柏レイソルはどう対応してくるのか。2014年J1第18節 柏レイソル対川崎フロンターレ プレビュー

2014年J1第18節、川崎フロンターレの対戦相手は柏レイソル。

風間監督就任後、柏レイソルのホームで川崎フロンターレは2連敗中です。一昨年は、楠神がペナルティエリアで明らかに後ろから倒されたにもかかわらずPKを取ってもらえないなど、審判の判定に泣かされて、0-1で敗戦。風間監督が試合後のスカパーのインタビューを一言で終わらせた試合としても、記憶に残っています。風間監督が審判の判定に文句を言ったのは、今のところあの試合が最初で最後だと思います。

昨年は、1-4で敗戦。まだチームとしての形が固まっておらず、柏レイソルにチームの完成度の差を見せつけられました。

だからこそ、今年川崎フロンターレがタイトルを取るのであれば、アウェーの柏レイソル戦は、必ず乗り越えたい試合です。

柏レイソルの対策にどう対応するのか

柏レイソルは、相手の戦い方を消すのがうまいチームです。前回の対戦では、川崎フロンターレの特徴であるセンターバックとボランチとのパス交換を止めようとしてきました。詳しくは前回のレビュー記事を参考にして頂きたいのですが、今回もセンターバックとボランチのパス交換を消しにくるはずです。

しかし、今回は前回と状況が違います。1つ目は、センターバックに谷口がいるので、センターバックからのパスの精度が以前より高まっているということ。2つ目は、前回欠場した大島僚太がいるので、前回よりはボールがスムーズに繋がるはずです。特に1週間空いたので、コンディションも高まっています。簡単に柏レイソルの策にはまることはないと思います。

前回の対戦を踏まえて、川崎フロンターレが柏レイソルの対策にどう対応するのか注目です。

柏レイソルはどう立て直してくるのか

個人的には、柏レイソルがこの試合にむけて、どう立てなおしてきたのかにも注目したいと思います。

柏レイソルは、この2試合で8失点と失点が増えています。広島戦と清水戦を録画で観直してみたのですが、個人的には3点問題があると感じました。

1点目は、中盤の守備です。特に清水戦にみられたのですが、両サイドの選手がサイドに開きすぎていて、選手間の距離が遠く、ボランチの大谷の両脇に大きなスペースが空いていました。清水戦では、そのスペースを上手く使われ、DFのミスも重なり、3失点を喫しました。

2点目は、ゴール前の守備です。柏は守備時は5-4-1というフォーメーションに変化します。DFが5人もいるので、人が足りていないということがないのですが、人がいるが故に、相手の選手をマーク見れてないように感じました。

攻撃もレアンドロ・ドミンゲスが抜けた影響からか、サイドからクロスを送るだけの攻めしか出来ていません。川崎フロンターレでは、「ペナルティエリアの3辺を攻略する」という考えを持って、中央と両サイドを攻略することを意識して攻撃を仕掛けていますが、現在の柏レイソルは中央からの攻撃がほとんどありません。

サイドからクロスを上げて、DFにクリアされ、カウンターを受けて、失点。もしくは、攻撃が手詰まりになって、DFがパスミスを犯して、失点。攻撃のパターンの不足が、守備の負担を増やし、失点の増加につながっていると、僕は感じました。

しかし、ネルシーニョはこういう問題を見過ごす監督ではありません。現実的な最善策を考え、対策を選手に授け、実行出来る監督です。ネルシーニョという監督は、こういう連敗中のチームを立て直すのがうまい監督です。ネルシーニョがこの試合にむけてどう修正しようとしたのか。この試合は、その点に注目して観てみると、面白いと思います。

ちなみに、僕が監督なら、攻撃は半ば捨てて、守備を固めて勝ち点1を奪いにいきます。中村と大島にはマンマークをつけてもいいと思います。

関連記事

カウンターを仕掛けろ。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 プレビュー
苦手なチームに勝ってこそ本当に強いチーム。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ プレビュー
どちらのチームが自分の特徴を発揮できるか。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ プレビュー

関連商品