nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

SC相模原の会長、望月重良は「ビジネスをサッカーから学んだ経営者」

   

全くゼロからのJクラブのつくりかた

先日、mfというカフェで開催された「Talking about Football」というトークイベントに参加してきました。ゲストは、SC相模原の会長を務める望月重良さん。SC相模原は、チーム発足後わずか6年でJ3リーグへの参入を果たしました。チーム発足後6年でのJリーグ参入は、史上最速なのだそうです。

SC相模原は、望月さんがたまたま訪れた相模原市の小料理屋の店主に、「サッカークラブを相模原市に作って欲しい」と言われたことが発端で作られたクラブです。望月さんは静岡出身で、相模原市にも縁もゆかりもありません。ましてや、望月さんには経営者としての経験も実績もありません。そんな望月さんが、SC相模原を立ち上げ、どうやってJ3リーグへの参入を果たすまでに至ったのか。どんな事を考えてクラブを運営しているのかをまとめているのについては、「全くゼロからのJクラブのつくりかた サッカー界で勝つためのマネジメント」という本にまとめられています。

元選手というよりベンチャー企業の社長の話を聞いた気分

今回のトークイベントは、望月さんの著書を読んで、SC相模原の活動や望月さんの考え方を具体的に知りたいと思って、参加させて頂きました。

トークイベントでは、SC相模原設立の経緯、直近の活動、将来のビジョン、今シーズンのSC相模原の戦い、FC今治に関する話など、様々なお話を伺うことが出来ました。望月さんの発言を聞いていると、元サッカー選手という感じは一切しませんでした。むしろ、ベンチャー企業の社長の話を聞いているような気分になりました。

望月さんはどうやって経営に必要な知識を身につけたのか

望月さんは、著書の中でも語っていますし、お話を伺っていても感じますが、ビジネス書を読んだりして、社長として必要な知識や考え方を身につけたわけではなさそうです。では、どうやって必要な知識や考え方を身につけたのか。それは、サッカーです。望月さんは、サッカーを通じて経営に必要な知識や考え方を学んだのです。

SC相模原には、Jリーグに参入するという目標がありました。望月さんは目標を達成するために、必要な予算の確保、競合の分析、選手の獲得、地域の支援といったことに奔走するのですが、望月さんがすごいのは、目標を達成するために必要なタスクを洗い出し、実行出来ることです。どうやったら、目標を達成出来るのか。望月さんのお話を聞いていると、サッカーで相手のチームに勝つ、目標を達成するという経験を通じて、自然と身につけているということが分かりました。

望月さんのお話を聞いていると、スポーツで得られる経験が、ビジネスで成果を出すために役に立つということがよく分かります。ただ、スポーツで得た経験を活かすには、本人が日々の取組がどう目標につながっているのか、プロセスをきちんと理解していることが重要です。望月さんは、選手時代に関わってきた指導者や、先輩アスリートの方々、周囲の人々によって、こうしたプロセスをきちんと理解出来る環境に身をおいていたのだと思います。

また、アスリートは困難や苦難を乗り越えた経験をもっていることが強みです。人に何を言われても、自分の目標を達成した経験をもち、困難を自分の力で乗り越えた経験は、ビジネスを成功させるために、必要です。そして、身に付けるのは簡単ではありません。社会人に入ってから身に付けるのは、遅すぎます。

お話を伺っていると、望月さんは、今後のSC相模原の発展に必要なことも理解されていました。優秀な人材の確保、資金の調達、新たな選手獲得ルートの模索、ホームタウンとの関係作り、など。考える事、やるべき事は山積みといった印象です。ただ、望月さんのお話からは、少しの不安と大きな希望を感じました。僕もSC相模原の取組には、引き続き注目していきたいと思います。そして、スポーツを通じて、いかに社会を豊かにするのか。スポーツをビジネスとしていかに成り立たせるのか。自分自身色々考えてみたいと思います。

おすすめ

 - , ,