nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年J1セカンドステージ第16節 浦和レッズ対川崎フロンターレ レビュー「FWがいない方がチャンスが増えた理由を考える」

   

川崎フロンターレ対浦和レッズ

2015年Jリーグセカンドステージ第16節、川崎フロンターレの対は浦和レッズは1対1の引き分けでした。

好プレーをみせた森谷と車屋

この試合のポイントとして、森谷、車屋、船山の3選手を挙げていました。3選手とも、最近出場機会を減らしていた選手たちです。この試合にかける思いは強かったと思います。

結果を出したのは、森谷です。同点に追いつくミドルシュートに至るまでにみせた、槙野をかわしたトラップ、インサイドキックの蹴り方で落ちる変化をつけたシュートには、森谷の技術の高さが凝縮されていました。

車屋も積極的なプレーをみせてくれました。ボールを持ったら常に前に運ぶプレーは、チームに活力を与えていました。セカンドステージに入ってから消極的なプレーが目立っていた車屋ですが、この試合は違いました。

残念だったのは、船山です。攻撃の時には、ボールを「受ける」動きが遅く、相手に何度もボールを奪われてしまいました。また、守備の時には、1人動きが遅く、何度も中村から守備のポジションを修正するように指示されていました。なんとかしたいという気持ちは感じられましたが、動きとして表現できず、45分での交代は致し方無いという気がしました。

MFだけになって「出して、受ける」動きが増える

この試合面白かったのは、後半20分以降の川崎フロンターレの攻撃です。後半20分に小林が負傷交代してから、川崎フロンターレにはFW登録の選手が誰もいなくなってしまいました。しかし、FW登録の選手がいなくなってからのほうが、川崎フロンターレのチャンスが増えました。

田坂が相手DFラインの背後を狙い、中野がDFラインとMFの間でボールを受け、中村はボランチとFWの間を自由に動く「フリーマン」として、攻撃の起点になります。この3人を起点に、エウシーニョや森谷がゴール前に走りこみ、何度もチャンスを作り出しました。また、FWの選手がいないことで、浦和レッズのDFが誰にマークにつけばよいのか、苦労していたようにも感じました(DFの選手を交代したことも要因だったと思います)。

FWがいないほうが攻撃が機能するのはなぜか。それは、「出して、受ける」動きの頻度が増えたからです。川崎フロンターレではFWにもMFと同じように、「出して、受ける」動きが求められますが、MFと同じように動くには、ボールを正確に止める技術と、味方にパスを出した後に止まらずに動き続けることが必要です。

杉本、アルトゥール・マイア、船山といったFWの選手は、ボールを止めるときに正確に止められずボールを浮かせてしまうため、次のプレーに移るのが遅くなることがあります。また、ボールをきちんと止められても、「出して、受ける」動きがMFの選手に比べて遅く、頻度も多くありません。

したがって、川崎フロンターレの場合、FWの選手が出場することで、かえって攻撃のテンポが遅くなり、攻撃が機能しなくなることがあります。小林も「出して、受ける」動きの質は高い選手ですが、この試合では怪我の影響もあって、本来の動きではありませんでした。

FWがいない方が攻撃が機能する。この事象は、川崎フロンターレのFWに求められていることのレベルの高さを物語っていますし、大久保の存在感と能力の高さを改めて実感しました。これだけ求められているレベルが高いのに、結果も残している大久保は本当にすごいです。

1週間後の天皇杯には、大久保が戻ってきます。コンディション十分の大久保がどのようなプレーをするのか。そして、この試合でよいプレーをした選手たちが、どんなプレーをするのか。注目したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,