nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第1節 サンフレッチェ広島対川崎フロンターレ レビュー「「どう守るのか」「どう勝つのか」を示し、ゲームをコントロールし続けた90分」

   

2016年Jリーグファーストステージ第1節、川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島は1-0で川崎フロンターレが勝ちました。

機能した守備

この試合のプレビューで、ポイントとして守備を挙げました。川崎フロンターレは予想通り4-4-2のフォーメーションで戦いましたが、これは「相手にあわせなくても、自分たちのペースで守備や攻撃が出来る」と風間監督が判断しているからだと書きました。この試合で、予想通り守備が良くなっていることを、試合を通じて証明してみせました。

サンフレッチェ広島はDFラインでボールをつなぎ、相手がボールを奪いに来たところをかわして、ボールを敵陣に運ぶのが上手いチームです。攻撃のキーマンは、センターバックの千葉、ボランチの森崎和幸と青山の3人です。この3人でボールを回しながら、タイミングを見計らってパスが出てきます。特に、青山は相手の守備が空いている場所が分かっている選手なので、ボールを持たせたくありません。

川崎フロンターレは、守備の時に大久保が必ず青山へのパスコースを切る位置に立ち、青山に簡単にはボールを触らせませんでした。また、相手がボールを下げたら、必ずFW、MF、DFが連動して前に出て、選手間の距離を短く保つなど、守備の時に選手全員が連動して動けていました。サンフレッチェ広島がパス回しの時にミスが多かったのは、川崎フロンターレの守備が良かったからだと思います。

大きかったチョン・ソンリョンの存在

また、サンフレッチェ広島がチャンスを作ってきても、危ない場面はチョン・ソンリョンがしっかり止めてくれました。チョン・ソンリョンがすごいのは、難しいシュートも簡単に止めたようにみせることです。止めた後も淡々としていて、味方を必要以上に鼓舞したり、怒鳴ったりしません。また、「止めてやったぜ」というような態度もしません。淡々としているので、簡単に止めたようにみえるのです。

こうしたチョン・ソンリョンの態度は、「難しいシュートでも簡単に止めてくれる」という、安心感をチームに与えてくれます。また、相手には「簡単に止められた」「次は厳しいコースを狙わないと入らない」というプレッシャーを与えることになります。

また、チョン・ソンリョンは身体も大きいので、サンフレッチェ広島はサイドから中央へのパスを上げる時、チョン・ソンリョンを避けるように、低く早いボールや届かない場所に蹴ろうとしているようでした。ミキッチが中央へのパスをミスすることはあまりないのですが、この試合はミスが目立ちました。サンフレッチェ広島の選手は背が高い選手がいなかったので、チョン・ソンリョンの存在がプレッシャーになっていたといえます。新加入の奈良がよいプレーができていたのも、チョン・ソンリョンの存在が大きいと思います。

よいGKは、ゴールを奪うストライカーと同じくらいチームを勝たせてくれると言われますが、この試合のチョン・ソンリョンを観ていると、GKというポジションがいかに重要か、ボールが無いときにどれだけチームに影響を与えているのか、改めて実感しました。本当にいい選手を獲得したと思います。

ゲームをコントロールし続けた中村憲剛

最後に攻撃について、触れておきたいと思います。この試合、川崎フロンターレは相手DFラインの前で何度もボールを受け、攻撃を仕掛けました。その理由は2つあります。1つ目は、DFラインの背後を常に小林が狙っているため、サンフレッチェ広島はDFラインの背後に常に気を配らなければなりませんでした。前半、DFラインの背後を狙い続けた事によって、サンフレッチェ広島のDFは、背後を意識するようになります。時間が経つにしたがって、背後を気にするあまり、DFラインを前に出せなくなりました。

2つ目は、中村と大島のダブルボランチが何度もパスを交換し、相手のDFラインを動かし続けた事です。サンフレッチェ広島は守備の時、自陣深くに下がって守るのですが、その点を逆手に取って、中村と大島はサンフレッチェ広島がボールを奪いにこれないポジションで、パスを交換し続けました。サンフレッチェ広島としては、中村と大島にパス交換はされたくないけど、ボールを奪いにいくと、空いた場所にパスを通される。このジレンマをずっとかかえていたように感じました。

この試合、中村はパスの強さ、方向、回転などを巧みに蹴りわけ、攻撃をコントロールし続けました。中村のこの試合の走行距離は11.114kmで、2015シーズンと比較しても最長の走行距離です。昨年の開幕戦は「中村憲剛は走らない」ということが話題になりましたが、今年の中村のプレーは、チームとしてよい準備が出来たことを証明していると思います。

1-0での勝利、交代で入った中野嘉大がアシストをするなど、2015年シーズンにはなかった勝ち方だったと思います。大切なのは次の試合です。次節の湘南ベルマーレは、サンフレッチェ広島とは全く違う戦い方をしてくるチームです。この試合で得たことを活かすためにも、次の試合が大切になります。どんな戦い方をするのか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , ,