nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

どちらのチームが自分の特徴を発揮できるか。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ プレビュー

   

2014年J1第15節、川崎フロンターレの対戦相手は清水エスパルス。セレッソ大阪戦から、3戦連続のアウェーゲーム。今節は2戦目です。川崎フロンターレは、セレッソ大阪戦から中3日。清水エスパルスは、中7日。コンディション面では、清水エスパルスの方が有利です。

守備の数的不利を避けたい清水エスパルス

清水エスパルスのフォーメーションは、どうやら「4-3-3」になるようです。川崎フロンターレのフォーメーションは、「4-4-2」。このフォーメーションだと、中盤の人数は清水エスパルスが3人、川崎フロンターレが4人。川崎フロンターレの方が、数的優位です。

清水エスパルスはその事は承知のうえで、まずは川崎フロンターレのダブルボランチを務める、中村憲剛と大島僚太に強くプレッシャーをかけ、自由にゲームをコントロールさせないようにするとともに、時には3トップの高木俊幸や大前元紀も中盤に下げて、川崎フロンターレの両サイドの選手をマークし、守備の時は「4-5-1」にすることで、守備面での数的不利を解消した上で、川崎フロンターレの攻撃を抑えようとしてくるはずです。

キーマンは大久保嘉人と金久保順

川崎フロンターレとしては、相手の両サイドを自陣深くまで下げさせた上で、出来るだけボールを長く保持し、清水エスパルスのマークがずれたところを上手く攻撃したいところです。そのキーマンは、大久保嘉人と金久保順です。

大久保のポジションはFWですが、時に中盤に降りてきて、相手のマークを外してボールを受けるのが非常に上手い選手です。大久保が中盤に降りることで、清水エスパルスは数的有利を保って守備が出来なくなります。大久保がボールを受けて、中央を攻撃するのは、川崎フロンターレの得意パターンです。

もう1人のキーマンは、先発が予想される金久保順です。金久保が先発した場合、左サイドでの先発が予想されます。金久保は、左サイドから中央に入って、相手との間でボールを受けるのが非常に上手い選手です。清水エスパルスの「4-3-3」というフォーメーションは、ボランチを務める選手の両脇に、スペースがあります。サイドから中央に入ってボールを受けられれば、相手は誰がマークをすればよいのか判断が難しいため、相手の守備を崩すきっかけを作ることが出来ます。右サイドの森谷賢太郎も、この動きを得意としています。

出来るだけボールを長く保持して、相手の守備の弱点を効果的につきたい川崎フロンターレ。守備の弱点を上手く塞ぎ、得意のサイド攻撃から得点を奪いたい清水エスパルス。どちらが、自分たちの特徴を長い時間実現できるか。この試合は、そこに注目したいと思います。

関連記事

ワールドカップ基準をJリーグにも。2014年J1第12節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ プレビュー
基本を見直すということ。2014年J1第14節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス プレビュー
簡単な鹿島アントラーズの傾向と分析。2014年J1第12節 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ プレビュー

関連商品

 -