nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年Jリーグチャンピオンシップ準決勝 浦和レッズ対ガンバ大阪 レビュー

   

浦和レッズ対ガンバ大阪

2015年Jリーグチャンピオンシップ準決勝、浦和レッズ対ガンバ大阪は3-1でガンバ大阪が勝ちました。普段は川崎フロンターレ以外のチームのレビューは書かないようにしているのですが、川崎フロンターレの試合がないので、特別にレビューを書きたいと思います。

アウェーチームとしての戦い方を徹底したガンバ大阪

ガンバ大阪の勝因は、アウェーチームとしての鉄則を、守りぬいたことです。浦和レッズの攻撃を受け止め、サイドは崩されても、中央で食い止める。中央を崩されても、GKのファインセーブでしのぐ。そして、相手が攻めてきたところを、パトリックと米倉を起点としたカウンターで仕留める。この作戦をチームとして徹底出来たことが、勝利につながったと思います。特に、GKの東口は再三のファインセーブで、失点を1失点に食い止めました。マン・オブ・ザ・マッチにふさわしい活躍だったと思います。

長谷川監督の選手起用も、守備を優先しているように感じました。天皇杯の川崎フロンターレ戦同様に、右サイドバックには米倉ではなく、守備力の高いオ・ジェソクを起用。浦和レッズが得意とする左サイドからの攻撃を防ごうとします。攻撃に全く絡めなかった宇佐美を交代させ、守備でも攻撃でもチームに貢献出来る倉田を投入します。

そして、浦和レッズが関根を左サイドに配置して、左サイドから攻めようという意図を読み取り、米倉を投入して、相手の左サイドからの攻撃を防ごうとしました。そして、延長に入ってから、ボールを奪う力がある井手口を投入します。3点目のパトリックのゴールは、井手口の守備が相手のファウルを誘い、生まれたゴールでした。まずは守備。守備を固め、相手のミスを誘い、着実に得点につなげる。そんな意図が徹底されていました。

90分で試合を決められなかった浦和レッズ

浦和レッズの敗因は、90分で勝負を決められなかった事だと思います。ペトロビッチ監督は、3人目の交代を後半30分で使い切りました。この交代策からは、90分で試合を決めようという意志が感じられました。後半ロスタイムに武藤がヘディングシュートを決めていれば、ペトロビッチ監督の采配は賞賛されていたと思います。

浦和レッズのサッカーは、守備の時と攻撃の時にフォーメーションを変更し、相手のマークをずらして、得点を奪おうとするサッカーです。しかし、浦和レッズのサッカーはサイドに配置されている選手に、運動量が要求されます。90分動き続けるのも大変なのですから、120分動き続けるのは、簡単ではありません。

実際、延長戦前半に関根が足をつって、動けなくなってしまいます。そして、延長戦後半には槙野と森脇も足をつってしまいます。いずれも、サイドでプレーする選手たちです。普段は足がつらない槙野は、身体の強いパトリックと競り合い続け、身体にダメージが蓄積されていたことも大きかったと思います。森脇は怪我からの復帰戦で、コンディションが十分ではありませんでした。そして、関根は膝の怪我をかかえていました。そして、藤春のゴールは動けなくなった関根と槙野が守る左サイドを崩されて生まれたゴールでした。

浦和レッズは、チームとして、コンディションが万全ではなかったのかもしれません。そう考えると、ペトロビッチ監督が90分で試合を決めたかった理由は理解出来ます。ただ、浦和レッズが90分で勝負を決めようと戦ってくることは、ガンバ大阪に読まれていた気がしてなりません。いずれにせよ、ガンバ大阪の方が勝者にふさわしい戦いをした試合だったと思います。

中3日の第1戦でガンバ大阪はどう戦うのか

延長戦で勝利したガンバ大阪ですが、チャンピオンシップ決勝は中3日。コンディションが万全でない状態で戦うことになると予想されます。したがって、この試合同様に守備を固めて戦うことが予想されます。チャンピオンシップは120分で戦う試合です。アウェーゴールが適用されるチャンピオンシップでは、ホームゲームでは慎重に、アウェーゲームでは大胆に戦う事が求められます。

この試合を観て、サンフレッチェ広島がどう戦うのか。チャンピオンシップ決勝第1戦の戦い方に、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,