nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

少しの気遣い、少しのテンポのずれが勝敗を分けた。クラブワールドカップ「サンフレッチェ広島対アル・アハリ」

      2014/07/22

昨日行われたクラブワールドカップ、サンフレッチェ広島対アル・アハリの試合は、サンフレッチェが押し気味に試合を進めながら、1-2で敗戦。サンフレッチェのサポーターならびに、サンフレッチェの躍進を期待していたサッカーファンにとっては、残念な結果になってしまいました。この記事では、勝敗とは別に、印象に残った場面を3点挙げさせて頂きます。

サンフレッチェ流のビルドアップは通用した

この試合を観るにあたって注目していたのは、通常時は「3-4-2-1」、攻撃時は「4-1-5」、守備時は「5-4-1」と、フォーメーションが変化するサンフレッチェの変則的なサッカーが、アフリカチャンピオンにどこまで通用するのか、という点だったのですが、十分機能していました。

特にセンターバックの千葉とボランチの森崎和幸と青山敏弘との間で行われるパス交換と、3人から供給される縦パスはアル・アハリに脅威を与えていました。しかし、最後の崩しのところで、ミキッチに対するマークが厳しかったこともあり、中央突破を選択するケースが多かった結果、アル・アハリにうまく守られてしまいました。来年、サンフレッチェがACLを戦っていくときの課題もみえたゲームだったと思います。

何気ないけど気遣いを感じた、GK負傷交代後の青山敏弘のパス

この試合印象に残ったのは、得点にはまったく関係ないプレーなのですが、GKの西川周作が負傷交代した後、今シーズンほとんど出番がなかった増田卓也が入ってきた後、ボランチの青山敏弘が、パスを受けた後、GKまでボールを戻したプレーです。

無理してGKまでボールを戻す必要はない場面だったのですが、増田がゲームにスムーズに入っていけるようにするため、バックパスでもよいからボールに触らせよう、という青山の気遣いを感じました。こんなプレーを見るだけでも、今シーズンの青山敏弘がプレー中にいろいろなことを考えて、プレーしていることがわかります。ベストイレブンに選ばれるのも納得です。

決定力の違いを見せつけたアブトレイカの決勝ゴール

アル・アハリはシュート数やボール支配率でサンフレッチェを下回りましたが、決定力の差を見せつけ、勝ち上がりました。特に印象に残ったのは、アブトレイカが決勝ゴールを決める時の、シュートのタイミングです。

決勝ゴールの場面で、競り合おうと試みる千葉選手に対して、先に身体をあててブロック。トラップして、自分の間合いにボールを置いたとき、トラップしてから「1・2・3」のタイミングで打つのではなく、1拍から2拍タイミングをずらして、GKが反応できないタイミングでシュートを打ちました。

人はチャンスと思うと力が入ってしまうことがあります。力が入るとリズムが単調になって、「1・2・3」のタイミングで蹴ってしまい、結果的に、タイミングがあって至近距離のシュートでもGKにとられてしまうことがあります。

しかし、アブトレイカはトラップ後も冷静に、GKの動きを見極めて、タイミングを外し、落ち着いてゴールに流し込みました。Jリーグではああいう落ち着きは、なかなか見られません。クラブワールドカップのレベルの高さを感じました。

逆に、佐藤寿人が外してしまった決定機は、タイミングは外せていたのですが、力んでしまい、ゴールにボールを流し込むことができませんでした。しかし、日本人でこうした駆け引きができるストライカーは、佐藤寿人くらいです。この試合では、彼の能力の高さも改めて実感しました。この日の活躍ぶりを見ていると、ぜひ、日本代表でも長い時間見てみたいですね。

おすすめ商品

クラブワールドカップのオフィシャルタオルマフラー。
日テレに出演している出演者が巻いているマフラーと同じですかね?

こちらは南米代表コリンチャンスのクラブワールドカップ限定タオルマフラー

佐藤寿人のJ1での100ゴール達成記念DVD。
100ゴール全てが収められているそうです。

 -