nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「変えることが難しいことを変える。 」(岩渕 健輔)-後編:「どう勝つか」を追求し、変えることが難しいことを変える-

   

変えることが難しいことを変える。

2015年ラグビーワールドカップで、ラグビー日本代表は史上初の同大会3勝をおさめました。エディー・ジョーンズヘッドコーチの手腕や、五郎丸、リーチ・マイケルといった選手たちが注目される中、陰で日本ラグビーの躍進を支えた人がいます。それは、岩渕健輔GMです。

エディー・ジョーンズヘッドコーチを招聘し、強化体制を整え、強豪国とのマッチメイクを実現し、選手のメンタリティーを変えた岩渕GMの取り組みがなければ、日本ラグビーの躍進はありえませんでした。

岩渕さんは、日本ラグビーをいかに変えたのか。本書「変えることが難しいことを変える」は、岩渕さんがGM就任後に行った取り組みを中心に、何をどのように変えていったのかをまとめた1冊です。岩渕さんは、自らが変えたことを、7つに分けて紹介しています。

  1. 目標を変える
  2. メンタリティーを変える
  3. 現実との距離を変える〜日本ラグビーが抱いてきた神話〜
  4. ラグビーのイメージを変える
  5. 日本の方向性を変える〜エディー・ジョーンズが目指す攻撃的ラグビー〜
  6. 日本代表のアイデンティティーを変える
  7. 未来を変える〜すべては2021年のために〜

興味深かったのは、「変えることが難しいことを変える」ための、考え方と手法です。そこで、2回に分けて、岩渕さんがいかに、変えることが難しいことを変えたかを紹介します。後編は、「どう勝つか」を追求し日本の武器を真に発揮するための条件を考える、です。

勝つための「攻撃的ラグビー」

エディー・ジョーンズがラグビー日本代表で実現させようとしたラグビーは、攻撃的ラグビーです。そのコンセプトは、「自陣からでもボールを回し、100メートルを走りきって勝つ」というものです。なぜこのようなラグビーを目指すのか。それは、日本の選手たちが世界で対峙するのは、体格で上回っている相手だからです。序盤から常に先手を取って揺さぶりをかけ続け、相手の体力が消耗した後半に勝負をかけなければ、勝つことは出来ません。

また、体格で上回っている相手に、少ない得点を守り切って試合に勝てるほど、日本の守備は堅くありません。したがって、試合に勝つには、自分たちがボールを保持する時間を長くし、攻撃の時間を増やすことで、守備の時間を減らすラグビーを貫くことが、試合に勝つための最善の策なのではないか。エディー・ジョーンズはそう考えました。攻撃的ラグビーを目指したのは、決して理想を追求したのではなく、あくまで勝つために最善の道を追求した上で導き出した結論なのです。

強みを発揮するために身体を鍛える

ただ、攻撃的なラグビーを実現し、相手に勝つには、いくつかの条件をクリアする必要があると、岩渕さんは語っています。

まずは、選手たちが世界トップクラスの運動能力を持っている事です。ラグビーでボールを繋ぎ続けるには、何十回、何百回となく本来の位置に素早く戻って陣形を組み直し、自分たちの「型」に持ち込んでいくフィットネス(スタミナ)とスピードが不可欠です。もちろん、筋力も必要です。スクラムやモールで相手の圧力に耐える力がなければ、フィットネスやスピードを活かすことなど出来ません。実際の試合では、組織が機能しなくなる時間帯が必ず生まれます。厳しい練習でスタミナ、スピード、筋力を上げきっても、ミスは必ず起こる。日本が対戦する相手は、そのくらいレベルの高い相手なのです。

今まで、日本ラグビーはボールの扱いやパスのつなぎ方に長けていると言われていました。したがって、フィットネス、スピード、筋力のアップは二の次。ボール扱いやパスのつなぎ方といった「小技」で世界と勝負しようとしていました。しかし、エディー・ジョーンズが就任する前のラグビー日本代表は、こうした「小技」の強みを発揮する前に、相手の圧力に敗れてきました。強みを発揮する以前の問題でした。

FCバルセロナのサッカーを支える「身体の強さ」

よく、日本のサッカーは「FCバルセロナのサッカーを目指すべきではないか」という言葉を聞きます。たしかに、身長の低いシャビ、イニエスタ、メッシといった選手たちが活躍するFCバルセロナのサッカーは、「柔よく剛を制す」をサッカーの世界で実現しています。

しかし、白鳥が水面下で水を懸命にかくように、FCバルセロナのサッカーは絶え間なくポジションを修正するスタミナ、相手を交わす一瞬のスピード、そしてコンタクトプレーに勝つための低い姿勢を維持する筋力に支えられています。メッシ、イニエスタ、シャビの技術を語る人はたくさんいますが、彼らの腰回りの太さや背中の分厚さに言及する人はほとんどいません。

「心技体」ではなく「体技心」

日本のスポーツに携わる人には、「柔よく剛を制す」ではありませんが、技術が体力に勝るという考えを持っている人が多いと感じます。しかし、プロゴルファーの青木功さんが、常々「心技体」ではなく、「体技心」であると語っていたように、技術や心を支えるのは身体です。技を発揮するために、身体を鍛える。日本のスポーツに欠けている考え方に、ラグビー日本代表は「どう勝つか」を徹底的に追求する過程で気がつきました。ここは、どんなスポーツにも応用できる考え方だと思うのです。

日本のスポーツは今後どう進むべきか。どんな考え方をするべきか。本書は非常に示唆にとんだ内容がたくさん書かれています。多くの人に読んで欲しい1冊です。

おすすめ

 - ,