nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第8節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ プレビュー「攻撃のクオリティ追求に終わりはない」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第8節、川崎フロンターレの対戦相手はサガン鳥栖です。

押しこむ技術と崩す技術は違う

この試合のポイントは、2016年シーズンを通じて言い続けている、攻撃の問題に対してどうチームが解決しようと取り組んでいるかです。川崎フロンターレは、2016年シーズンを通じて、「攻撃のクオリティが低い」という問題を抱えていました。パススピードが上がり、相手を外す動きの質が高まった結果、相手陣内までボールを運び、相手を押し込むことは難しくなくなりました。しかし、押しこんだ相手を崩すのは簡単ではありません。相手を押し込んでいるので、守備者同士の距離が短く、ボールを扱うスペースも、時間もありません。正確に、丁寧に、プレーし、相手の守備を崩すために、今までより質の高い、正確な技術が求められるようになりました。

しかし、相手が押し込めるからといって、相手の守備を崩す技術があるかというと、そんな事はありません。攻撃の問題が分かりやすく現れているのが、中央を崩す時の攻撃です。セカンドステージは、大塚がスタメンで起用されていました。大塚の良い所は、スペースがないところでも、正確にプレー出来る技術と、ボールを受ける動きです。しかし、ボールを受ける動きが出来ても、相手の守備を「崩す」動きの頻度が少ないため、ゴール方向を向いてプレーをすることが少ないため、せっかく相手の守備の間でパスを受けて、相手の守備を崩すためのきっかけを作れたのに、崩すためのアクションを起こさないので、結局守備が崩れない。したがって、中央から崩せずにサイドから崩す回数が増えることになりました。

小林がゴールを量産する反面、ストレスを溜める大久保

サイドから相手の守備を崩そうとすると、ペナルティエリアの横から中央に向けて、パスを送る必要があります。しかし、川崎フロンターレには背が高い選手がいません。大久保はクロスにあわせるのが上手い選手ですが、必ずパスの出し手から遠い方で待っています。パスをきっちり合わせるのは簡単ではありません。そして、相手チームも大久保が待っている場所と、ボールを受けたいタイミングは知っていますので、大久保にピンポイントであわせるのは、難しくなっています。そして、皮肉なことに、大久保へのマークがきつくなるほど、小林がフリーになり、ゴールを量産出来るようになります。そうすると、チームメイトも今まで大久保を最優先で探していたのですが、小林を探すようになります。

大久保としては、中央でパスを受けてのミドルシュート、サイドからのパスにあわせるシュートという、ゴールパターンを持っていますので、そのパターンに持ち込めば、ゴールを奪える。そういう自信がありますし、技術も持ち合わせています。ところが、中央で待っていてもパスがこないし、サイドからのパスも他の選手にあわせられてしまう。そして、自分が思うようにプレー出来ていないのに、チームは勝ち続けている。フラストレーションを溜め込むのも理解出来ます。

メンバーも入れ替え、相手を崩す攻撃を突き詰める

風間監督も、この問題を放っておこうとは思っていません。この試合は、大塚と橋本に代って、長谷川と森谷の先発が予想されています。長谷川はボールを扱う技術に優れ、狭いスペースでもボールを受けて、前を向いてプレー出来る選手です。そして、前を向くだけでなく、相手を崩すためのドリブルや動きも出来る選手です。森谷は、「出して、受ける」という川崎フロンターレのサッカーの基本中の基本の動きを、高いレベルで繰り返し出来る選手です。サイドでプレーしていても、タイミングよくボールを受けて、中央のエリアを崩すために必要な動きが出来る選手です。大塚と橋本が特別悪いプレーをしていたわけではありませんが、風間監督はメンバーを入れ替えることで、問題を解決しようとしています。

サガン鳥栖は、Jリーグでは珍しく、チームで連動した守備が出来るチームです。しかし、ボールを動かし、相手を崩すために「パスを出して、受ける」動きを繰り返せば、どんなチームでも守備に必要な動きが止まってきます。相手の守備の隙を見逃さず、相手の守備が何人いても関係ないかのように、崩すことが出来るのか。それが、この試合のポイントです。

一見、得点も奪えているし、失点も少ない。チームは15試合負けなし。なんの問題もないじゃないかと思われがちですが、そんな事はありません。小さな問題を幾つも抱えながら、チームは前に進み続けています。勝ち続けているから、問題が表に出ていないだけです。負傷者も多く、スタメンも入れ替えているため、簡単な試合にはならないと思います。どんな試合になるか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,