nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

高城剛とnishi19 breaking newsが自信をもって紹介するバルセロナのおすすめスポット

      2014/07/22

NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.02 バルセロナ (素敵な星の旅行ガイド)

僕はいろいろな国や街を訪れましたが、最も素敵な街だと思ったのがバルセロナです。2009年の2月に訪れたのですが、2月とは思えないほど気候は暖かく、天気はほとんど快晴。料理もお酒も美味しかったことも印象に残っていますが、何より印象に残っているのは、街を歩く人がみな楽しそうだったことです。東京のように下を向いて暗い顔をしている人はスリぐらいです。街にいるだけで楽しい。そんな場所を訪れたのは、初めての経験でした。

いつか機会があれば、バルセロナをもう一度訪れたい。そんな事を考えていた僕だったので、高城剛さんの新刊「NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.02 バルセロナ」を楽しみにしていました。「初めて楽しむ3日間のバルセロナ」をテーマに執筆された本書は、オススメスポットだけでなく、季節の風物詩など、バルセロナ在住の著者だからこそ知りうる情報も掲載されています。

本書で紹介されているスポットは「地球の歩き方」にも掲載されていたりするものもありますが、掲載されている写真が現地の楽しい雰囲気を思い出させてくれる素敵な写真ばかりで、読んでいるとバルセロナに行きたくなります。

そこで、今回は「NEXTRAVELER(ネクストラベラー) vol.02 バルセロナ」で高城剛さんが紹介しているオススメスポットとあわせて、僕のバルセロナのオススメスポットをご紹介します。なお、掲載されている写真はすべて僕が撮影した写真です。

未来的男根の異名を持つ建物「Torre Agbar」


電通本社ビルを設計した、ジャン・ヌーヴェルが設計した高層ビル。これはバルセロナ水道局のビルなんです。キラキラした外装に、カラフルなモザイクのようなカラーリングがあしらわれているのが、特徴です。サグラダ・ファミリアから歩いて15分ほどのところにありますので、ぜひ足を延ばしてみてください。

地図

現代スペイン料理は未来色なのか?「Comerc24」

エル・ブジに代表される新しいスペイン料理「ヌエバ・コッシーナ」はまだ食べたことがありません。高城剛さんがメルマガなどでいつもオススメしているのが「Comerc24」。今までの料理とは全く違う不思議な体験ができるお店だそうなので、ぜひ訪れてみたいです。

関連情報

Comerc24

地図

世界一のファミレス「Tickets Bar」

”世界一のレストラン”と呼ばれた、フェラン・アドリアが率いた「エル・ブジ」というレストランがありました。そのレストランでクリエイティブ・シェフを務めていた弟のアルベルト・アドリアが新たにオープンさせたレストラン。僕がバルセロナを訪れたときは「Inopia」というバルが同じ場所にありました。Inopiaもアルベルト・アドリアが作ったお店で、行列のできる人気店でした。「ほかではできない体験」が出来るお店だということなので、ぜひ行ってみたいです。

関連情報

Tickets Bar

地図

隠れた観光名所「サン・ジョセップ市場/ボケリア市場」


バルセロナに行ったら、必ず行って欲しいのが「サン・ジョセップ市場/ボケリア市場」です。旧市街の中にある市場には、季節毎に新鮮な食べ物が、その場で食べられます。前回悔いが残っているのが、市場を訪れたのに、何も食べなかったことなので、次は必ず何か食べたいです。

地図

バルセロナの活力の源「ランブラ通り」


「サン・ジョセップ市場/ボケリア市場」が隣接する「ランブラ通り」は、道路の中心を人が歩き、車が側道を走るという造りになっている通りです。路上にはパフォーマーや素敵な花屋があって、活気にみちています。通りを脇に入れば旧市街、通りを西に進めばカタルーニャ広場、東に進めば海にたどり着きます。本書にも書かれていますが、歩いているだけで、バルセロナの楽しさを感じられます。

地元の人も並ぶレストラン「La Rita」

素敵な内装ですが、ランチは8.7ユーロで、サラダ/メイン/デザート/コーヒーが食べれます。ランチタイムは地元の人も並ぶほどの人気です。
なお、ランチメニューは1つしかありませんが、メニューが2つの言葉で書かれています。どういうことかというと、1つはスペイン語のメニュー。もう1つはカタルーニャ語のメニューというわけです。バルセロナは”スペインではなくカタルーニャの街”というバルセロナ市民のアイデンティティは、こんなところからも感じられます。

