柏レイソルの術中にはまる。2014年J1第18節 柏レイソル対川崎フロンターレ レビュー

2014年J1第18節、柏レイソル対川崎フロンターレは、4-1で川崎フロンターレの勝利。リーグ戦の連勝は4でストップしました。

柏レイソルの川崎フロンターレ対策

この試合のポイントは、相手の良さを消すのが上手い柏レイソルがとった川崎フロンターレ対策です。

まずは、守備です。柏レイソルは直近の2試合で、中盤とゴール前の守備それぞれに課題が見受けられました。しかし、この試合ではきちんと修正し、なおかつ川崎フロンターレの攻撃に対する対策をきちんと施してきました。

前回同様、川崎フロンターレのDFがボールを持った時、レアンドロをセンターバックの間に立たせ、センターバック間のボール回しをさせないようにし、サイドバックには工藤と高山の2人が厳しく守備をします。中村と大島の2人には、大谷と栗澤の2人がトラップした瞬間を狙って、食いつきすぎず、離れすぎず、絶妙の距離感で守備をしていました。この試合では、栗澤が先発に起用されましたが、栗澤を起用したこと、ボランチを2人にしたことで、前節問題になっていた、ウイングバックとボランチとの間のスペースもなくなっていました。

前回の対戦と違っていたのは、DFの高さです。5人のDFラインの位置取りが高く、川崎フロンターレのボランチから出てくる縦パスに素早く体を寄せ、何度もボールを奪うことに成功していました。特に、増嶋は小林から何本もボールを奪ってみせ、この試合のMan Of The Matchと言える活躍でした。こうして、川崎フロンターレが得意とする中央の攻撃をさせなかったことが、柏レイソルが優位に試合を運んだ要因の1つです。

攻撃では、前節とやり方に大きな変化はありませんでしたが、やることが徹底されていました。

ボールを奪ったら、素早くウイングバックの橋本と藤田にボールを展開し、クロスボールをDFラインの間にあげる。これを徹底していました。川崎フロンターレは、ウイングバックに誰が守備をするのか曖昧になり、サイドでの攻防で後手に回ってしまいます。普段だったらサイドバックがマークにつくのですが、この試合ではサイドハーフがマークにつく場面が目立ちました。特に、右サイドは小宮山と森谷のマークの受け渡しが曖昧で、何度もクロスを上げられてしまいました。

川崎フロンターレにとって痛かったのは、サイドを大きく使った攻撃を仕掛けられたことで、選手間の距離が広げられてしまったことです。ボールを奪っても、味方にボールを繋ぐことが出来ず、再びボールを奪われるという場面が目立ちました。こういう場合は、サイドを変えたり、15mほどのパスを使って、相手のプレッシャーを受けていない選手にボールを繋ぎ、カウンターを仕掛けられなくても、自分たちの距離感に戻して、戦い直すことが重要なのですが、柏レイソルのプレッシャーが強かったこともあり、それも出来ませんでした。

打開策を打てなかった川崎フロンターレ

川崎フロンターレとして、打つべき手がなかった試合かというと、個人的には、そうでもなかったと思います。

まず、川崎フロンターレのDFがボールを持った時ですが、前回対戦時の同様に、レアンドロ、工藤、高山(前回は田中)の位置取りに対して、センターバックの間にボランチが位置取り、数的優位を確保し、パス回しを円滑にするという方法もありました。しかし、中村と大島の2人はそれはやりませんでした。

また、中村と大島からの縦パスが狙われているのは、この2人ぐらいの実力だと試合中にわかったはずです。実は、柏レイソルのセンターバック3人は、縦パスに対する意識が高いため、GKとDFラインの間に大きなスペースがありました。また、両サイドのウイングバックの位置が、センターバック3人のラインの高さと揃っていない時が何度かありました。

センターバックの背後のスペースは、FWの2人が狙うと相手に捕まってしまいますが、サイドハーフの金久保や森谷が斜めに動いて、ボールを受けることも出来たはずです。このスペースを上手くついて、相手のDFラインを下げさせ、自分たちがボールを保持する時間を長くし、相手の守備を剥がしていく戦い方もあったと思います。しかし、サイドハーフが相手に走らされているため、空いているスペースをつくことが出来ませんでした。

大久保が下がって、ボランチとセンターバックの間でもっとボールを受けても良かったと思いますが、この日の大久保はあまり下がってきませんでした。コンディションがよくない時の大久保は、ボールをあまり受けに来ないので、この日は調子が良くなかったのだと思います。ボールを失う場面も目立ちました。

しかし、チームは4連勝中。自分たちのやり方に自信もあったのだと思います。特にやり方を変えなくても、相手を崩せる。そう判断したのだと思います。個人的には、柏レイソルのプレッシャーはそこまで早くなかったので、普段より時間をかけて攻撃すれば、崩せた相手だと思います。ただ、技術が上がっているので、多少狭いエリアでも縦パスを出せると判断してしまい、つい柏レイソルが狙っているところに縦パスを出してしまったのだと思います。技術が上がり、見えるポイントが増えたことが、逆に悪い影響を与えていたのかもしれません。

いくつか理由を挙げましたが、結果的にやり方を変えなかったことで、柏レイソルの狙いにはまってしまいました。3得点差ついてから、稲本を投入しましたが、レナトより早く稲本を投入するという方法もあったと思いますが、實藤の負傷交代によって、交代枠を早く使っていたことも、試合展開を変えられなかったことに、微妙に影響しました。

連勝すること、連敗しないこと

川崎フロンターレにとって、次節浦和レッズ戦に向けて、課題の残るゲームとなってしまいました。浦和レッズは、当然この試合を観て、川崎フロンターレ対策を立ててくるはずです。浦和レッズも柏レイソル同様に3バック。同じように戦ったら、やられてしまいます。

柏レイソルは、3得点差をつけて快勝しましたが、まだチーム状態が上向いたとは言い切れないと思います。特に攻撃について、相手のボールを奪ってカウンターを仕掛ける時は良い攻撃ができていましたが、自分たちがボールを回して攻撃を仕掛けた時は、横に横にパスをするだけで、なかなか相手の守備を崩すことが出来ず、簡単にボールを奪われる場面もみられました。この試合はカウンターが上手くいきましたが、次節の横浜F・マリノス戦でも同じように攻撃が機能するかというと、疑問が残ります。

まだリーグ戦は、折り返し地点を過ぎたところです。
連勝が止まったチームは連敗しないこと、連敗が止まったチームは連勝することが、上位にいくためには重要です。

そう考えると、両チームが次節どのような戦いをするのか、注目したいと思います。

関連記事

タイトルを取る権利をもったチームになった。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 レビュー
パウリーニョ交代起用の意図と失敗した理由。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー
右サイドバックに小宮山が起用された理由。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ レビュー

関連商品