nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第4節 柏レイソル対川崎フロンターレ レビュー「攻撃すべきポイントをピッチ上で見つける方法」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第4節、川崎フロンターレ対柏レイソルは、1-2で柏レイソルが勝ちました。

攻撃すべきポイントが見つけられない

この試合の敗因は、相手の守備を崩しきれず、自分たちのミスが増えてしまった事です。風間監督が記者会見で「チャレンジとミスというは全く違うものだというのを今日の試合で学んでほしい」と語っていましたが、この試合は「ミス」が目立ちました。特に相手を仕留めにいきたい後半にミスが目立ちました。

ミスが増えた要因としては、攻撃の時に「攻撃すべきポイント」がなかなか見つけられなかったからだと思います。柏レイソルは守備の時はペナルティエリアの横幅で、DF4人、MF4人がならび、中央に空いているスペースがありませんでした。その分、ボールがあるサイドとは逆サイドの選手は、空いている傾向がありました。

風間監督はよく「サイドは常に空いている場所」と表現します。常に空いているし、ゴールから遠い場所なので、最優先で狙う場所ではありませんが、サイドにボールを運べば相手を動かせるので、結果的に中央のスペースを空けることが出来ます。しかし、前半の川崎フロンターレは、相手が待ち構えている中央のスペースに正直にパスを出し、相手にボールを奪われたり、受けられてもボールを下げて攻撃をやり直す場面が見られました。これでは、相手の守備を崩すことは出来ません。

また、柏レイソルはFWとDFの距離を短く保っていましたが、DFとGKの間にはスペースがありました。DFラインの背後を狙ってパスを出して、相手のDFラインを下げさせるという手もありましたが、前半の川崎フロンターレは、それもやりませんでした。パスの出し手も、受け手も、相手の守備を崩すためのポイントが見つけられなかったからです。

ピッチ上で攻撃すべきポイントを見つける方法

テレビで観ていると、「サイドが空いている」「DFラインの背後にスペースがある」ということは分かります。しかし、相手がボールを奪いにくるなかで、相手の守備が空いている場所をピッチ内で見つけるのは、簡単ではありません。でも、中村のように、いとも簡単に見つけてしまう選手もいます。では、どうやって見つけるのでしょうか。

前提として覚えておきたいのは、「ボールから遠い場所は空いている」という事です。ボールがないサイド、ゴールからボールが遠い場所にある時は、DFラインとGKの間は空いています。相手の守備を崩すとき、人を崩すのが前提ですが、空いている場所を把握しておくことで、攻撃が詰まった時、「空いている場所に逃げる」ことが出来ます。逃げることで、ミスを減らすことが出来ます。これは、受け手も出し手も共通で覚えておく必要があります。

前提を踏まえた上で、見極めたいのは、相手の守備がどの場所を守ろうとしているかです。中央を守ろうとしている場合は、中央のエリアに人が集中しています。特定の人に対するマークを優先している場合は、マーク対象が動いたら、場所よりも動いた人への対処を優先しようとします。こうした相手の動き、そして相手が「どこを見ているか」を見極め、相手の狙いを感じる事です。

目線を動かし、逆をとる

相手の守備を疲れさせたり、動かすために大切なのは、相手の目線を動かす事です。そのためには、ボールを動かすテンポ、距離、場所を変えなければならないので、ボールと同時に、受ける人も動かなければなりません。風間監督が「出して受けてを繰り返す」とハーフタイムに何度も何度も語っているのは、そうしないと相手の守備を動かすことが出来ないからです。

中村が視野が広いと言われるのは、空いている場所と崩すべきポイントを見つけるのが人より早く、常にその事を頭の中に入れてプレーできるからです。だから、わざと身体の向きと逆方向にパスを出すことがありますが、これは崩すべきポイントや空いているポイントに出してチャンスを作るために、相手の狙いから外そうとしているからです。こうした中村のプレーのことを「チャレンジ」といいます。

こうした工夫がエドゥアルド・ネットや原川には全くありません。身体の向きとパスを出す方向、トラップからキックまでが全て同じなので、相手は簡単に対応できてしまいます。ましてや、キックの動作に入ってから蹴るまでの時間が長いので、余計に相手に読まれてしまうのです。

こうした、どうやったら攻撃を崩せるかという工夫は、教えられるものだと思います。ただ、「いつ」「どこで」「どうやって」実行するかは、選手の判断にかかっています。まだまだ、中村と他の選手では、こうしたプレーの判断の質に差があると感じた試合でした。

ナビスコカップは敗れてしまいましたが、次は中3日で浦和レッズ戦。接戦になると思います。どんな試合になるか楽しみです。

おすすめ

 - , , , ,