スマホでPCサイトが表示されるJ1クラブは要改善

2015年シーズンが始まる前に、興味があったので、J1チームのWebサイトにスマホでアクセスして、スマホサイトが表示されるかどうか、調べてみました。調査方法はいたって簡単です。各チームのWebサイトにスマホでアクセスして、スマホサイトが表示されるかどうか、です。

チーム名 スマホページ
仙台
山形
鹿島
浦和
FC東京
横浜F
川崎
湘南
新潟
甲府
松本
清水
名古屋
G大阪
神戸
広島
鳥栖

※アルビレックス新潟が漏れていたので、追加しました。失礼致しました。

スマホでアクセスしてPCサイトが表示されるチームがある

驚きだったのは、未だにスマホでチームのWebサイトにアクセスして、スマホサイトが表示されないチームが6チームもあることです。その中には、FC東京、川崎フロンターレ、名古屋グランパス、サンフレッチェ広島といったチームも含まれています。

ちなみに、これら4チームはスマホサイトがないわけではありません。4チームとも有料なのです。有料でスマホユーザー向けのコンテンツを配信しているのですが、Webサイトにはスマホでアクセスするユーザーが50%を超える時代に、PC向けに最適化されたWebサイト作ってる場合じゃないと思います。4チームともお金が無いクラブではないと思うのですし、マーケティングや集客に力を入れているクラブなのに、こういうことで機械損失しているのは、残念です。一刻も早く、スマホでアクセスしたら、スマホサイトが表示されるように、変更して欲しいと思います。

あと、浦和レッズとガンバ大阪のスマホサイトにも、お願いがあります。まず、浦和レッズのスマホサイトですが、スマホでアクセスすると、PCサイトが表示されます。「User Agent」と呼ばれる、スマホサイトの判別機能が機能していないようです。スマホサイトのURLを入力すると変更されるので、修正して頂けると嬉しいです。

ガンバ大阪のWebサイトですが、スマホサイトはページ上部にあるボタンをクリックしないと、表示されません。別に押させる必要はないと思うので、自動で判別されるようにして欲しいです。あと、ボタンを押すと、「au」「docomo」「Softbank」のキャリアを選択するボタンがあるのですが、最近MVNO(格安SIM)を使っているユーザーもいるので、そういうユーザーは、どのボタンを押していいのか、わからないんじゃないかと思いました。(僕もその一人です)

Webサイトはサポーターとクラブとの接点

Jリーグは、2015年シーズンから2ステージ制に変わります。2ステージ制に変更するのは、収益を増やすためです。Webサイトはサポーターとクラブとの接点の1つです。興味をもって、クラブのWebサイトにスマホでアクセスしてきたユーザーが、見づらいPCのサイトを見たら、どう思うでしょうか。日頃、どれだけ丁寧にプロモーションしてても、どれだけ丁寧にお客様に接していても、印象が悪くなってしまうのは、否めないと思います。

たかが、Webサイトかもしれませんが、されどWebサイトです。Webサイトを細かく見ていると、クラブの雰囲気などが、伝わってくる気がします。クラブの担当者は、サポーターとクラブとの接点の1つとして、丁寧に運営して欲しいと思います。

関連商品