nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「全くゼロからのJクラブのつくりかた サッカー界で勝つためのマネジメント」(望月重良)-サッカークラブというスタートアップ企業のお話-

   

全くゼロからのJクラブのつくりかた

元サッカー日本代表選手が代表を務めるJリーグクラブがあります。それは、SC相模原。神奈川県相模原市をホームタウンとするクラブは、元サッカー日本代表で、現役時代は名古屋グランパス、京都サンガFC、ヴィッセル神戸などで活躍した望月重良さんが代表を務めています。SC相模原は、チーム発足後わずか6年でJ3リーグへの参入を果たしました。チーム発足後6年でのJリーグ参入は、史上最速なのだそうです。

SC相模原は、望月さんがたまたま訪れた相模原市の小料理屋の店主に、「サッカークラブを相模原市に作って欲しい」と言われたことが発端で作られたクラブです。望月さんは静岡出身で、相模原市にも縁もゆかりもありません。ましてや、望月さんには経営者としての経験も実績もありません。そんな望月さんが、SC相模原を立ち上げ、どうやってJ3リーグへの参入を果たすまでに至ったのか。どんな事を考えてクラブを運営しているのかをまとめているのが、本書「全くゼロからのJクラブのつくりかた サッカー界で勝つためのマネジメント」です。

選手として学んだことを活かしたクラブ経営

本書はサッカークラブについて書かれた本ですが、どちらかというと、売上3億円のベンチャー企業の歩みについて書かれた本だといえます。いかにして、サッカークラブというベンチャー企業を立ち上げ、突っ走ってきたか。望月さんも本書に書いていますが、SC相模原は、望月さんが選手時代に学び、培ってきた、経験、人脈、考え方をフルに発揮することで、ここまで突っ走ってきました。

自分が上手くなりたければ、「自分より上手い選手と一緒に練習する」。三浦知良さんから学んだ「一日一日を大切にする。毎日100%の力を出し切る・試合でも練習でも、明日なんてないと思え!」という教え。現在アーセナルの監督を務めるアーセン・ベンゲルの細部に至るまで徹底的にこだわる姿勢。わざと困難な状況をつくって、自分たちで解決する方法を見つけ出す、イビチャ・オシムの練習。こうした選手時代に学んだことを、SC相模原の経営に活かしているのです。

「スピード」と「信頼」

望月さんがSC相模原を経営する際に心がけていることは、2つあるそうです。

1つ目は、スピード。即断即決。間違っていると分かったら、すぐに訂正して別の方法に舵をきる。やらないよりやる。思いついたらすぐに実行。スピードを重視した施策の積み重ねが、SC相模原というチームを猛スピードで成長させてきました。

2つ目は、何より信頼を大切にすること。望月さんがチームを立ち上げる時、JFLのチームを母体に立ち上げることも出来たそうです。JFLのチームを母体に立ち上げたほうが、Jリーグ参入までの期間は短くすみ、初期投資も少くすみまs。しかし、望月さんは新たにチームを立ち上げ、県リーグ3部のチームとしてスタートすることを選択します。相模原市に縁もゆかりもない自分が、地域の人々に信頼してもらうには、イチから立ち上げ、少しづつ信頼を積み重ねていくことが、最善の方法だ。そう考えたからです。

「スピード」と「信頼」。両方ともビジネスを進めるにあたって、とても重要な要素です。一方は時間をかけないことが大切ですが、一方は時間をかけなければ得られません。望月さんはその事を学校で学んだわけではありません。あくまで、サッカーを通じて学んだというのが、面白いと思うのです。

これはスタートアップ企業の話だ

本書を読んでいると、ベンチャー企業を立ち上げるのに、ITだろうが、ファッションであろうが、ドローンビジネスであろうが、サッカークラブであろうが、必要なことは同じなんじゃないかと考えさせられます。SC相模原は立ち上げ当初にすごい選手がいたわけではありません。これは企業に置き換えるなら、特別なサービスや技術をもっていたわけではないということです。

しかし、特別なサービスや技術がなくても、とにかくやれることはなんでもやり、信頼を築くための努力を積み重ねると、少しづつ企業も人も成長していくのだなと、本書を読んでいると感じます。

繰り返しになりますが、本書はサッカークラブの話というより、売上3億円のベンチャー企業の歩みについて書かれた本です。SC相模原の歩みに興味がある人、サッカークラブの立ち上げや経営に興味がある人だけではなく、ベンチャー企業をこれから立ち上げようと考えている人にも読んでもらいたい1冊です。

おすすめ商品

 - , , , , ,