nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

今年の「3-4-3」の守備に潜む根本的な問題。2015年J1第14節 清水エスパルス対川崎フロンターレ レビュー

   

2015年Jリーグ第14節、清水エスパルス対川崎フロンターレは、2-5で清水エスパルスが勝ちました。この試合は後半に得点が多い川崎フロンターレと、後半に失点が多い清水エスパルスがどのような試合をするのか注目していたのですが、川崎フロンターレは後半1得点のみ。逆に得点を奪いにいってカウンターを受けて、3失点してしまいました。

明暗を分けた2つのコンディション

この試合の明暗を分けたのは、2つのコンディションの問題でした。

1つ目のコンディションは、身体のコンディションです。川崎フロンターレは、ナビスコカップの横浜F・マリノス戦から中2日で迎えたこの試合、スタメンで入れ替えたのは2人。一方、清水エスパルスは7人で、途中交代で出たのも2人だけ。休養十分とのコンディションの差が、前半序盤と後半終盤の失点に現れてしまいました。

清水エスパルスは、DFラインを高く押しあげ、相手ゴールに近い位置で、ボールを奪おうという守備を仕掛けてきました。時には、自分のポジションを離れても、ボールを追うほどだったので、川崎フロンターレとしては、「パスして受ける」を繰り返せば、FC東京に比べたら守備はきつくなかったので、相手を外すのは難しくなかったと思います。ところが、中2日で身体が動かないため、相手の守備を外すことが出来ず、捕まってしまいます。身体も動かないため、ボールも正確に止まらないため、ミスも増える。この悪循環によって、自分たちで試合を難しくしてしまいました。

2つ目は、ピッチコンディションです。この日、清水エスパルス側は川崎フロンターレが攻める側に対して、丹念に水をまいていました。水を撒かれたことで、川崎フロンターレの選手たちは、ボールコントロールに苦しみます。特に、苦しんだのはDFラインの背後に出したパスのコントロールです。

この試合、清水エスパルスはかなりDFラインを高く設定していました。DFラインとGKとの間にはスペースが空いているので、川崎フロンターレとしてはそのスペースを狙いたいところです。ところが、ピッチが濡れているので、足元に出すパスが微妙に伸びるため、ボールを上手く止めることが出来ていませんでした。また、パスが微妙に伸びるため、せっかくよいタイミングでパスを出しても、飛び出してきたGKの守備範囲に転がってしまい、チャンスを逃す場面が、何度もありました。そして、慎重にタイミングを見計らってパスを出そうとすればするほど、オフサイドになってしまうという悪循環に、川崎フロンターレはハマってしまいました。

清水エスパルスのパフォーマンスも素晴らしかったですが、身体とピッチのコンディション。この2つを上手くコントロール出来なかったのが、この試合の敗因だと思います。

今年の「3-4-3」の問題点

正直、今年の川崎フロンターレのサッカーを観ていて、「面白い!」と思った試合がありません。観ている人の予想を上回るような攻撃が、今年はほとんど見られません。もちろん、相手チームの対策が進んでいることもあるのですが、個人的には守備の方法が、攻撃力を損なっている要因の1つではないかと、考えています。

今年は、主に「3-4-3」のフォーメーションを採用しています。「DFを3人にするフォーメーションは、2014年シーズンの終盤2試合で試しました。DFを3人にしたのは、当然攻撃にかける人数を増やすこと、攻撃にかける人数を増やして相手陣内で戦う時間を増やすこと、という理由を考えていたのですが、もしかしたら、浦和レッズやサンフレッチェ広島のように、MFの2人をDFの位置に下げて5人で守れば、守備に強い選手がいなくても、失点を少なく出来るのではないか。それが本当の理由のような気が、最近しております。

ただ、この「DFを5人にすれば守れる」が、川崎フロンターレらしい戦い方が出来なくなっている要因になっている気がします。今年、川崎フロンターレは相手ボールになった時、まずは自陣に撤退し、ポジションを整えてから、ボールを奪いにいく守り方にしています。しかし、この守り方にした事で、相手陣内で戦う時間が減ってしまっているのです。当然、一度撤退するので、ボールを奪う位置も、相手のゴールからは遠い位置になります。ボールを奪ったら、また攻撃をイチからやり直します。川崎フロンターレの攻撃は、1つ1つのプレーの積み重ねで成り立っているので、やり直すのは手間がかかります。したがって、なかなか畳み掛けるように攻める、昨シーズンのような攻撃が出来ていないのだと思います。

また、今年のDFラインを観察していると、DFラインの位置が高くありません。その理由は、DFラインを構成する人材が要因だと思います。昨シーズン、DFを3人にした時、中央は必ず谷口が務めていました。左サイドは小宮山や車屋、右サイドは實藤や武岡が務めていました。共通しているのは、全員スピードが早い選手だということです。スピードが早いので、DFラインを高く設定して、背後にボールを出されてもカバー出来ます。スピードがある選手を起用していたことが、DFを3人にした上で、相手ゴールに近い位置からボールを奪う守備を可能にしていました。

角田を起用するデメリット

ところが、今年は中央を角田が務めています。角田はスピードが早い選手ではありません。したがって、相手の攻撃を受けた時、自分がカバーすることを考えてか、どうしてもDFラインが低くなってしまうのです。DFラインが低いので、FWがボールを奪いにいこうとしても、選手同士の距離が空いているので、動きが連動しないためなかなか奪いにいけず、しかたなく一旦自陣に引き返す。そんな場面が何度も見られました。

角田自身のパフォーマンスが悪いとは思わないのですが、僕は角田をジェシと比較した時、ジェシよりよいパフォーマンスを見せているとは、正直思えないのです。また、ジェシが2014年シーズン終盤に出場機会が減ったのは、怪我だけでなく、DFラインを高く設定した守備が出来なかったことも要因だったと、僕は考えています。現在の「3-4-3」については、攻撃だけをきりとっても問題はあるのですが、攻撃に大きな影響を与えるほど、今の守備の問題は無視できないと、僕は思うのです。

ただ、来週も中3日でナビスコカップ、中2日でリーグ戦という日程が続きます。根本的な問題に手をつけるのは、負傷者が戻ってくる第16節の松本山雅FC戦からだと思います。まずは、来週の2試合をどうしのぐのか。注目したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,