nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「スーパーフード (Healthy Eating)」-地球が生み落としたナチュラルな未来の食品-

   

近年、「スーパーフード」という食品が注目されています。「スーパーフード」とは、栄養バランスに優れ、一般的な食品より栄養価が高い食品であり、ある一部の栄養・健康成分が突出して多く含まれる食品のことです。一般的な食品とサプリメントの中間にくるような存在で、料理の食材としての用途と健康食品としての用途をあわせもつのも、大きな特徴です。

近年、サプリメントの効能も注目されていますが、サプリメントも玉石混交であり、もっと自然な形で必要な栄養を摂取したい。もっと食事を楽しみたい。そう考える人にとって、「スーパーフード」は最適な食品・食材です。

本書「スーパーフード (Healthy Eating)」は、アメリカローフード界のカリスマ、デイヴィッド・ウォルフが厳選した10個のスーパーフードについて、 レシピ、原産国が生産に至るまでの歴史的背景、含有している栄養素がなぜ健康に繋がるのかなど、 膨大な論文を引用して分かりやすく解説している1冊です。

スーパーフードが注目される3つの理由

なぜ、近年スーパーフードが注目されるようになったのは、なぜか。それは3つの理由があります。

1つ目は、ある地域の迷信だと言われていた効能がある食物や食事療法が、科学的に解明され、まだまだ不明な点もあるとはいえ、その効果が実証されるようになったことです。

2つ目は、インターネットと物流の発展によって、誰もが手にできるようになったことです。南米にしかない「キヌア」とその効能は、つい20年前まで南米の山岳部で迷信のように伝わっていた伝説的な植物でしたが、現代では最新流通網にんって、世界中の誰もが南米にしかないキヌアの恩恵にあやかれるようになったのです。

そして、3つ目は、現代の食事に対する不信感です。精製された砂糖、小麦といった原料、そして便利だが栄養的に疑問を持たれていたファーストフードに対して、科学的に悪影響が解明されるにつれて、少しづつ食生活を見直す人が増えてきました。そうした食生活の見直しを考えている人たちが飛びついたのが、スーパーフードなのです。

健康意識の向上にもつながる「スーパーフード」

本書には、クコの実、カカオ、マカ、はちみつ(マヌカハニー)、スピルヒナなど、少量で多量の栄養が得られる食品「スーパーフード」の効用、利用方法、レシピなどが収められています。

スーパーフードを「身体に良いから食べる」だけではなく、それぞれの食材に対して深い知識を身に着けたうえで食事にとりこむことで、健康意識の向上にもつながるはずです。

本自体のページ数は多いですが、本書のことはスーパーフードに関する図鑑や参考書と考えて、自分にはどんなスーパーフードがよいのか、スーパーフードについて詳しく知りたい人に、最適な1冊です。

おすすめ商品

 - , , ,