nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

柏レイソルが仕掛ける罠をいかにかいくぐれるか。そして田坂祐介に注目。2015年J1セカンドステージ第3節 柏レイソル対川崎フロンターレ プレビュー

   

2015年Jリーグセカンドステージ第3節、川崎フロンターレの対戦相手は柏レイソルです。川崎フロンターレにとっては、2戦連続のアウェーゲームです。

前回の対戦で柏レイソルが仕掛けた罠

この試合で注目したいのは、前回1-4で敗れた時に柏レイソルが仕掛けた罠に対して、どのように対応するかです。

前回の対戦では、柏レイソルが仕掛けてきた罠にハマってしまいました。川崎フロンターレと対戦するチームは、ボランチの2人に対して、マンマーク気味に厳しくマークしてきます。柏レイソルの場合は、大谷、栗澤、小林といったボールを奪う能力が高い選手がマークしてくるので、なかなかボランチが前を向いてプレーすることが出来ませんでした。

さらに、センターバックの2人がボールを持った時、サイドバックへのパスコースを上手く切られてしまい、ボランチしかパスが出せないように仕向けられてしまいました。仕方なくボランチにボールを出して、ボールを奪われるという事を繰り返してしまいました。

さらに、守備の時には、アンカーの茨田を誰がマークするのか、最後まではっきりしませんでした。茨田に中村がついたら、中村が空けたスペースを武富に使われ、何度もチャンスを作られてしまいました。

柏レイソル対策として起用される森谷

その対策として期待されるのが、先発起用が予想される森谷です。森谷を起用することで、中央に中村、大島、森谷と中央でボールを受けるのが上手い選手が3人並ぶことになります。この3人で柏レイソルのマークを外し、大久保を下げることなく、ボールを運ぼうというのが狙いです。

また、森谷には前回の対戦ではっきりしなかった、アンカーのマークという役割が求められます。アンカーにマークをつけることで、攻撃の起点をつぶすことが出来れば、川崎フロンターレが優位に試合をすすめる時間が長くなるはずです。

ただ、森谷を中盤に起用するため、谷口をDFで起用することになってしまいます。個人的には、センターバック、ボランチの選手の組み合わせを試合によって調整するのは、好きではありません。

特に、今の川崎フロンターレは、谷口のポジション=ボールの奪いどころになっているので、谷口をDFで起用するということは、必然的にボールを奪う起点が下がることを意味します。このジレンマが試合にどう影響するかも、注目したいと思います。

田坂だからこそ出来る事

そして、個人的に注目しているのが、田坂祐介です。

レナトの電撃移籍が話題になりましたが、3年前の今頃、ボーフムに電撃移籍したのが、田坂でした。田坂のように、サイドでも中央でもボールを受けることが出来て、ボールを扱う技術に優れた選手は当時いなかったので、川崎フロンターレにとっては、凄く痛手でした。

レナトが電撃移籍でいなくなったからこそ、僕は田坂に期待しています。田坂はレナトのように、ドリブルで局面を打開する力がある選手ではありません。しかし、ボールを扱う技術と、的確な判断、そしてドイツで培った球際の強さは、川崎フロンターレの力になってくれるはずです。

そして、この試合では田坂が上手く中央でボールを受けてくれれば、中央の3人の負担を軽減するだけでなく、エウシーニョの攻め上がりを効果的に使うことも出来るはずです。だいぶコンディションも上がっていると思いますし、2試合連続で途中出場しているのは、風間監督が期待している証拠です。

柏レイソルは、川崎フロンターレのことをしっかり研究してくると思いますが、唯一データが不足していると思われるのが、田坂です。田坂のプレーに、この試合は注目です。

おすすめ商品

 - , , ,