ってもらえるようにするという構造がある
  • コンテンツの価格は人間がもつコンテンツへの依存度で決まる
  • 音楽の世界ではアナログレコードからCDに移り変わったとき、アナログより高い値段で売られた。CDの流通量が上がって原価が下がっても、価格は変わらなかった。少なくとも原価が下がったからといって、コンテンツの価格も下がったりするようなものではない

デジタルコンテンツの価格が安くなった原因は違法コピー

  • 違法コピーの存在により、ネットでデジタルコンテンツの価格を安くせざるを得なくなっている
  • 新しいメディアが登場する時は、コンテンツの価格が高くなる
  • プラットフォームが普及するためのコストは、プラットフォームを握っているインターネット業界側が払うべき
  • 違法コピーの存在がなければデジタルコンテンツの価格はむしろ上がった可能性が高い
  • “ガチャ”はただのデジタルデータでしかない。”カード”の複製コストはゼロのはずだが、一向に価格が下る気配がない。コンテンツとはもともとそういうもの
  • ソーシャルゲームはサーバー上にデータが保存されているので、実質的に違法コピーが不可能。違法コピーが不可能だと高い価格設定でも顧客はお金を払う
  • MMOはコンテンツにお金を払わないと思われている中国市場で成功している。これもサーバーにデータを保存するタイプ

サーバー側にコンテンツを置くことが生き残る道

コンテンツを作って、どうやってお金を稼ぐのか。音楽、出版、映像など、コンテンツビジネスに関わる人々が日々頭を悩ませている問題だと思います。川上さんが今回の連載で書いていますが、デジタルコンテンツで課金するためには、コンテンツを手元で管理するサーバー型のサービスを提供していく方法が一番有力なようです。実際、iTunesやAmazonのみならず、音楽ではSpotifyやSoundcloudやLast fm、映像ではNetflixといったように、サーバー型のコンテンツ提供サービスが少しづつ浸透してきています。

たまに「ブログだけで生活する」という記事をみかけることがあります。確かに生活は出来るのかもしれませんが、川上さんが指摘するように、コンテンツ作成原価と比較すると収益性の高いビジネスだとは言えなさそうです。ブログだけで収益をあげようとせずに、ブログを活用していかに収益をあげていくか。メルマガや電子書籍など様々なプラットフォームがある中、適宜選択していく必要があるのではないかと感じました。

関連記事

関連商品