nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「鈴木さんにも分かるネットの未来」(川上量生)-ネットの未来はこの本を読まなきゃ分からない-

   

鈴木さんにも分かるネットの未来

スタジオジブリは、毎月10日に「熱風」という無料の小冊子を発行しているのですが、2012年11月からネット業界で仕事をしている人にとって、興味深い連載が密かに掲載されていました。ドワンゴの会長であり、またスタジオジブリのプロデューサー見習いでもある川上量生さんの連載で、その名も「鈴木さんにもわかるネットの未来」です。

本になるといいなぁと思っていたのですが、当時は「熱風」というあまり人が読まれない小冊子での連載だったので、多くの人に読んでもらいたいと思って、コツコツとまとめ記事を作っていました。しかし、こんなによい連載を放っておく出版社はないのでしょう。予想通り書籍となって出版されました。

「ウェブ進化論」以降のネットについて書かれた書籍

タイトルに書かれている「鈴木さん」とは、スタジオジブリのプロデューサーの鈴木敏夫さんの事です。ネットの世界に詳しくない鈴木敏夫さん向けの連載ということで、この記事ではネット業界の現状がとてもわかり易く解説されています。

僕は、連載当時からこの本は梅田望夫さんが7年前に書いて話題になった「ウェブ進化論」の続きが書かれている本だと、言い続けてきました。「ウェブ進化論」では、Googleが考えるネットの未来の素晴らしさや、今後起こりうる変化が書かれています。本書では、「ウェブ進化論」で書かれていたことの続きや、ウェブが進化したことで起こった問題についても書かれているのです。

(目次)
1.ネット住民とはなにか
2.ネット世論とはなにか
3.コンテンツは無料になるのか
4.コンテンツとプラットフォーム
5.コンテンツのプラットフォーム化
6.オープンからクローズドへ
7.インターネットの中の国境
8.グローバルプラットフォームと国家
9.機械が棲むネット
10.電子書籍の未来
11.テレビの未来
12.機械知性と集合知
13.ネットが生み出すコンテンツ
14.インターネットが生み出す貨幣
15.リアルとネット

定額配信サービスに関する川上さんの視点

個人的には、「Apple Music」「Google Play」「Sportify」「Line Music」「AWA」といった、音楽配信サービスが乱立している中、定額配信サービスに関する川上さんの指摘が、今あらためて読みなおすと興味深い指摘が書かれています。

ぼくはこのような定額サービスは過度的なもので、限界があると思っています。理由はシンプルで、すべてのコンテンツの制作費を賄うほど収入を分配することが難しいだろうからです。もし、できるだけ多くのコンテンツの制作費を賄えるように収入を分配すると、今度は一番人気のある作品が定額サービスに加わることが損になります。人気のあるサービスは、利益を自分たちで得ようとおそらくは独自のプラットフォームをつくるほうへシフトするでしょう。
(中略)
長期的にはこういう定額使い放題モデルはその売上を利用して、自分たち自身で差別化できるコンテンツをお金を払ってつくりだすようになっていくというのが、ぼくの予想です。

実際、アメリカではNetflixがこの方向へ進んでいて、ネットで大ヒット作品が生まれています。また、日本だとNewsPicksがオリジナルコンテンツと他メディアのコンテンツを組み合わせ、独自の課金システムを作り上げています。僕も川上さんの意見に賛成ですし、テイラー・スウィフトがApple Musicと争った件は、川上さんが語っていたとおりに現実が進んでいることを、実感させてくれた出来事でした。

リアルとネットは融合する

これからネットで起こることとして理解しておかなければならないのは、ネットとリアルの世界の垣根は、ますますなくなっていくということです。その理由については、本書では以下のように書かれています。

これまではリアルとネットは別の世界であると考えたほうが、ビジネスにとってもネット原住民(文字通りネットに「住む」かのように、ネットでのコミュニケーションを主としている人たちのこと)にとっても都合がよかったのでしょう。しかし。ビジネスの面からも、単純なリアルの鏡像としてのネットのビジネスモデルという概念が使い古されてきて、よりリアルとネットを組み合わせた概念でないと、世の中を説得出来ない時代になってきました。
また、ネットユーザーの主流も、ネット原住民から(ネットも生まれたときからあるのがあたりまえの)デジタル・ネイティブたちへ移行しつつあります。ネットとリアルの融合が叫ばれるようになるのは必然と言えます。

ネットで起こる未来。それを、コンテンツの視点、ユーザーの視点、プラットフォームの視点、ビジネスの視点。それぞれの視点で書かれた本は、数多く存在します。しかし、これらを1冊にまとめた本は、ありません。そこに、本書の価値があると僕は思っています。本書には、現在の問題と起こりうる未来が、分かりやすく説明されています。読んで損はない1冊です。ネットに係る仕事をしている人なら、なおさらです。

おすすめ商品

 - , , ,