関連情報

La Rita

地図

レストランも美味く、旧市街に近いオシャレなホテル「Hotel Market」

バルセロナを訪れた時に宿泊したのが、「Hotel Market」。部屋にはシャワーしかありませんが、内装が綺麗で、料金もダブルベッドルームで93〜112ユーロとお得。ここはレストランも人気があって、23:30まで営業しているので、遅い夕食を食べたくなったら、ここで食べるのもひとつの手です。

場所も旧市街に近く、最寄りのサン・アントニ駅からは徒歩5分とアクセスも悪くないのでオススメです。僕はBooking.comで予約しました。日本語で予約できますし、特に問題なかったのでオススメです。

関連情報

Hotel Market(booking.com)

地図

カラフルな色彩が素敵なカジュアルファッションブランド「Desigual」

つい先日表参道にもショップがオープンした、カジュアルファッションブランド「Desigual」。バルセロナ発祥のブランドということで、市内にはいくつもショップがあります。カラフルな色彩に彩られた独特のデザインは、他のカジュアルファッションのブランドとは一味違う魅力があります。また、バルセロナのお店ではセール品のコーナーもあるので、ぜひ訪れてみてください。(僕はセール品のシャツを2着買いました、)

関連情報

Desigual Official Web

FCバルセロナの試合を楽しむためのポイント


バルセロナに来たら、サッカーファンでなくてもFCバルセロナの試合を観ることをオススメします。FCバルセロナのホームスタジアム「カンプ・ノウ」の収容人数は95,000人。実際に訪れると、その大きさに圧倒されます。そこで、現地の試合を観たい人向けにいくつかのポイントをまとめてみました。

チケット

FCバルセロナのチケットは、チャンピオンズリーグやレアル・マドリーとの試合でなければ、当日でもチケットが購入出来ます。チケットはスタジアム東側のゲート前で販売しています。料金は18〜170ユーロくらいです。ただし、語学力に自信のない人は、代理店に頼むことをオススメします。僕は「エッサウィラ」という代理店に頼みました。試合当日に市内のホテルでチケットを受け取りましたが、依頼から受け渡しまで、非常に丁寧に対応してくれますので、オススメです。

グッズ

FCバルセロナグッズは、スタジアムに隣接しているオフィシャルショップで購入することをオススメします。サグラダ・ファミリアの近くやエルプラット空港などにもオフィシャルショップはありますが、品揃えが全然違います。また、試合当日はスタジアム周辺にはオフィシャルではありませんが、グッズを販売している露店が出店していますので、覗いてみてください。

アクセス

地下鉄3号線マリア・クリスティーナ駅もしくは5号線コイブラン駅から徒歩10分程で着きますが、マリア・クリスティーナ駅から行くほうがわかりやすいです。なお、帰りの地下鉄は凄く混み合っています。バルセロナの地下鉄はスリが多いので、注意して乗車してください。僕は、地下鉄を乗り換えるための移動中にエスカレーターに乗っていたら、背負っていたバックパックを開けられました。幸い何も盗られませんでしたが、日本人はスリに狙われやすいそうなので、注意してください。

地図

カタルーニャ美術館前から眺めるバルセロナの街は絶景


バルセロナに行ったら最も訪れて欲しい場所、それはカタルーニャ美術館です。見どころは展示物ではなく、カタルーニャ美術館の前から眺めるバルセロナの街の風景です。行った人しかわかりませんが、絶景です。特に夕日が沈む時間帯は素敵です。僕は、中田英寿と北島康介がこの場所で対談しているのをテレビで観てこの場所を訪れたのですが、あまりの美しさに2時間もぼーっとバルセロナの街を眺めていました。僕がバルセロナに戻りたいのは、この場所に戻りたいからと言っても過言ではありません。とにかく1度行ってください。僕がオススメする理由がわかっていただけるはずです。

地図

高城剛 スペイン バルセロナの食の魅力

高城剛 スペイン バルセロナの魅力

おすすめ商品

この記事を読んでバルセロナに行きたくなった方は、こちらの2冊がおすすめです。
(LIFE PACKINGの書評はこちら

高城剛さんのガイドブックとあわせて、「地球の歩き方」も読んでおきましょう。

同じスペインの観光地としては、北部のサン・セバスティアンも訪れてみたい街です。
バルセロナからは飛行機で1時間程でたどり着くかと。時間がある人はぜひ足をのばしてみてください。
(書評はこちら

FCバルセロナというチームの事を一から知りたい人には、こちらがオススメです。

関連記事

高城剛さんに関する記事としては、以下の様な記事を書いています。

 -