2017年ACL準々決勝2nd leg 川崎フロンターレ対浦和レッズ レビュー「中村憲剛が味わう中年の悲哀」

2017年ACL準々決勝2nd leg、川崎フロンターレ対浦和レッズは4-1で浦和レッズが勝ち、2戦合計5-4で浦和レッズが準決勝進出を決めました。

敗因は「最初から全力で動けなかったこと」

この試合の敗因は、試合直後から全力で動けなかった事です。この試合のプレビューで「ポイントは、「最初から全力で動けるか」」と書きました。なぜこう書いたかというと、最近の川崎フロンターレの試合を観ているとスタメンがほぼ変わっていないので疲労や伝えられていない怪我を抱えている選手がいるだろうから、たぶん試合開始直後の動きは悪くなると思ったのです。したがって、いきなり浦和レッズが全力で挑んできたら相手の勢いに飲み込まれ、逆転される事もありうる。そう感じていましたが、その通りの試合展開になってしまいました。

この試合を通じて浦和レッズは素晴らしいプレーを披露しました。特に良かったのは守備です。

浦和レッズは川崎フロンターレのDFがボールを持ったら、素早く距離を詰め、ボールを奪いにきました。FWの興梠は特に守備が上手い選手なのですが、興梠は奈良を狙い、上手く谷口へのパスコースを消して、ボールを奪おうとします。普段なら、エドゥアルド・ネットがDFの位置まで下がって、数的優位の場面を作ってボールを運ぼうとするのですが、浦和レッズは川崎フロンターレにその余裕を与えませんでした。サイドのエウシーニョと車屋にパスをすると、ラファエル・シルバと高木が素早く距離をつめ、阿部浩之と家長には、森脇と槙野が素早く距離を詰めて、自由にプレーさせません。エドゥアルド・ネットと大島には、矢島と柏木がマーク。浦和レッズのフルスロットルの守備を、川崎フロンターレを足を止めてまともに受け止めてしまいました。

しかし、そんな浦和レッズのプレーを掻い潜ってプレー出来ていた選手が1人だけいました。それが中村です。浦和レッズは「4-3-3」というフォーメーションで守備をしているのですが、サイドの選手に対して人数をかけているので、中央を守る青木、阿部、マウリシオの周囲にはスペースが空いていました。中村は空いているポジションでボールを受け、相手が前に出た瞬間を狙って背後にパスを出し、エウシーニョの先制点を演出してみせました。先制点を奪うまで上手くプレーが出来ていなかった川崎フロンターレで、中村は1人だけ違いを作り出しているようにみえました。

機能しなかった守備

浦和レッズペースで試合が進んだ要因としては、川崎フロンターレの守備が上手く機能しなかったからです。特に浦和レッズの阿部、マウリシオ、青木の3人が中央でボールを持った時の守備が機能しません。阿部とマウリシオと青木は、川崎フロンターレの中村と小林を囲むように立ち、3対2の局面を形成します。3人のパス交換でボールを前方に運ぶと、大島とエドゥアルド・ネットが対応しなければならないので、矢島か柏木がフリーになってしまいます。どちらかがフリーになったら、正確にパスを出し、さらに相手ゴール方向にボールを運ぶ。この繰り返しで、川崎フロンターレのDFは後退を余儀なくされました。

川崎フロンターレの守備が上手く機能しなかった要因は、小林と大島の守備です。中村は青木のパスコースを消そうとしていると感じましたが、小林はただ立っているだけで、青木の位置を確認したり、意識しているようには見せませんでした。最近、小林は中央のFWで起用されていますが、中央のFWで起用されるようになってから、守備で必要な事をやらなくなっています。そして、小林がサイドのMFで起用されなくなった要因は、守備だと思います。むしろ、出場時間が限られているので、中村の方が最近はきちんと守備をしています。元々守備が下手な選手ではありませんでしたが、攻撃に力を溜めておきたいという心理が働くのか、守備がルーズだった時がありました。しかし、最近の中村は本当によい守備をします。

怪我をかかえていると言われていた、大島のコンディションが悪かったことも誤算でした。浦和レッズの左サイドからボールを運ばれると、大島が対応しなければならないのですが、動きが重く、普段よりもアクションが遅れてしまいます。大島のアクションがアクションが遅いため、家長のアクションも遅れ、エウシーニョのアクションも遅れます。矢島のパスから興梠がゴールを決めたシーンは、川崎フロンターレの守備の問題がそのまま失点につながったと言えるシーンでした。

そして、車屋の退場がさらに川崎フロンターレを苦しくさせてしまいます。交代させたのは、最もよい動きをしていた中村です。退場者が出た時に交代出場させるとき、中央のMFを代えるというのはよくやります。小林はキャプテン、家長はドリブルでボールを運べる事を考えると残したい、阿部の守備力は外せない。大島のコンディションとも天秤にかけて、中村を選んだとだと思います。ただ、これが勝負の分かれ目でした。

