右サイドバックに小宮山が起用された理由。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ レビュー

2014年J1第15節、清水エスパルス対川崎フロンターレは、2-0で川崎フロンターレの勝利。前半は焦らずに、ボランチとセンターバックとの間でパスを回すことで、相手のFWやボランチを走らせることに成功しました。

このパス回しで重要なのは、相手をひきつけてから味方にパスを出すことです。相手をひきつけてからパスを出すことで、パスを受ける選手がよい状態でボールを受けることが出来ますし、パスを受ける選手に守備者がアプローチしても、同じように相手をひきつけて次の選手にパスを出せば、ボールを奪えないため、次第に相手はボールを追いかけなくなります。そして、ボランチとセンターバックだけでなく、タイミングよく相手ディフェンスの間でボールを受け続けた大久保と金久保の動きも効果的でした。

この動作を前半から続けたことが、後半の2得点につながりました。前半プレッシャーをかけてきた、大前、ノヴァコヴィッチのFW2人と、ボランチの六平、本田は、後半15分過ぎからは、足が止まって動けなくなっていました。動きが止まった要因は、体力が奪われたこともありますが、ボールを奪いにいっても奪いにいけないため、清水エスパルスの選手の「心の体力」も奪ったことも大きな要因です。サッカーやったことある人はわかると思いますが、何度もボールを奪いに行って奪えないと、心が諦めてしまって、足が止まってしまうんですよね。

得点を奪ってからも、ボールを回しながら、相手の体力を奪いつつ、時計の針を進め、確実に試合を終わらせました。チームとして、試合運びもだんだん上手くなってきていることを、実感した1戦でした。まるで、強かった時の鹿島アントラーズを見ているようでした。

良いパフォーマンスをみせた實藤

この試合のセンターバックは、實藤と谷口のコンビでした。2月に行われたプレシーズンマッチでは、清水エスパルス相手に前半だけで3失点したコンビでしたが、この試合では安定感のあるプレーを披露しました。前回のプレシーズンマッチでは、ノヴァコヴィッチにやられていたのですが、この試合でノヴァコヴィッチにやられたのは、試合終了間際のヘディングシュートのみ。上手く相手のキーマンを抑えることに成功しました。

實藤がジェシに比べて優っているのは、DFラインの背後とインターセプトするときのスピードと、ショートパスの質です。特にこの試合では、パスを受けたボールをダイレクトで味方に渡すパスが効果的でした。ダイレクトでパスをすることによって、ボールを奪いに来ていた清水エスパルスのディフェンスを外し、相手を走らせることが出来ていたからです。これが、後半になって、相手のスタミナを奪う要因になっていました。

ジェシが復帰しても、實藤がこれだけのパフォーマンスをみせれば、簡単にレギュラーに戻れるというわけにはいかなそうです。センターバックには中澤もいますし、これでより選手層が厚くなり、競争が激しくなりそうです。

田中裕介ではなく、小宮山が起用された理由

右サイドバックは、セレッソ大阪戦の後半に引き続いて、小宮山が起用されました。小宮山のパフォーマンスがよかったというのもあると思いますが、風間監督は田中裕介が前半にみせたパフォーマンスに不満があったのだと思います。セレッソ大阪戦の田中裕介は、ボールを受ける動きもなく、ボールをもらっても目でプレッシャーを感じてしまい、苦し紛れのパスを出す場面が目立ちました。また、守備でも楠神に対する距離を寄せきれていない場面が目立ち、相手にサイドを効果的に使われる要因になってしまいました。

風間監督は、セレッソ大阪戦の田中裕介のプレーは、「普段出来ることが出来てない」と判断したのだと思います。これは、技術のミスではなく、頭のミスです。風間監督は技術のミスは認めますが、頭のミスには厳しい監督です。だから、清水エスパルスでは小宮山がスタメンで使われたのだと思います。

小宮山の清水エスパルス戦のプレーは、素晴らしかったです。特に素晴らしかったのは、1点目につながった右サイドでのパス回しに、問題なく加わっていた事です。右サイドだけで30本近くつないで生まれた1点目のゴールですが、あのパス回しに加わるのは、簡単ではありません。

しかし、小宮山はあの流れるようなパス回しに加わるだけでなく、中村憲剛の浮き球パスを引き出し、小林のゴールもアシストしてみせました。田中裕介の替えがきかなかったのは、あのパス回しに右サイドバックで加われるのが田中裕介しかいなかったというのも大きな要因なのですが、小宮山も加われるようになったことで、選手起用の選択肢が増えました。

清水エスパルス戦の小宮山は、1対1の強さを活かして、高木俊幸にほとんど仕事をさせませんでした。この2シーズンは怪我の多かった選手ですが、コンディションさえ整えば、チームに貢献できることを、この2試合は自らのプレーで証明してくれています。

實藤と小宮山の好パフォーマンスは、負傷者が増えているチームにとって明るい材料です。次節のサガン鳥栖戦は、優勝を狙うには負けられない1戦です。ぜひ、厚くなった選手層を上手く活用して、勝利を掴み取って欲しいと思います。

関連記事

目でプレッシャーを感じた前半。いつも通りの後半。2014年J1第12節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ レビュー
気にしなくていい敗戦。2014年J1第14節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス レビュー
「力を尽くしての敗退」ACL決勝トーナメント1st leg FCソウル対川崎フロンターレ レビュー

関連商品