nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「スポーツ事業マネジメントの基礎知識」(金森喜久男)-スポーツ事業が社会を豊かにする-

   

大阪吹田市に募金により集まったサッカー専用スタジアム「市立吹田サッカースタジアム」の誕生は、日本のスポーツ事業における新たな道を示してくれました。民間の力で建設し、サッカー観戦に適したスタジアムで、大型複合施設が併設。この理想的な“劇場”を作るにあたって尽力したのが、スタジアム建設募金団体理事長を務めた元ガンバ大阪社長・金森喜久男さんです。

本書「スポーツ事業マネジメントの基礎知識」は、金森喜久男さんが、大阪吹田市に募金により集まったサッカー専用スタジアムの建設に関するエピソードを交えながら、スポーツの魅力を検証し、スポーツ事業マネジメントを定義し、スタジアムの意義を綴った1冊です。

スポーツ事業とはどんな考えが前提になって取り組まれているのか

僕は本書を手に取る前は、市立吹田サッカースタジアムがいかにして出来上がったのか、経緯や苦労した点が書かれていると思ったのですが、本書にはあまり僕が期待した点は書かれていませんでした。本書は「スポーツ事業マネジメントの基礎知識」と書かれている通り、スポーツ事業を行うにあたって、元サッカークラブの社長がどんな事を考えているのか、どんな事に注力しているのかについて、詳しく書かれている1冊です。

ただ、僕は読み終えてから、本書に書かれている「スポーツ事業を行う上での前提」が理解できなければ、なぜ市立吹田サッカースタジアムが出来上がったのか、きちんと理解できないのではないかとも思いました。

スタジアムを作ることで新しい顧客を作り出す

なぜ、市立吹田サッカースタジアムを作る必要があったのか。なぜ、市立吹田サッカースタジアムは寄付金で作られる必要があったのか。それは、新たな顧客をスタジアム建設によって、創り出す必要があったからです。従来の万博記念競技場では呼び込めないファン層をサッカースタジアムに来場させ、感動、歓喜、興奮、そして苦痛を最大限味わってもらうにはどうしたらよいか。今までと同じ舞台装置では顧客に新たな体験を提供することに限界があると考えると、スタジアムの建設が必要であるという考えにいたったというわけです。

そして、スタジアムを寄付金で作る必要があったのは、「スタジアムは地域のもの」という大義名分を、ステークホルダーに認知してもらう必要があったからです。「自分たちのスタジアム」という認識を共有してもらうためには、スタジアムは寄付金で作られる必要があったというわけです。そして、スタジアムという街の象徴を自分たちの手でつくることで、薄れつつある地域住民の心のつながりを目に見える形にすることが出来たのです。

つまり、スポーツが社会を豊かにする役割を果たせることを、市立吹田サッカースタジアムの建設は証明しつつあるのだと、僕は思います。

存在価値が高まるスポーツ事業

本書を読み終えて、僕はスポーツ事業が単なる余暇事業ではなく、生きていくために必要な事業となりつつあるのだと感じました。スポーツ事業はこれから発展していく事業であり、より発展していくためにはどんな事を考えたら良いのか。読み手にこれからのスポーツ事業を考える上で、必要な事を教えてくれる1冊です。

おすすめ

 - , ,