nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第8節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー「上手く負けられた試合」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第8節、サガン鳥栖対川崎フロンターレは、0-1でサガン鳥栖が勝ちました。

サガン鳥栖の戦い方に対応出来ず

この試合の敗因は、サガン鳥栖の戦い方に、対応できなかった事です。

サガン鳥栖は、徹底的にロングパスを使った攻撃を仕掛けてきました。ゴールキックの時、センターバックに短いパスをつないで、戻してもらってロングパス。このパスで何度もチャンスを作り続けました。

センターバックにパスをつないだのは、川崎フロンターレの守備のポジションをずらすためです。センターバックからボールを奪おうと、ポジションがずれたら、すかさずロングパス。もし、センターバックに対してボールを奪おうとしなければ、そのままセンターバックから攻撃を始める。なかなかしたたかでした。

そして、ロングパスは徹底して谷口と武岡を狙います。この2人がロングパスに弱いから、狙ったのではありません。本当の狙いは、井川とエウシーニョ、そして中村でした。角度のついたパスに対して、マークを人に任せがちな選手たちに、ヘディングで競り合った後のパスを反応させる事で、少ないチャンスを活かそうとしたのです。

川崎フロンターレは、サガン鳥栖の攻撃に対応しようとした事で、選手間の距離が広げられてしまい、普段通りのパス交換が出来ませんでした。パスをつなごうとしても、選手間の距離が遠く、どうしてもパスの距離が長くなってしまい、縦方向のパスが読まれやすくなってしまい、ミスが続きました。

攻撃のクオリティを問う以前の問題

この試合は、攻撃のクオリティに注目していましたが、ここまでミスが多いと、クオリティの有無を検証する事は出来ません。サガン鳥栖はFWのパスコースの切り方も上手かったですが、どうしようもなく上手い、という程ではありませんでした。

ただ、せっかく縦パスが通っても、大久保、橋本、長谷川は正確にパスを止める事が出来ず、攻撃をスピードアップさせる事が出来ませんでした。また、大塚がスタメンから外れたため、攻撃の時にボールを受けてくれる人がおらず、DFがボールを持っても、誰にもパスが出せないという状況が何度もありました。

選手間の距離を修正しつつ、ボールを保持し、相手を押し込んでから、普段通りの攻撃をすれば良いと思ったのですが、攻撃のスピードを上げたり、勝負を仕掛けるのが早すぎました。

言って聞かないから、やって聞かせる

最近、大久保が早く自分にパスを出して欲しい、自分の近くでプレーする選手が増えて欲しいと、要求していました。長谷川と橋本の起用は、大久保の要求に応えるための、風間監督なりのテストだったのかもしれません。

しかし、橋本や長谷川は、大久保の要求に応えようとするあまり、目の前で起こっている問題に応じてプレーするという、当たり前の事が出来ませんでした。
結論を言うと、「テスト」は失敗だったという事です。

大久保の要求を聞いて、試合で試してみた。でも、上手くいかなかった。大久保も上手くいかなかった。プロも結果が全てです。大久保も納得せざるを得ません。

風間監督は、大久保が言っても聞かないから、やって聞かせようとしたのかもしれません。こうしたエースと監督の駆け引きは、どこにでもある事です。お互いプロなので、自分の考えが正しい。そう思っているはずです。会社でもある事です。

ちなみに、長谷川が橋本の後に代わったのは、デビュー戦の選手を、45分で代えたら、この後起用出来なくなると考えただけだと思います。このあたりの選手起用に対する配慮は、風間監督は流石です。

上手く負けた試合

サガン鳥栖戦で選手を入れ替えたのは、浦和レッズ戦で入れ替えるより、リスクが低いと判断したからだと思います。この試合がダメでも、浦和レッズ戦で修正出来ればよい。風間監督には、そんな考えもあったのではないかと想像します。負けてもいい試合なんてありませんが、負け方は選べます。

エドゥアルドの怪我、三好の退場と色々あった試合ですが、チョンソンリョンが敗戦のショックを最小限にしてくれました。良いところが何もないと言える試合を0-1で終えられたところに、今シーズンのチームの強さを感じましたし、「上手く負けられた」。そんな気がします。

大切なのは、この敗戦を意味ある負けにすることです。次は、浦和レッズ戦。大一番です。どうチームを修正するか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,