「スポーツビジネス最強の教科書」に学ぶスポーツビジネス。第11回:逆台形モデル

スポーツビジネス最強の教科書

ビジネスの世界でここ数年右肩上がりで成長している業界があります。それは、スポーツビジネスです。スポーツビジネス市場は2014年には1460億ドルを超えると推計されるなど、メディア、スポンサー企業、広告マーケティング、スタジアム、スポーツ用品などの産業を巻き込みながら、巨大なビジネスへと成長しています。

スポーツビジネスの現状を踏まえて、改めてスポーツビジネスについて勉強してみようと考え、手にとったのが平田竹男さんの著書「スポーツビジネス最強の教科書」です。

平田さんは通産省を経て、日本サッカー協会の専務理事を務めたかたで、現在は早稲田大学大学院スポーツ科学研究科教授を務めてらっしゃいます。平田さんが教えた生徒には、あの桑田真澄さんがいらっしゃいます。

平田さんの著書「サッカーという名の戦争-日本代表、外交交渉の裏舞台-」が面白かったので、「スポーツビジネス最強の教科書」も楽しみにしていたのですが、非常に読み応えがある本なので、自分が興味をいだいた箇所はメモとしてブログに残しておこうと思います。

今回は逆台形モデルについて、書かれた箇所の読書メモをご紹介します。
※データは2012年10月の出版当時のものです。

逆台形モデルとは

  • 年齢を重ねるごとに競技を行う人数が増えるモデルを「逆台形モデル」という
  • 「逆台形モデル」では、選手のみならず審判や指導者、あるいはスポンサーやメディアといった競技の発展には欠かせない多くの分野でトップになる人が増える
  • 「ピラミッド型モデル」は年齢を重ねる毎に競技を行う人数が減り、実力のある選手のみが競技を続ける構造
  • スポーツビジネスを考えたとき、スポーツにおける頂点は、代表選手だけではなく、監督やコーチなどの指導者、審判そしてドクターやトレーナーも必要だし、メディアやスポンサー企業の存在も重要
  • スポーツの経験者だけでなく、非経験者を巻き込んでスポーツを発展させるための構造を構築していくのが「逆台形モデル」
  • 女子サッカーを例とすると、女子サッカーを普及させるためにモーニング娘。にフットサルをしてもらったり、アテネ・オリンピックのアジア代表決定戦だった北朝鮮戦では、試合の告知のためにスポーツ面だけでなく、ワイドショーやバラエティ、政治番組などさまざまなメディアに女子サッカーがカバーされるようにした
  • スポーツと関るきっかけを作るのに、TV放送は大きな役割を担っている。やはり、NHKや民放などで手軽に見られる地上波TV放送の力は大きい
  • スポーツを始めるきっかけとして、マンガやアニメの影響も大きい。
  • バスケットボールの競技人口は、「スラムダンク」の連載開始とともに競技人口が増えた。
  • テニスの競技人口が回復したけきっかけとして「テニスの王子様」の影響は大きい。また、アメフトの競技人口の増加には「アイシールド21」が大きく関連している
  • 「きっかけ」を持ってスポーツに関心を深めてきてくれた人達が、クラブ経営にとってだけでなく、すべての産業に広がりを持ち、どのように拡大再生産できるかが、スポーツビジネスの発展に欠かせない

逆台形モデルの具現化-日本スポーツの現状

  • 2010年の中学校男子の部活数を見てみると、男子では、軟式野球、バスケットボール、卓球、サッカー、陸上の部活数が多い
  • 2010年の中学校女子の部活数を見てみると、バレーボール、バスケットボール、軟式テニス、陸上、卓球の部活数が多い
  • 2010年現在、スポーツ少年団のある競技は60以上あり、すべての競技の団数の合計は、約3万6000に上る
  • 2002年以降、軟式野球、バレーボール、バスケットボール、空手、バトミントンは増加しているが、サッカー、卓球は減少している
  • 50%以上の画稿に部活がある種目数は、中学男子では7種目、中学女子では5種目、高校男子では11種目、高校女子では8種目しかない
  • 女子の場合はやりたいとしてもその種目がないことが男子よりも多い
  • コミュニティにどのようにスポーツをビルトインするか、これからの課題

関連記事

「スポーツビジネス最強の教科書」に学ぶスポーツビジネス。第10回:スポーツビジネスのトリプルミッション
「スポーツビジネス最強の教科書」に学ぶスポーツビジネス。第9回:テニス&ゴルフ&マラソン&フィギュアスケート
「スポーツビジネス最強の教科書」に学ぶスポーツビジネス。第8回:バスケットボール
「スポーツビジネス最強の教科書」に学ぶスポーツビジネス。第7回:Jリーグの新人育成とクラブ経営
「スポーツビジネス最強の教科書」に学ぶスポーツビジネス。第6回:Jリーグの収入と支出

関連商品