背の低いストライカーはなぜ少ないのか。

2015/01/10

背の低いストライカーはなぜ少ないのでしょうか。Jリーグでは、川崎フロンターレの大久保嘉人、サンフレッチェ広島の佐藤寿人、柏レイソルのレアンドロ、浦和レッズの興梠慎三など、180cm以下の選手がストライカーにいるチームもありますが、180cm以上の選手が使われることが多いポジションだと思います。

背の低いストライカーが少ない理由

なぜ、背の低いストライカーが少ないのか考えてみました。

1.ヘディングで勝てない

ゴールキックを蹴る時、ロングパスを出した時など、サッカーでは空中にボールがある局面が必ずあります。空中にボールがある時、試合中もっとも競り合う回数が多いのがセンターバックとストライカーです。ヘディングは、背が高い選手の方が有利なプレーなので、ストライカーにも背が高い選手を使うということが考えられます。

2.フィジカルコンタクトで勝てない

センターバックは180cm以上で、体重も80kg近い選手が多く、フィジカルコンタクトに強い選手が務めることが多いポジションです。相手センターバックのフィジカルコンタクトに対向するため、ストライカーも身長が高くて、フィジカルコンタクトの強い選手を使うということが考えられます。

3.背が高いほうがパスが出しやすい

個人的な感想ですが、パスの出し手にとって、背が高い選手の方が見つけやすく、パスが出しやすいというのはあります。背が小さい選手だと、相手の背後に隠れてしまうと姿が見えなくなることがあり、パスを出しにくい時があります。特に、サイドからクロスをあげるとき、背が高い選手の方が見つけやすい気がします。

背が低くても活躍しているストライカーのタイプ

では、背が低くても活躍しているストライカーは、どんなタイプの選手なのでしょうか。

1.DFラインの背後を取るのが上手い

DFラインとGKの間にパスを出してもらって、相手DFとの駆け引きに勝って、オフサイドラインギリギリに飛び出して、ゴールを奪うプレーが得意なプレーヤーです。ウディネーゼで活躍したディ・ナターレがこのタイプ。日本だと岡崎慎司や柿谷曜一朗がこのタイプです。

2.ジャンプ力がある

センターバックにヘディングで勝てるジャンプ力のあるタイプもいます。オーストラリア代表のティム・ケーヒルがこのタイプ。エヴァートンでプレーしていた時、背の高いセンターバックの上から叩きこむヘディングシュートは、迫力がありました。日本人だと、小林悠がこのタイプです。

3.フィジカルコンタクトに強い

相手のセンターバックが強くコンタクトしても、競り負けない強さを持っている選手。アルゼンチン代表のカルロス・テベスや、セルヒオ・アグエロがこのタイプです。センターバックに競り負けず、素早くターンしてセンターバックを外し、ゴールを決めるプレーが上手いのが特徴です。日本人だと、興梠慎三がこのタイプです。

4.ラストパスを合わせるのが上手い

センターバックと駆け引きして、味方からラストパスを引き出し、最後にゴールを決めてしまう選手。こういうプレーヤーは、センターバックを背負うポストプレーは得意ではありませんが、それを補う決定力を持っているプレーヤーです。

日本人だと、佐藤寿人や大黒将志がこのタイプです。2人の流れるようなオフ・ザ・ボールの動きは、ストライカーを目指す人々の参考になる動きです。

5.シュートが上手い

キックが上手くて、ペナルティエリア外からのシュートが上手い選手。アルゼンチン代表のリオネル・メッシがこのタイプです。日本人だと、大久保嘉人や松本山雅の船山貴之がこのタイプです。キックの上手さを活かした、味方へのアシストが多いのも、このタイプのプレーヤーの特徴です。

背の低いストライカーは特別だ

背の低いストライカーを起用するのは、監督にとって勇気が要ります。「ストライカー=背が高い」という考えが根強く、背が小さい選手を使うことに、潜在的に抵抗があることも、背が小さいストライカーが少ない要因のような気がします。佐藤寿人も、大久保嘉人も、代表では際立った活躍が出来ませんでしたし、岡崎慎司がストライカーのポジションで使われるようになったのは、ブラジルワールドカップ以降です。

でも、背の低いストライカーは、こうしたハンディや偏見を乗り越えていくだけの、気持ちの強いプレーヤーが多い気がします。だから、サッカーファンは背の小さい選手が、大柄な選手を手玉に取る姿に、魅了されるのかもしれません。

身長について考える時、いつも思い出すのが、NBAのレジェンド、マジック・ジョンソンのこんな言葉です。

私は背が小さいプレーヤーと一緒にプレーするのが大好きだ。
なぜなら、彼らは背が小さいというハンディを乗りこえている優秀な選手だからだ。
逆に背が高いだけで、優秀でない選手も多い。

関連商品