nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第5節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー「プロの試合に消化試合なんてない」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第5節、川崎フロンターレ対サガン鳥栖は1-1の引き分けでした。この試合に引き分けたため、数字上可能性は残りましたが、ナビスコカップの予選リーグ突破は厳しくなってしまいました。

もったいなかった前半の戦い方

この試合のポイントは、前半のプレーだったと思います。前半16分に先制し、その後も川崎フロンターレがボールを保持する時間が続きました。ボールを保持出来ている時間に、チャンスを作り続ければよかったのですが、相手の守備を崩せず、ボールをDFとボランチで回している時間が続きました。この時間の使い方が、とてももったいなかったと思います。

サガン鳥栖は川崎フロンターレのDFがボールを持ってきた時、積極的にボールを奪いにくるのではなく、選手同士の距離を保ちつつ、中央のエリアを攻略されないように守っていました。川崎フロンターレは、中央のエリアを攻撃したいのですが、パスを受けられる選手がなかなか見つかりません。したがって、ボールは保持しているものの、センターバックと橋本の3人でボールを回すだけになってしまいました。たまに、三好がボールを受けられた時はチャンスが作れるのですが、三好も前半の途中から右サイドに移ったことも、中央のエリアを攻撃出来なかった要因だと思います。

スペースが無いときにボールを受ける方法は、ボールを受けるときに素早く動いて相手のマークを外すこと、そして速いパスを正確に足元につけることが必要です。速いパスを正確に足元につける技術は、橋本、森谷、谷口、エドゥアルドといった選手はもっています。ただ、この試合FWを務めていた狩野や長谷川は、ボールを受けたい時に素早く動かないので、味方としてはパスを出すタイミングが分からず、なかなか中央にパスをつけられません。

「動かない」と言われているメッシだって、ボールを受けたい時は、本当に一瞬ですが素早く動いて、「今出せ」というサインを動きで表現します。受け手の動きに合わせてパスを出し、パスの出し手が動いて、場所を変えてパスを受ける。この繰り返しで川崎フロンターレは相手の攻撃を崩していくのですが、受け手がサインを出さないので、パスのだしようがない。そんな時間が続いたため、せっかくボールが保持出来ているのに、相手の守備を崩せない。実にもったいない前半だったと思います。

橋本のプレーは悪くなかった

この試合注目していた橋本は、本来パスを出して、受けてを繰り返せる選手です。橋本は時にFWの位置まで上がってパスを受け、相手の守備を崩すようなプレーも出来る選手です。ただ、FWの位置まで上がってパスを受けるには、他の選手が受ける動きを繰り返し、橋本が動くための場所を空けたり、橋本からの縦方向のパスを受ける選手がいなければなりません。したがって、この試合は、味方の動きが少く、なかなか橋本のよさが活きる場面がありませんでした。

サテライトリーグの試合を観た時は、エドゥアルド・ネットとボランチを組んでいました。エドゥアルド・ネットがDFからのボールを受けてくれるので、橋本はFWとエドゥアルド・ネットの中間でボールを受けたり、相手DFラインの背後でボールを受けるような動きも披露していましたが、この試合は同じような動きを得意とする森谷と組んだので、やりずらかったように感じました。ただ、僕はそこまで悪いプレーをしていたとは思いませんでした。アルビレックス新潟戦のスタメンが森谷になるのか、橋本になるのかはわかりませんが、僕は橋本の可能性もあると、この試合を観ていて感じました。

試合で試したからこそ、分かることがある

この試合でナビスコカップの敗退は(ほぼ)決まってしまいましたが、風間監督はこういう試合だからこそ、色々見極めたいことがあるんだろうなと、試合を観ていて感じました。三好、長谷川、中野といった選手がどういうプレーをするのか。エドゥアルド・ネットが試合途中から入ってチームの流れを変えるプレーが出来るのか、1トップで小林がプレーした時にどんなプレーをするのか、田坂のコンディションはどの程度なのか、などなど。幾つものチェックポイントを試合に持ち込み、見定めたいと考えている気がしました。

選手の力は、練習試合や日々の練習で分かっていると思いますが、持っている力が実際にどこまで発揮されるかは、試合で起用してみなければ分かりません。そういう意味では、5月25日(水)のベガルタ仙台戦では、今後の戦い方を見据えて、今まで起用していない選手、戦い方を試してくるかもしれません。もしかしたら、この試合でベンチ入りした板倉の起用もあるかもしれません。そして、一見あまり注目されない試合でトライしていたことが、シーズンの終盤に活かされたり、活躍した選手がチームの力になってくれます。そして、こういう試合で何が出来たか、何が出来なかったか見極め、チーム力を上げてきたのが、風間監督就任後の川崎フロンターレです。

プロサッカーの試合に消化試合なんてありません。どんな試合にも観るべき視点があります。今のチームの力を見極めるのには、非常に有意義な試合だったと思います。この試合で得たことは、中2日のアルビレックス新潟戦でというより、もっと先に活きてくる。そんな気がしています。

おすすめ

 - , , , ,