nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

日本のプロスポーツクラブも英語で指導する時代がやってくる?

   

少し前の記事ですが、Bリーグのアルバルク東京の伊藤拓摩ヘッドコーチが、興味深い事を語っていたので、紹介したいと思います。

――練習中は英語で指導されているそうですが、その理由は?
伊藤 いくつかあって、一つはベックコーチが英語でやっていたからです。通訳を挟むとどうしても言葉のニュアンスが変わってくるので、ダイレクトに伝わる英語を使っています。シンプルな英語だったら日本人もわかりますし、慣れの問題だけなので。それと自分としても、英語の方がやりやすいというのもありますね。日本語だと日本人は理解できますけど、外国籍選手は全く理解できないので(笑)
A東京を率いる青年指揮官、伊藤拓摩HCが掲げる理想は「どんな状況にも対応できるチーム」より

「英語のほうがやりやすい」というのは、アメリカでの生活が長い伊藤コーチらしいコメントですが、日本のプロスポーツクラブで、ヘッドコーチ(監督)が英語で指導しているというのは、とても珍しい事例だと思います。ただ、僕は伊藤ヘッドコーチのように、英語で指導する方が合理的だという考え方を選択する人が、今後増えるかもしれないと思ったのです。

英語を理解する指導者がいるメリット

日本で英語で指導するメリットとしては、外国籍選手に対して、ダイレクトに自分の考えを伝えられるということです。アルバルク東京にも通訳はいますが、英語が理解できる選手に対しては英語で伝えたほうが、よりダイレクトに意志を伝える事が出来ます。そして、指導者が英語が理解できれば、海外の文献や情報を理解する手助けになります。英語でプレゼンする機会も今後は増えてくると、僕は予想しています。

余談ですが、サンフレッチェ広島のGMを務めていた今西和男さんは、指導者に対して英語でプレゼンできるように、英会話のレッスンを受けさせていたそうです。先を見据え、ヨーロッパのクラブとのコネクションを独自に築き上げた今西さんらしい発想です。

何よりのメリットは、外国籍選手を獲得しやすくなるということです。僕は、今後のプロスポーツクラブは、より多国籍の人財が在籍出来るようにしたほうが、競争力が高まるのではないかと思います。指導者が日本語しか話せない、スタッフが日本語しか話せない。これだと、獲得出来る人財も限られます。流暢に喋れなくても、簡単な英語なら、日本人なら誰でも喋れますし、伊藤ヘッドコーチも、試合中はシンプルな英語しか使ってません。

アスリートにとって英語は必須

今後のアスリートや指導者は、外資系企業や楽天のようにとはいいませんが、簡単な英語は理解出来ないといけないのかもしれません。海外に移籍するためだけでなく、海外の最新情報を指導に活かす、そして、英語で指導する。身体を動かすスキルだけでなく、コミュニケーションスキルが高くないと、海外で活躍することは出来ません。僕は語学力がない(もしくは身につけようとしない)選手ほど、海外へのあこがれをもち、海外に行けば身につくと思っている気がします。ただ、英語の勉強は日本でも出来ますし、海外に行く予定がなくても、身につけておくべきスキルだと思うのです。

この文章を読んで、「そんなことあるわけないでしょ」という人の方が大半でしょうが、僕はどこかのクラブでやってくれないかと期待しています。そして、こんな事を書きながら、自分自身もちゃんと英語を勉強しなきゃいけないなと思う次第です。

おすすめ

 - , ,