SAJ2017-スポーツアナリティクスジャパン2017-を開催します。

昨日イベントページを公開したのですが、今年も「SAJ2017-スポーツアナリティクスジャパン2017-」を開催します。今年の開催日は、2017年12月2日(土)。なんと、Jリーグ最終節の日です。日程が重なっていたため、川崎フロンターレのリーグ優勝がかかっていたら観れないかもしれないのですが、今年は12月2日に開催します。

昨年は「BEYOND 2020」と2020年以降の未来を見据えてイベントを企画しましたが、今年のイベントのテーマは「THE GAMECHANGER」。パフォーマンス向上、ファンエンゲージメント、マーケティングとスポーツ産業のあらゆる局面でその存在感を示しつつあるアナリティクスは、日本における現存のスポーツ産業の仕組みを抜本的に変革する「GAMECHANGER」として何が出来るのかを考える場所に出来ればと考えております。

イベントページ公開に伴い、お知らせしたSAJ2017の見どころは3点あります。

セッション数が増えます!

1点目は、セッション数の増加です。

昨年は2つの場所に分けて開催していたセッションですが、今年はセッション数を増やし、3つの場所に分けて開催する予定です。セッション数が増えるので、企画も大変だし、セッションスケジュールの調整が大変です。SAJ2017では基調講演として、MLBに革命をもたらしたフラッグシップメディア「MLB Advanced Media」のCTO(チーフ・テクノロジー・オフィサー)として、スポーツ史上初となるモバイル端末での試合ライブストリーミング、インスタントプレーの拡充や革新的なトラッキングシステム「STATCAST」の開発など数々のイノベーションを仕掛けてきたJoe Inzerillo氏に講演頂く事になりました。僕も楽しみです。

なお、僕もSAJ2017では少しだけセッションの企画に参加しております。僕からは「ファンエンゲージメント」に関する企画を提案しております。僕なりに最近のスポーツに関して感じている事があり、セッションを企画させて頂きました。具体的に決まったら、お知らせします。

「スポーツアナリティクス甲子園」でSAPの分析ソフトが使えます。

2点目は、今年で3年目を迎えた学生によるスポーツデータ分析コンペティション『スポーツアナリティクス甲子園』です。

今回はJリーグを対象に、観客動員数の予測と集客施策の提案を行って頂きます。なお、今回はSAPジャパンのご協力により、世界初となる商用機械学習エンジンを搭載した機械学習・予測分析システム「SAP Predictive Analytics」が参加者にコンテスト期間中インストールしたPCが無償で貸与されます。ビジネスの現場で実際に使われているソフトウェア(しかも簡単には使えない)を使い、施策提案を行うというのは、スポーツビジネスの現場でなかなか出来ていない事でもあり、スポーツビジネスの現場で働きたいと考える学生にとっては、素晴らしいチャンスになると思います。

A.L.E.14とのプレイベントの開催を開催します

3点目は、A.L.E.14とのプレイベントの開催です。

A.L.E.14(エイル・フォーティーン)は、「スポーツを語る、をエンタテインメントに。スポーツを語る、を日本の文化に。」をモットーにスポーツを語る”言葉”を探求するライブイベントです。モデレーターは中西哲生さんが務めています。今回、SAJ2017の開催前日の12月1日(金)に、A.L.E.14のご協力の元、プレイベントを開催することになりました。詳細が決まったらお知らせします。

スポーツの可能性を広げる場所になって欲しい

SAJ2017に関わるスタッフに、専業のスタッフはいません。相変わらず、関係者の方々が日々の仕事の合間をぬって、手弁当で運営・企画しているイベントです。イベントの規模は年々大きくなり、参加者の方々に頂く金額も少なくはありませんが、その分、参加頂く方々に満足してもらい、スポーツアナリティクスの未来を考えるよいきっかけになればと考え、運営されています。僕は少しだけ関っているだけなので、事務局や実行委員として関っている方々の熱意には頭が下がります。

スポーツが好きで、スポーツアナリティクスをきっかけに、スポーツの可能性がもっと広がって欲しい。そんな考えを持つ人々が集まり、SAJ2017が運営されています。今後、更新があれば随時お知らせします。ぜひ、興味がある方がいらっしゃったら、参加頂けると嬉しいです。

SAJ2017-スポーツアナリティクスジャパン2017-

おすすめ