nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

【noteで公開】2017年J1第8節 川崎フロンターレ対清水エスパルス レビュー「阿部がプレーで訴えていること」-あとがき-

   

この試合のプレビューに書きましたが、この試合に臨む前に川崎フロンターレはチームのアイデンティティとも言える、攻撃に課題をかかえていました。2012年に風間監督が就任後に、「止める」「受ける」「運ぶ」「外す」といったボールを扱うために必要な技術を徹底的に追求し、相手の守備の強度を上回る攻撃を披露し、相手の守備を上回って勝つという戦い方を追求してきました。

しかし、2017年に鬼木監督が就任後、チームはより勝つ確率を高めるために、攻撃だけでなく、いかに相手のボールを奪うか、いかに相手にゴールを決めさせないか、といった守備にも力を入れるようになりました。鹿島アントラーズのようなチームと比較して、簡単に失点してしまう点を改善して、より多くの試合で勝利したい。そう考えたのだと思います。

2017年シーズンがスタートして、鬼木監督の取組は成果を出しているように感じていましたが、シーズンが進むにつれて、問題が浮き彫りになります。攻撃に特徴があるチームなのに、得点が取れないのです。相手を押しこんで、これでもかと攻撃し続けるサッカーでサポーターを魅了し続けてきたチームが、攻撃で相手を上回る事が出来ない試合が続きました。攻撃で相手を上回れないため、守備をする機会が増え、結果的に失点も減らないという悪循環に陥りつつありました。弱点を強化しようとして、本来の強みを見失うということは、どんな組織でも起こりうる事で、どんな人でも起こりうる問題です。負傷者の続出、ACLのおかげで解決策に時間をかける事が出来ず、鬼木監督としては中々大変な時期を過ごしています。

前段が長くなりましたが、この試合は、川崎フロンターレとしてのアイデンティティでもある、攻撃で相手を上回って勝つことが出来るのか、そして起用された選手がどのようなプレーをするのか注目していました。

エースでキャプテンは辛い

今回レビューに書かなかった事を、ブログでは書こうと思います。それは、小林が第3節以降PK以外でゴールを挙げられていない点についてです。まあ、乱暴に言わせてもらえるなら、その理由は2016年シーズンまでは、小林以上に警戒される選手がいたので、小林はその恩恵を受けていたのですが、2017年シーズンからは、その役割を小林が担っているからです。

小林に足りない事があるとすれば、他の選手にゴールを取らせるプレーでしょうか。2016年シーズンまで在籍したある選手は、自分がゴールを奪うために、他の選手にゴールを取らせるプレーも積極的にこなしてみせました。他の選手がゴールを奪えば、次のプレーでは自分がフリーになる。そう考えていたからです。また、ある選手は、ゴールを奪うために、一見ゴールに遠い位置でボールを受けて、味方に渡すプレーもしていました。この動きは一見無駄に見えますが、猛スピードでゴール前に入ってきた時、相手DFが見えない位置から飛び込んでくるので、捕まえられません。技術だけでなく、駆け引きも交えてゴールを奪ってきました。

小林に足りないのは、一見ゴールを奪うには「無駄」と思うプレーです。ゴールに遠い位置でボールを受けて、ボールをキープして味方に渡すプレーは、小林は得意ではないのでやらなくてもいいと思います。ただ、今の小林はDFの目にみえる位置でボールを受けようとしすぎているように見えます。小林はDFの背中でボールを受けるのが上手い選手ですが、目に見えないところから動いてボールを受けるのが上手い選手なのに、目に見える場所から動いてボールを受けようとしているので、相手に捕まってしまっているように僕は感じます。

参考になりそうなFWとしては、スアレスの動きを挙げたいと思います。スアレスは相手に捕まらない動きが本当に上手いのですが、スアレスの凄い所は、一見関係ない場所にいるように思わせておいて、実は自分が活用したい場所を空けておいて、DFの警戒心がなくなったタイミングで走り込むプレーです。特にFCバルセロナに加入してからは、ボールがないところでの動きで勝負を決めてやろうと考えているように感じます。

小林は今年はエース1年目というだけでなく、キャプテン1年目という大変なシーズンを迎えています。まだまだシーズンは始まったばかり。今後はチームも小林に得点をとらせるために、色々と工夫するはずです。今後も楽しみにしています。

今回のレビューは以下のような内容について書いています。

  • 前半に相手の守備を崩せなかった理由
  • より攻撃に特化した後半。守りきるのではなく、攻めきりたかった。
  • エドゥアルドではなく、田坂を入れた理由
  • 僕が問題だと思った2つのプレー
  • 阿部は川崎フロンターレに足りない点が分かっている
  • ギリギリの戦いは続くが、最悪な状態は抜け出した

>>【noteで公開】2017年J1第8節 川崎フロンターレ対清水エスパルス レビュー「阿部がプレーで訴えていること」<<

 - , , ,