nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

ボールを敵陣に運べるサイドバック、登里享平のプレーに注目しよう!

   

川崎フロンターレのサッカーを継続して見ていると、ある選手の成長に驚かされます。その選手とは、登里享平。風間監督就任後に左サイドバックにコンバートされた登里は、風間監督就任後の1年間で、最も成長した選手の1人だと思います。元々レギュラーだった小宮山尊信が復帰しても、登里が引続きレギュラーとして出場しています。その事に不満を訴えるサポーターも、ほとんどいないと思います。

登里が左サイドバックに定着したことで、フロンターレの攻撃は劇的に改善されました。それは、登里が他の日本人のサイドバックとは違う攻撃面での特徴を持っている選手だったからです。

ボールを運ぶ技術に長けたサイドバック

登里が他のサイドバックと比べて特に優れていると思うのが、ボールを運ぶ技術です。特に、DFラインから攻撃を始める時にボールを運ぶ技術は、特筆すべきものがあります。ジュビロ磐田と試合で印象に残ったのは、登里が再三再四、相手がブロックを作っている守っているエリアにドリブルで侵入し、相手を引きつけてからパスを出していたプレーです。

相手がブロックを作って守っているエリアに、ドリブルで侵入していくには技術も必要ですが、勇気も必要です。特にサイドバックが簡単にボールを奪われると、相手にカウンター攻撃のチャンスを与えてしまいますので、サイドバックが自陣から長い距離をドリブルするという場面は、滅多に見られません。しかし、登里は相手のブロックの中に自ら飛び込む、というプレーを勇気を持って実践しています。しかも、高い確率で成功させているところが、素晴らしいです。

登里がボールを運ぶことで、相手の注意が登里に引きつけられます。相手の注意を引きつけることによって、他の選手がより有利な状況でボールを受けることが出来るのです。サイドバックのこうした動きは地味ですが、時間が進むとジャブのように効いてきて、相手の守備を崩すことが出来るのです。

ゲームメークもアタックもできるサイドバックに

現代のサイドバックには、守備をするだけでなく、ゲームメークが出来る能力も、アタッカーとしての能力も求められています。FCバルセロナのサッカーを見ていると、メッシやイニエスタやシャビといった選手に注目しがちですが、FCバルセロナがゲームをコントロールできたのは、ゲームメークも出来て、アタッカーとしての能力も持ち合わせ、守備もこなすことが出来るダニエウ・アウヴェスとエリック・アビダルというサイドバックがいたからです。

登里は元々サイドハーフだったこともあるので、攻撃面では現代のサイドバックに求められている能力を、十分に発揮することができています。守備面では、まだまだ相手に自分の背後のスペースを攻略されたり、ヘディングで相手に競り負けたりすることもありますが、経験を積めばこれらも改善されてくるはずです。

日本代表のサイドバックは海外組で占められており、国内でプレーする選手たちにはチャンスがないように思われますが、個人的には登里は、海外組に割って入る可能性がある選手だと思っています。Jリーグの終盤戦は、ぜひ登里享平のプレーに注目してみてください。

関連記事

ユベントスの「ボールを奪いにいかない守備」について考える
風間監督の姿勢から伝わる「ブレない」「批判から逃げない」「部下を信頼する」リーダーとしての覚悟
パスサッカーなんてサッカーはない。
今日の常識が明日の非常識。書評「風間塾」(風間八宏)
川崎フロンターレが人を入れ替えずに改革を行っているのがおもしろい

関連商品

 -