勝敗を分けた選手交代

選手が動けていないで後手に回っている試合こそ、解決策を豊富にもっている選手がフィールド内で指針を示す必要があります。川崎フロンターレでそれが出来るのは、中村だけです。たしかに、この試合までは中村は後半20分前後で交代させていました。近年運動量が少なくなり、アクションの数が少なくなっていた中村に対して、出場時間を限定することで、中村の力を引き出そうとしていた鬼木監督の采配は、これまでは上手く機能していました。しかし、この試合は勝っている試合でもありませんし、相手は勢いに任せて得点を奪おうと攻め込んでくる試合で、必要なのは試合展開を読んで、周りにどのようにプレーすればよいか、プレーと声とアクションで表現出来る選手でした。中村を下げたことで、川崎フロンターレは指針を示す選手を失ってしまいました。

そして、浦和レッズペースを加速させたのが、63分の浦和レッズの選手交代と65分の川崎フロンターレの選手交代です。浦和レッズはマウリシオに代わってズラタンを入れ、フォーメーションを3-6-1に変更します。試合開始からは4-3-3というフォーメーションでしたが、ペトロビッチ監督時代に慣れ親しんだフォーメーションに変更したことで、攻撃時は「3-2-5」というフォーメーションになり、DF4人で守っていた川崎フロンターレは、全体の数的不利だけでなく、DF対FWという局面でも数的不利をかかえなければならなくなってしまいました。

そして、川崎フロンターレは65分に怪我をかかえている大島に代わって、エドゥアルドを入れます。エドゥアルドを入れてDFを5人にするのかと思ったら、採用したフォーメーションは4-4-1のまま。谷口が大島のポジションに移動します。これがさらに混乱に拍車をかけました。谷口はMFで起用されると、どうしても中央のスペースを空けて前に出てしまう癖があります。DFとMFの間のスペースを空けてしまう事があるのですが、この試合でもその癖が出てしまいました。また、DF4人対FW5人という数的不利は変わらないので、サイドにボールを運ばれたら、数的不利のまま対応しなければならない時間が続き、川崎フロンターレはただただ耐えるだけになってしまい、失点は時間の問題となってしまいました。

エドゥアルドを入れるならDF5人にしてしまった方が良いと思いますし、大島の代わりに森谷を入れて、柏木や矢島に対応してもらうという方法もあったと思います。鬼木監督はこれまで上手く選手交代を実行していた監督だったのですが、この試合は起こっていた問題に対して、適切な選択が出来ていませんでした。公にされていませんが、選手のコンディションが悪かったのではないかと想像しますし、実は選択肢も限られていたのかもしれません。裏側はともかく、この選手交代によって川崎フロンターレは更に苦しい戦いを強いられる事になってしまいました。4-1にされた後、川崎フロンターレに反撃する力は残っていませんでした。

浦和レッズが素晴らしいパフォーマンスを披露したということを差し引いても、この試合の敗戦はダメージが残ると思います。何より大きいのは、中村憲剛がチームでどのように扱われているか、前半途中の選手交代で相手チームにも、サポーターにも伝わってしまった事だと思います。

中村が味わう中年の悲哀

中村は第20節以降の試合で途中交代が続いています。今までは90分起用されて、チームの中心として勝敗を担っていた選手が、今シーズンは交代の1番目として退くことがありました。僕が中村なら、チームの方針は分かっていても、受け入れられるものじゃありません。顔は納得していても、心は納得しているとは思えません。自分はまだまだ出来る。なぜ代えるのだ。そう思わなければ、プロではありません。ただ、中村が耐えているのは、タイトルが何が何でも欲しいからです。自分の不満は横において、タイトルが取れるならそれでも構わない。そう思っているから、表面上は受け入れているように見えますが、心中穏やかではないと思います。そして、こうも思ったはずです。

「こういう試合こそ、俺の出番だろ」と。

「世の中の人は中年には辛い」と語ったのはプロ野球死亡遊戯さんですが、僕もそう思います。結果を残して当たり前。自分で仕事はコントロール出来て当たり前。仕事が出来なかったら「なぜ出来ないんだ」と責められ、周りからの協力も得にくく、後輩からはディスられる立場になったのに、後輩の教育も任され、厳しくしたら後輩に「あの人何言ってるかわかんないっす」とか言われるし、身体も20代のようにすぐに回復してくれるわけではありません。仕事の責任は重くなり、家族を支える責任も重くなり、給料は上がりにくくなり、世間からの風当たりは冷たい。そんな中年の悲哀を、中村は2017年シーズンになって、一気に味わっています。

2017年シーズン開幕前に、僕は「川崎フロンターレは37歳になった中村憲剛とどう向き合うのか」と書きました。この試合を観終えて、2017年シーズンは僕が開幕前に書いたことが現実になりつつある。そんな事を感じました。5月頃に負傷者が続出した頃は、回復したら順位が上がってくるだろうと思ったので、僕は試練とは感じてませんでした。ただ、この敗戦は2017年シーズン最大のピンチだと思います。比較的順調にシーズンを過ごしていたチームが、どのように対応するのか。僕は中村に期待しています。まだまだ、川崎フロンターレは彼のチームだからです。

おすすめ