悔しさが人を育てる。書評「野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか」(野村克也)

野村監督といえば、野球界に最初に「考える」ことや「データ」の重要性を持ち込んだ人として、知られています。したがって、野村監督が「考える」ことについて語った書籍が、これまで多く出版されてきましたし、いくつかはベストセラーにもなりました。しかし、野村監督が「闘争心」や「野生」といった部分に言及した書籍を、僕は読んだことがありません。

野村監督が「野生」や「闘争心」について語る。面白いかもしれないと思い、手にとってみたのが、本書「野生の教育論――闘争心と教養をどう磨くか」です。

選手の将来性を見抜くポイント

野村監督は、選手が伸びるかどうか、すなわち将来性があるかどうかを判断する際に、意外な部分に注目していました。

選手の将来性当たって私は、
その選手が失敗した時、
すなわち三振したり、KOされたときに、
どんな表情でベンチに帰ってくるかという点に大いに着目していた。

なぜ、失敗した時の表情に注目していたのか。野村監督は、こう語っています。

照れ笑いなのかもしれないが、ヘラヘラと笑みを浮かべて帰ってくる選手。
これはまったく見込みがない。
そうではなく、悔しさを前面に押し出している選手。
すなわち「負けてたまるか」という闘争心、
「負けじ魂」を漲らせている選手は期待できる。
(中略)
「こんな悔しさはもう味わいたくない」
そう強く思えば、何がいけなかったのか。足りないのは何か。
次はどうすればいいのか、徹底的に考えるだろう。
それが、その選手の成長を促すのである。

悔しさを前面に押し出して、「負けてたまるか」という闘争心を漲らせているか。野村監督は、そこに、選手が伸びるかどうか、将来性があるかどうかを、見ていたのです。

「褒めて育てる」教育の落とし穴

野村監督は、自身が「データ」を重視したのは、才能のある選手に自分がどうやれば勝てるのかを考えた時、生き残るための手段として、「データ」を活用する事に、路を見出したからです。「負けてたまるか」という闘争心によってよびおこされた野生が、「なりふりかまわず、どんなことでもやる」という姿勢につながり、人とは違うことをやる勇気につながるのです。

野村監督はコーチに対しては、「技術を教えるのは一番最後でいい。最初から答えを教えるのではなく、まずは選手の問題意識が高まるようなアドバイスを」と言い続けていたのだそうです。問題意識が高まることで、自然と考えてものごとに取組むようになる。だから、野村監督は「叱って育てる」ことが重要だと考えていました。

近年、人は「褒めて育てる」ほうがよいと言われています。しかし、野村監督は「叱ることで悔しい気持ちによって問題意識が高まらなければ、人は変わらない」というのです。これは、僕自身の経験を振り返っても、そのとおりだと思います。恥をかきたくない、二度とこんな気持ちは味わいたくない。悔しい気持ちを味わうことは楽ではありませんが、痛みがなければ人は変わりません。本書を読んでいると、「褒めて育てる」という教育方針を安易に適用すると、成長を促すチャンスを指導者が摘み取る可能性もあるんじゃないかなどと、考えてしまいます。

なお、野村監督は「人を恐怖で煽るのは、最もレベルが低い教育法」という信念を持っている人でもありました。

野村監督によると、人を動かす方法には、「論理」「利害」「感情」という3つの方法があるのです。これらの方法を駆使して、選手の野生を引き出す。指導者というと、自分が持っている引き出しから、選手に必要な情報を「与える」ことが役割だと思ってしまいますが、本書を読んでいると、野村監督は膨大な知識と経験を駆使して、選手の力を「引き出す」技術を持っていた指導者なのだと感じました。フォロワーが多い理由も納得です。

本書に度々登場する、現役の選手たちに対する苦言が野村監督らしいですが、それがなければ、「指導者とは何か」「モチベーションを高めるということはどういうことか」、非常に分かりやすくまとまっている1冊です。

関連記事

「世紀の一戦」が教えてくれるプロ野球の魅力。書評「10・8 巨人VS.中日 史上最高の決戦」(鷲田 康)
天才の育て方-松坂大輔はどのように育てられたのか-
天才の育て方-イチローはどのように育てられたのか-

関連商品