nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

FIFAクラブ・ワールドカップ サンフレッチェ広島対リーベルプレート レビュー

   

サンフレッチェ広島対リーベルプレート

2015年FIFAクラブ・ワールドカップ準決勝、サンフレッチェ広島対リーベルプレートは、0-1でリーベルプレートが勝ちました。

個人の力でボールを奪うリーベルプレート

この試合で印象に残ったのは、リーベルプレートの守備です。

サンフレッチェ広島は、守備の時は5-4-1、攻撃の時は4-1-5というフォーメーションに変化します。特に攻撃の時には、フォーメーションを変えることで相手のマークをずらし、マークされていない選手を意図的に作り出し、そこを起点にチャンスを生み出してきました。初対戦の相手は、必ずサンフレッチェ広島の戦い方に戸惑います。リーベルプレートがどのように対応するのか、注目していました。

リーベルプレートの戦い方を観ていると、サンフレッチェ広島の戦い方に戸惑いはなかったように思えます。その要因が、守備です。サンフレッチェ広島はDFがボールを持った時、ボランチの森崎がDFの位置に下がり、センターバックの千葉、ボランチの青山の3人でパス交換をしながら、相手の守備を崩していくのですが、リーベルプレートはサンフレッチェ広島にパス交換する余裕を全く与えませんでした。

なぜパス交換する余裕がなかったかというと、サンフレッチェ広島の選手がボールを持った時、パスするコースを、リーベルプレートの選手たちが巧みに塞いでいたからです。パスの出し手から受け手に対してパスが出ている間に素早く受け手との距離を詰めて、受け手のミスを誘おうとします。受け手のミスを誘おうと、奪うふりをして奪いにいかなかったり、急に距離を詰めてボールを奪おうとしたり、あの手この手を使って、ミスを誘おうとしてきました。

また、ただパスの受け手との距離を詰めるだけでなく、敵のポジションを把握した上で、的確にコースを塞ぐ位置に立ち、パスの受け手の選択肢をいとも簡単に減らしてしまいました。Jリーグでは、サンフレッチェ広島の攻撃に苦労するので、フォーメーションをサンフレッチェ広島に合わせることで、マークのズレをなくそうとするのですが、リーベルプレートは個人個人の守備能力の高さで、いとも簡単に対応してしまいました。

初対戦でも相手の動きをつかめるリーベルプレート

サッカーにおける守備というのは、基本的には「相手の動きをつかむ」ことが出来なければなりません。足をふるタイミング、ボールにタッチするタイミング、ボールを蹴るタイミング、など。こうした相手の動きのタイミングにあわせ、自らの身体を動かし、相手が足からボールを離した瞬間に、足を出したり、身体をいれたりして、ボールを奪わなくてはなりません。

相手が足からボールを離した瞬間に、ボールを奪うためには、相手の動きのタイミングに素早く反応する身体と、相手の意図を読み解く判断力が必要です。リーベルプレートの選手たちは、初対戦でしかも特殊な戦い方をするチームに対して、いとも簡単にやってのけてみせました。リーベルプレートの選手たち個人個人の能力の高さに、改めて驚かされました。

そして、Jリーグに足りないのは、こうした個人個人の判断で目の前の相手と戦える力なのだと、改めて実感しました。川崎フロンターレは、選手個人の能力を高めることで、相手に勝つサッカーをしようとしています。なかなか結果は出ませんが、この試合を観て、目指すサッカーは間違っていないなと実感した次第です。

おすすめ

 - , , ,