nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第1節 サンフレッチェ広島対川崎フロンターレ プレビュー「「どう守るのか」を突きつめ「どう勝つのか」を求められるシーズンの始まり」

   

2016年Jリーグファーストステージ第1節、川崎フロンターレの対戦相手はサンフレッチェ広島です。今日からJリーグ2016年シーズンが始まります。

サンフレッチェ広島相手だと3-4-3で戦っていた理由

この試合で注目している点は、川崎フロンターレの守備です。

この試合、川崎フロンターレは4-4-2のフォーメーションで戦うことが予想されています。「フォーメーションにはこだわらない」と常々風間監督は語っていますが、サンフレッチェ広島と浦和レッズと戦う時は、3-4-3のフォーメーションで戦うことがありました。だから、この試合は3-4-3を採用するのかと思っていたので、個人的には凄く意外に感じています。

サンフレッチェ広島は、守備の時は5-4-1、攻撃の時は4-1-5とフォーメーションを変えて戦います。攻撃の時に4-1-5に変化させることのメリットは、MFに1人しか選手がいないので、相手チームにとっては数的有利な状況になります。しかし、FWは5人いるため、4-4-2で守っているチームからすると、1人余っている状況を作られてしまいます。

サンフレッチェ広島は、千葉と森崎和幸と青山の3人でボールを回しながら相手の守備をかいくぐり、余っている選手にボールを預け、上手くボールを相手陣地まで運んできます。川崎フロンターレはこの「相手が余っている状態」を作らせると、守備から攻撃に移る時、相手に崩された状態から自分たちの形に移る時間が必要になってしまい、攻撃もスムーズに出来ないという事象がみられてしまうため、相手にあわせて攻撃の時は3-4-3、守備の時は5-4-1で戦っていました。

サイドに余っている選手を「捨てろ」

しかし、4-4-2のフォーメーションを採用するということは、「相手にあわせなくても、自分たちのペースで守備や攻撃が出来る」という自信が風間監督にあるのだと思いますし、DF4人での守備の強度が高まっているのだと判断したのだと思います。2015年シーズン、ガンバ大阪、FC東京といったチームは、サンフレッチェ広島や浦和レッズに対して、4-4-2のフォーメーションで戦いました。両チームともDF4人、MF4人の幅をペナルティエリアの横幅ほどの短い距離に保って、90分間戦えるチームです。

DF4人、MF4人の幅をペナルティエリアの横幅に保つと、サンフレッチェ広島の4-1-5の「5」のうち、1人(主にサイドの選手)が余ります。しかし、サイドに余っている選手は、直接ゴールを上げる確率は高くありません。なぜなら、ゴールは中央にあるからです。したがって、サイドに余っている選手は「マークしないでいい選手」と捉えることも出来ます。ガンバ大阪やFC東京は、サイドに余っている選手を捨て、ボール付近に人を集め、相手の自由を奪うようにしていました。サイドにパスが出ても、ゴール前へのパスを跳ね返す。このような守備で、勝利をおさめてきました。

「どう守るのか」を突きつめ「どう勝つのか」を求められるシーズン

nishi19 breaking newsで川崎フロンターレのレビュー/プレビューを2年間書いてきましたが、初めて守備のことについてポイントに挙げた気がします。風間監督が就任してからの川崎フロンターレは、「どうゴールを奪うのか」「どう勝つのか」を徹底的に突き詰め、チームを作ってきました。就任後の4年間で「どうゴールを奪うのか」については、チーム内に考え方も浸透し、精度も高まってきました。だから、いよいよチームは「どう守るのか」を突き詰め、「どう勝つのか」を表現する時がきているのです。

2016年シーズンは、川崎フロンターレにとって、「どう勝つのか」。この1点が求められるシーズンです。開幕戦という試合で、どのような戦いをするのか。注目したいと思います。

 - , , ,