勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方

2017/12/08

1週間後の12月2日(土)に、日本スポーツアナリスト協会が主催する、スポーツアナリティクスのカンファレンス「スポーツアナリティクスジャパン2017(以下、SAJ2017)」が開催されます。

今年は実行委員として、セッションの企画、当日のレポートの作成、Web更新のサポート、そして当日スタッフが切る予定のTシャツのデザイナーへの依頼といった業務を担当させて頂いております。ちなみにTシャツは、NewsPicksでデザインを担当している星野さんにデザインしていただきました。かっこいいデザインに仕上がっているので、当日来る方はぜひお楽しみに。

僕が企画させて頂いたセッションのタイトルは、「勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方」というタイトルのセッションです。

登壇者は、2016年まで川崎フロンターレで数々のプロモーションを仕掛け、現在は東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 イノベーション推進室エンゲージメント企画部長として活躍されている天野春果さん、現在は富士通株式会社に企業スポーツ推進室所属しながら、同社アメリカンフットボール部「富士通フロンティアーズ」のマネージャー業務を中心に、同社スポーツ活動全般への支援、地域・社会貢献活動など、幅広い業務で活躍されている柏原竜二さんです。モデレーターは、博報堂DYメディアパートナーズ メディア・コンテンツビジネスセンター コミュニケーションプロデューサーの森永真弓さんにお願いしました。

天野さんに依頼するのは実は2回目

天野さんに登壇を依頼するのは、実は昨年に続いて2回目です。昨年は川崎フロンターレのイベントと重なっていたので登壇頂けなかったのですが、登壇していたら、ライゾマティクスの齋藤精一さん、ギズモード・ジャパン編集長(現・ライフハッカー編集長)の松葉信彦さんとのセッションになってたはずで、全く収集がつかないセッションになっていたはずです。

ちなみに、天野さんに僕のブログの事は全く話していないし、話にも出ないので、たぶん知らない気がします。

自分で考えた言葉を口に出来る柏原さん

柏原さんは、先日参加した「あしたのコミュニティーラボ」が主催するイベント「人が集まりたくなるこれからのスポーツのヒント」でお話された内容を聞いて、後日SAJ2017の登壇について相談させて頂き、実現することになりました。柏原さんは、人から聞いたり、本で読んだり、Webで知ったといった、「借り物の言葉」ではなく、自分で考えた言葉を口に出来る方なので、天野さんと話をしてくださったら、面白いと思ったのです。

天野さんと森永さんの意外な共通点

モデレーターの森永さんは、NHK BS1で放送されているマニアックな野球番組「球辞苑」に出演されている、データスタジアムの金沢さんからご紹介頂きました。スポーツだけでなく、データ分析、アニメ、エンターテイメントと分野にも造詣が深く、デジタルを活かしたコミュニケーションプランに長年携わっている方なので、金沢さんから「今回のモデレーターに最適なのでは?」とご紹介頂いたのがきっかけでした。

森永さんには事前打ち合わせにも同席頂いているのですが、毎回森永さんの豊富な知識と、経験から培った的確なアドバイスには唸らされます。天野さんにとっても森永さんの話は新鮮な話が多いようで、森永さんの話をメモをとって聞いています。ちなみに、森永さんによると、森永さんと天野さんは、1998年の長野オリンピックで同じ場所でボランティアをやっていたそうです。ただ、天野さんは「一緒にやっていたかなぁ…。思い出せないんだよなぁ」と言ってましたが。

このセッションを企画した理由

僕は、SAJ2017というイベントで「勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方」というセッションを行うこと、アナリストじゃない人が出ることについて、他のメンバーから異論が出るのではと思っていたのですが、全く出ませんでしたし、MLBAM/BAMTECH Mediaのセッションの裏であることがもったいないという声も頂きました。

「勝ち負けだけじゃない、スポーツの楽しみ方」というテーマは、僕がブログでスポーツについて書く時のテーマでもあります。競技の勝敗以外にも、スポーツを楽しむ方法があるのではないか。僕のブログを書く動機でもあり、試合のレビュー・プレビューを書く時に、読んでくださる方に最も伝えたい事でもあります。SAJ2017で自分がセッションを企画するなら、改めてこのテーマを問い直すようなセッションを企画したい。そう考えて、企画させてもらいました。

SAJ2017のチケット代は、決して安い金額ではありません。だからこそ、金額に見合った価値が提供出来るようような、セッションを企画しております。ぜひ、足を運んで頂けたら嬉しいです。

>>SAJ2017のお申込みはこちら<<

おすすめ