nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「1964年の東京オリンピック:「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか」-1964年に存在したオリンピックを開催する大義名分-

   

1964年の東京オリンピック

1964年の東京オリンピックを当時の文化人たちは、どう語ったのか。その事を知る書籍がありましたので、ご紹介したいと思います。

本書「1964年の東京オリンピック:「世紀の祭典」はいかに書かれ、語られたか」は、三島由紀夫、石川達三、大江健三郎、開高健、井上靖、瀬戸内晴美(現:寂照)、有吉佐和子、といった作家たちや、岡本太郎、亀倉雄策、市川崑といったクリエイターといった方々が、東京オリンピックについて語った文章を、1冊にまとめた書籍です。

三島由紀夫が心に抱いた高揚感

当時、東京オリンピックを開催するにあたって、多くの人々がかかえていた気持ちを代弁した文章を、三島由紀夫が書いています。

オリンピック反対論者の主張にも理はあるが、きょうの快晴の開会式を見て、私の感じた率直なところは「やっぱりこれをやってよかった。これをやらなかったら日本人は病気になる」ということだった。
(中略)
オリンピックという長年鬱積していた観念が、見事に開放された。式の終わりに私は日本人の胸からこうしてオリンピックという固定観念が、解き放たれ、飛び去り、何者かから癒やされたという感じがした。

この文章からは、オリンピックというイベントを開催することによって、戦後日本人がずっとかかえていた何かが解き放たれたのだということ、そして、解き放つためにはオリンピックというイベントが必要だったということが、よく分かります。

平和の象徴としてのオリンピック

また、本書には様々な作家、文化人のコメントから、異口同音に、「平和」という言葉が登場します。オリンピックというイベントが開催されるということは、日本の現状だけでなく、戦争に突き進んでいた日本が、一転して平和を目指す国家としての道を歩み始めていることを、海外に発信するのに、非常に大きな意味が会ったのだということが分かります。

大作家だからすごい文章を書いているわけじゃない

なお、本書を読んでみると、現在では大作家と呼ばれる人々も、オリンピックというイベントに良くも悪くも、振り回され、高揚感(反対派は不快感)を覚えていることが、よくわかります。そして、文章も読みなおしてみると、どこかかわいらしい感じがします。今だったら、そこら中にいるネットメディアのライターの方が、読み応えのある文章を書くんじゃないか。そんなことを感じました。

1964年の東京オリンピックには大義名分があった

本書を読んでみると、よくも悪くも、東京オリンピックには開催にあたって、「日本という国の現状を世界にアピールする」という大義名分があり、その大義名分に基いて、イベントが準備、進行されていったのだということが分かります。

僕自身、2020年に開催される東京オリンピックを考えるにあたって、1964年に開催された東京オリンピックの事を知らなければ分からないことがあると、考えていました。様々な書籍を読んでいると、今と同じく当時もオリンピック開催反対派は存在しました。スタジアムの改築に反対している人もいました。文化人の中にも、オリンピックに対して辛辣な意見を述べている人はいました。

ただ、1964年の東京オリンピックは、当時の日本にとって「開催しなければならない」オリンピックだったのかもしれないと、僕は感じています。戦争に敗れ、焼け野原になった東京が、日本が、驚異的なスピードで復興している事を示すために、また、日本人が敗戦によって失っていた自信のようなものがあるとするならば、失われたものを取り戻すためにも、オリンピックは必要なのだったと思います。

1964年当時、作家や文化人はどう考えていたのか。そして、東京オリンピックはどんなオリンピックだったのか。改めて知るには最適な1冊です。

おすすめ商品

 - , , ,