nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「頭の中のミス」が続けばサッカーにならない。2015年J1セカンドステージ第3節 柏レイソル対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年Jリーグセカンドステージ第3節、川崎フロンターレの対は柏レイソルでは0-1で柏レイソルが勝ちました。

勝敗を分けた前半の戦い方

この試合は、前半の戦い方が全てでした。柏レイソルは予想通り、前回と同じ川崎フロンターレ対策を実行してきました。

工藤が車屋と谷口の間に立ち、出来るだけ車屋にボールを持たせるように仕向けます。クリスティアーノと武富はセンターバックとサイドバックの間に立ち、横パスのコースを塞ぎます。そして、大島、中村、森谷の3人にはほぼマンマークで人がつきます。試合開始当初は、大島に誰がつくかはっきりしていませんでしたが、小林が大島をマークさせることで、解決させます。

川崎フロンターレは、柏レイソルの対策がわかっていながら、まんまとハマってしまいました。序盤は、大島のマークがはっきりしなかったこと、田坂が上手く中盤をサポートしてボールを受けてくれたおかげでチャンスが作れたのですが、大島を小林がマークするようになり、車屋がボールを持たされ始めてから、徐々に柏レイソルの守備につかまるようになってしまいました。

川崎フロンターレの中で、車屋と大島の2人は、パスの距離が短く、近くの選手にボールを預けてしまう傾向があります。車屋がドリブルでボールを運んで、相手を引きつけてからパスをしたり、大島が近くではなく、サイドバックやサイドハーフの選手へのパスを出していれば、柏レイソルの選手たちは走らされるので、時間が経つにつれて、マークがずれたはずです。

後半に井川が工藤に隠れない位置で受けてくれるようになったため、パスが回るようになりました。工藤に対して、3人でボール回しをした結果、両サイドの武富とクリスティアーノのマークを外し、谷口と車屋がボールを運べるようになりました。特に、谷口のマークが外れたことで、後半にボールが回せるようになりました。しかし、中村がインタビューで語っていたように、後ろで回す数は変わっていないので、頭の中の問題だと思います。

大島に求めるべき役割とは

個人的には、柏レイソルが実行してくる対策は、わかりきっていたことなので、対策のしようはあったと思います。昨年も、今年も、ほぼ同じことをやってきます。同じ対策をされて、同じようにやられるというのは、選手より監督の問題のような気がします。準備した結果が、大島のアンカー、森谷、田坂、杉本の起用だったのだと思いますが、大島のアンカーはあまり効果がありませんでした。

気になったのは、大島のプレーです。相手が寄せてきても、自信をもってボールを持ち、運んでいくのが大島の持ち味ですが、この試合ではほとんど良さが出ませんでした。復帰してから4試合に出場していますが、良い時のパフォーマンスには戻っていません。柏レイソル戦のような試合でこそ、大島の技術を発揮して欲しかったのですが、特に前半は、ミスを繰り返し、ミスを引きずり、横パスや後方へのパスを繰り返してしまいました。

アンカーのポジションは、攻守両面で味方に指示を出し、ポジションを動かし、試合を組み立てていくことが求められます。しかし、大島は、味方を動かすプレーが得意ではありません。正直、アンカーとしての適性に疑問が残る選手を起用した監督の意図がわからないのですが、ゴールに近いポジションではなく、ボランチとして出場し続けたいのなら、大島はもっと味方を動かして、試合を組み立てていくことが求められます。

イニエスタは、味方を動かすのが上手くないので、スペイン代表ではゴールに近いポジションで出場しています。U-22のメンバーを見ていると、大島よりボールを扱う技術に優れた選手はいませんが、大島より周りを使ってプレーしたり、ボールを奪う技術に長けた選手はいます。マークにつかれた自分より若い小林にボールを奪われたり、アシストをされているようでは、U-22のポジションも危ういと思います。

ただ、大島のプレーを見ていると、色んな事を要求されて、頭の中が整理出来ずにプレーしているような印象を受けます。大島の役割を整理し、もっとゴールに近いポジションでプレーさせてあげれば、大島本来のプレーがもっと見れるんじゃないかと思います。

「頭の中のミス」が少ない田坂

この試合、川崎フロンターレにとって数少ない収穫は、田坂のプレーです。前半は右サイド、後半は左サイドでプレーしましたが、ミスも少なく、チームを落ち着かせるようなプレーを披露してくれました。

また、ボールを受けるタイミング、パスをつけるタイミング、自分で仕掛けるタイミングといった、判断にミスがありません。大島や車屋が「頭の中のミス」を連発して、攻撃のテンポを上げることが出来なかった中で、田坂の判断のよさは際立ちました。チームに再加入して日は浅いですが、既にチームの戦い方になじんでいるように思えます。

この試合のプレーを見ていると、当面レナトの代役は田坂になりそうです。田坂を獲得していなければ、レナトが移籍した時、もっと苦労したんじゃないか。この試合、そんな印象を持ちました。周囲がもっと田坂を活かすことが出来れば、もっと良いプレーをしてくれるはずです。今後も期待したいと思います。

3試合を終えて、1勝1分1敗はファーストステージと同じスタートです。初戦に快勝し、2戦目に引き分け、3戦目に相手の戦い方にハマって敗れる。ここも同じです。次の清水エスパルス戦まで1週間空きますので、コンディションも整うので、よいプレーが出来るはずです。選手の奮起に期待したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,