ヨガに興味がある人にはこの1冊。書評「おうちヨガ」(SHIHO)

最近、朝時間がある時は30分ヨガをやっています。個人的にヨガは興味があり、やってみたかったトレーニングでした。しかし、自分自身はとてもとても身体がかたく、最初にヨガマットを買って、ヨガスタジオにいって、身体の柔らかいきれいな女性たちと一緒に、身体のかたいおじさんがヨガをやるのは恥ずかしい。そういう思いもあり、ヨガはやってみたかったものの、個人的には敷居の高いトレーニングでした。

「おうちヨガ」は、モデルのSHIHOがヨガをやったことがない人向けに、誰にでも出来るヨガのポーズを紹介した1冊です。本書のことは、僕の妹が数年前に買ったことで、知りました。僕はBook Offで購入しました。

1時間のDVDに基本的な動作が収録されている

本書には、ヨガの基本的なポーズである「太陽礼拝」を含めた4つのメソッドで構成されています。4つのメソッドを実際にやると、ちょうど1時間。毎日やるにはちょっと長めなので、僕は主に、「太陽礼拝」と「立ちのポーズ」をやっています。この2つをやると、だいたい30分。それでも、結構しんどいです。

月に2回ヨガスタジオに通う嫁の話によると、「おうちヨガ」のDVDに比べると、ヨガスタジオの方が実際にこなすポーズは少ないとのこと。したがって、DVDの通りに常にやるのは、しんどいかもしれません。僕は、DVDはたまに観る程度で、今は覚えたポーズを、自分のペースで実行しています。

呼吸を意識すると身体の力が抜ける

僕は、前屈で手がつかないくらい身体がかたかったのですが、ヨガを始めてから、2週間ほどで手がつくようになりました。ヨガ開始当初では出来なかったポーズも、少しづつ出来るようになってきました。

ヨガと他のトレーニングの違いは、呼吸だと思います。普段全く意識していない呼吸ですが、ポーズを取りながらゆっくり呼吸すると、身体の力が抜けてくるのがよく分かります。身体の力が抜けて柔らかくなると、不思議と心も柔らかい感じになった気になります。

どんなトレーニングでも言えることですが、1回やっただけでは意味がなく、継続が大事なのだと、続けてみて実感します。ヨガを実際にやってみたい、興味があるという人には、おすすめの1冊です。女性だけでなく、男性にもオススメです。

関連記事

西本直さんのブログを読んで考えた「トレーニングの目的」
トレーニングのすすめ
勉強やトレーニングを続けるために抑えておくべき3つのポイント

関連商品