2017年ACL準々決勝2nd leg 川崎フロンターレ対浦和レッズ プレビュー「最初から全力で」

2017/09/14

2017年ACL準々決勝2nd leg、川崎フロンターレの対戦相手は浦和レッズです。

想定される浦和レッズの戦い方

この試合のポイントは、「最初から全力で動けるか」です。

第1戦を3-1で勝ちましたが、浦和レッズは第1戦で1点取っているので、2-0で勝てば、同点であればアウェーゴールを取ったチームの勝ちというルールが適用され、浦和レッズが準々決勝に進出します。2-0というスコアは浦和レッズの実力を考えると、十分考えうるスコアです。

浦和レッズの戦い方として、想定されるのは2パターンあります。

1つ目は、開始早々から全力でボールを奪いにきて、ボールを奪ったら素早くゴールに迫ろうとする方法。そして、2つ目は、前半は失点無しで終え、後半は選手を交代して、失点のリスクを犯してでも攻めてくる。もし、前半のスコアが0-0だったら、後半10分くらいから、選手を代え、フォーメーションを代え、攻撃に比重をおいてくるはずです。

足を止めてしまうと相手の攻撃を受けてしまう。

川崎フロンターレとしては、相手が試合開始早々から全力で攻撃してくる事を想定し、普段以上に走れる状態で試合を迎えたいところです。

「パス交換で相手を動かす」事が目的になってしまうと、「受ける」「外す」動きが少なくなり、止まっている選手の足元にパスを出すだけになってしまい、相手の守備者に捕まってしまい、ボールを奪われ、いつの間にか相手が攻撃する時間が長くなってしまいます。ボクシングでも、「逃げ切れる」と思って動きを止めた後、相手のパンチを受けるようになって、結果的に負けてしまうという事があります。それと同じです。

相手の時間が長くなり、「いつもと違うな」と思って動き始めたら、選手毎に修正ポイントが違ったりすると、ますます歯車が狂い始め、結果的に修正が出来ずに試合を終えてしまう事があります。

まずは全力で入ること、その上で相手の戦い方に応じて、時間も考えながら、状況に応じて修正方法をあらかじめ決めておき、選手、スタッフとの間で共有しておくこと。これが大切だと思います。

鬼木監督は点差、時間帯、ボールを保持の有無などに応じて、ある程度ゲームプランと交代選手を決めて試合に臨むはずです。先週の横浜F・マリノス戦でエドゥワルドを入れて、1点を守りきる場合の戦い方をテストしていたのは、したたかだなぁと唸りました。準備は万端です。

今シーズンは選手同士で戦い方を調節するのも、早くて正確です。臨機応変に戦うチームの真価が問われそうな一戦で、どんな試合になるのか楽しみです。

おすすめ