nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「若く、貧乏で、無名」な人々が日本を変えた時代の話。書評「TOKYOオリンピック物語」(野地 秩嘉)

   

新国立競技場の建設費の問題は、建築やスポーツに興味がある人だけでなく、オリンピックに普段興味がない人も巻き込んで、その是非について議論されています。

新国立競技場に関する情報を読んでいて感じたのは、この新国立競技場をどんな目的で、どんな施設にしたかったのか。そして、どんなオリンピックにするために、新国立競技場が必要なのか。コンペで問われ、オリンピック招致の時に問われたことが、おざなりになってしまっているということです。

新国立競技場に関する情報を読みながら、僕は改めて1964年の東京オリンピック当時のことが知りたくなりました。

敗戦からの復興と繁栄を世界に知らしめた日本初のオリンピック、東京オリンピック。この大会のために集められその後の日本のシステムを変革させていった若き精鋭たちの仕事から、東京オリンピックとはどんな大会だったのかをまとめたのが、本書「TOKYOオリンピック物語」です。

本書には希望と夢を胸にいだき、懸命に汗をかく人々の姿が描かれていました。

「若く、貧乏で、無名」な精鋭たち

選手村食堂で一万人の選手の食事作りに命を燃やした帝国ホテルの村上信夫料理長。驚く方法で伝説の五輪ポスターを作り上げたデザイナー亀倉雄策。歴史に残るドキュメンタリー作品を作り上げた映画監督市川崑、リアルタイムの記録システムという当時としては画期的なシステムを作り上げた日本IBMの竹下亨、東京オリンピックの警備を担当した後「セコム」という大企業を築き上げた飯田亮など、当時東京オリンピックに関わった精鋭たちによって、最新の技術・サービスが惜しげもなく導入されました。

本書で紹介されている精鋭たちに共通するのは、「若く、貧乏で、無名」であったということです。毛沢東が「創造的な仕事をする条件」として挙げたこの3つを兼ね備えた人材を、当時の日本は備えていました。そして、戦争によって古い政治や経済のシステムが破壊され、新しい考え方を受け入れやすい状況であったことも、精鋭たちが惜しげもなく腕を振るえた要因だということが、本書を読んでいるとよく分かります。

東京オリンピックに特別な想いを持っていた国民

そして、なにより東京オリンピックというイベントにかける国民の想いが特別だったということが、成功の大きな要因だと思います。本書で紹介されている精鋭たちも、オリンピックの仕事をしたからといって、特別なお金をもらっていたわけではありません。ほとんどのメンバーが手弁当で、辛くてきつい仕事を黙々とこなしたそうです。

東京オリンピックで選手村の案内用に作られたピクトグラムは、世界的にも画期的なものでした。しかし、ピクトグラムをデザインしたチームは、大会終了後にある書面にサインします。それは、「ピクトグラムの著作権を手放す」という書面でした。著作権を保持することでお金を儲けるより、著作権を放棄することで、自分たちが作ったデザインを、より多くの人に活用してもらおう。そんな考えがあったそうです。

帝国ホテルの村上信夫料理長は、東京オリンピック終了後に運搬に使っていた車を、修理に出しました。整備工場に車を持ち込んで、何気なく「オリンピックで使った車なんだ」と語ると、整備工場の親方は感激し、こう語ったそうです。「そうですか。お国のために働いた車なんですね。私はあなたから整備の費用をいただくわけにはまいりません」。

オリンピックが権力争いの場になってはいないか

東京オリンピックに関わった人々は、みな自分たちの仕事を認めてもらおうと必死でした。

亀倉雄策は日本にも優れたアートディレクターがいるのだということを、村上信夫は優れた料理人がいるのだということを、竹下亨は日本でも優れたシステムが構築できるのだということを、それぞれオリンピックに関する仕事を通じて、日本国内外に認めてもらおうと、必死でした。こうした「若く、貧乏で、無名」な人々のエネルギーが、東京オリンピックを成功に導き、その後の急激な復興の原動力になったのだと思います。

では、2020年に行われる東京オリンピックはどうでしょうか。「若く、貧乏で、無名」な人たちは、東京オリンピックに関わっているのでしょうか。「年をとり、裕福で、名を挙げた」人々の権力争いの場になってはいないでしょうか。

2011年に刊行された本書ですが、新国立競技場問題で東京オリンピックについて考える機会が増えた今だからこそ、読むべき1冊だと思います。2020年という未来をどんな未来にしたいのか。改めて考えなおすのに、最適な1冊です。

おすすめ商品

 - , , ,