【noteで公開中】2017年J1第6節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 レビュー「今は我慢。」

2017年Jリーグ第6節、川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府は、1-1の引き分けでした。

この試合気になったのは、川崎フロンターレの選手たちの「止める」「外す」といった基本的なプレーの質が、以前に比べて落ちているように見えた事です。パススピードが遅くなっているようには見えませんでしたが、止める時にボールを浮かしたり、止めた後に次のプレーに時間がかかってしまうようなプレーが見られました。また、パスの受け手が動いた足元に正確にパスを出して、パスをつなげようとする場面で、受け手の動きが遅れたり、出し手の動きが遅れたり、パスが遅かったり、ボールが止められなかったり、といった場面がみられました。

鬼木監督が就任したから、今まで風間監督が突き詰めてきた「止める」「運ぶ」「外す」「受ける」といった技術に加えて、どうやって守るのかといった技術を身につけさせようと取り組んでいます。しかし、注力するポイントが変わった事で、今まで出来ていた事が出来なくなるということがあります。今の川崎フロンターレが、そんな状態になりつつあるのか、そして今後シーズンが進むにつれて、どうバランスをとるのか、気になるところです。

今節のレビューはnoteで公開しています。以下のようなテーマについて書いています。

  • ヴァンフォーレ甲府の守備に捕まる
  • 攻撃がレベルアップしていたヴァンフォーレ甲府
  • フォーメーションを変えて、マークをずらす
  • フィリップ・ラームのようなプレーをしている登里
  • 三好の力を発揮させるにはどうしたらよいか
  • 予想されていた4月の苦戦。今は我慢。

ぜひ以下のリンクをクリックして読んでみてください

>>2017年J1第6節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 レビュー「今は我慢。」<<